『ホグワーツ・レガシー』全プレイヤーの総プレイ時間は4億600万時間を突破。倒された闇の魔法使いは22億5000万人、ファストトラベルの使用回数は約14億6000万回に

 『ホグワーツ・レガシー』の公式Twitterアカウントは3月11日(土)、同作の統計データを公開した。こちらによれば、同日時点で『ホグワーツ・レガシー』全プレイヤーの総プレイ時間は4億600万時間に達するとのことである。

 『ホグワーツ・レガシー』は、日本では2月10日(金)にPS5、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)版が発売を迎えたオープンワールド型アクションRPG。小説『ハリー・ポッター』シリーズの世界を舞台とし、プレイヤーは“1800年代のホグワーツ魔法魔術学校”に通う生徒のひとりとして魔法界をめぐる冒険を繰り広げていく。

 原作の人気もあいまって発売前から数々の話題を巻き起こしてきたが、2月27日(月)時点で全世界での販売本数は1200万本を突破。同日には総プレイ時間が約2億8000万時間を突破したことも明らかにされており、今回の情報と比較すると、約2週間足らずで1億2000万時間ほどプレイされた計算となる。

 こちらのツイートでは総プレイ時間のほかにもさまざまな情報が公開されており、栽培された魔法植物は6億7400万本、作成された魔法薬は4億500万本、そして倒された闇の魔法使いは22億5000万人にものぼることが明らかにされている。

 また本作の開発元であるAvalanche Softwareのコミュニティマネージャーを務めるChandler Wood氏はこの投稿に関連付け、ファストトラベルが14億6034万回2673回使用されたことをツイートしている。いずれも、本作が非常に多くのプレイヤーに楽しまれていることをうかがわせる内容と言えるだろう。

 『ホグワーツ・レガシー』はPS5、Xbox Series X|S、PC(Steam、Epic Games Store)向けに現在販売中。PS4、Xbox One版は5月5日(金)、Nintendo Switch版は7月25日(火)の発売を予定している。本作に関する最新情報については、公式Twitterアカウントなどを参照されたい。

ライター
1998年生まれ。静岡大学情報学部にてプログラマーの道を志すも、FPSゲーム「Overwatch」に熱中するあまり中途退学。少年期に「アーマード・コア」「ドラッグ オン ドラグーン」などから受けた刺激を忘れられず、プログラミング言語から日本語にシフト。自分の言葉で真実の愛を語るべく奮闘中。「おもしろき こともなき世を おもしろく」するコンピューターゲームの力を信じている。道端のスズメに恋をする乙女。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年3月27日08時~2023年3月27日09時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ