いま読まれている記事

主人公はダンゴムシの転がりアクションRPG『Isopod: A Webbed Spin-off』のSteamストアページが公開。SNSでは、「虫は嫌いだけどこのゲームは好き」「ダンゴムシ好きとスピード狂の両方が満足できる」と好意的なコメントが寄せられる

article-thumbnail-231109m

11月9日、インディーゲーム開発スタジオのSbug Gamesよりダンゴムシを操るアクションRPG『Isopod: A Webbed Spin-off』のSteamストアページが公開された。

本作は、小柄な蜘蛛が主人公の横スクロールアクションゲーム『Webbed』のスピンオフとして製作された。今回の主人公は見てのとおり、ダンゴムシ。

プレイヤーはオーストラリアに棲息するダンゴムシとなり、虫たちを火炎放射器で焼き尽くす「Fire Ant Conglomerate」に立ち向かうべく仲間のテントウムシや蜘蛛と結託する。

公開されたトレーラーでは、ダンゴムシが行えるアクションは“転がる”、“跳ね回る”、“枯れ葉を食べる”、“磁石でワイヤーアクション”など、ダンゴムシらしい動作に加えてアクションゲームならではの爽快感溢れる要素が確認できた。

とはいえ、あくまでダンゴムシ。水中に沈んだら、なすすべなく魚に捕食されそうになったり、炎で焼き尽くされたらさすがにひとたまりもないので、得意の転がりアクションで華麗に危機を回避しよう。

余談だが、公式Xアカウントの投稿には、「虫は嫌いだけどこのゲームは好き」「プレイするのが待ちきれない」「ダンゴムシ好きとスピード狂の両方が満足できる」と、本作に対する好意的なコメントが多数寄せられた。

球体モードでフィールドを縦横無尽に奔走する姿は、どこか『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』を彷彿とさせる『Isopod: A Webbed Spin-off』はSteamストアページにて公開中。発売日は未定となっている。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月19日15時~2024年5月19日16時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ