いま読まれている記事

協力型ホラーボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のクラウドファンディングが12月12日から開始。ほかのプレイヤーと協力してカルト信者の儀式を阻止し「古のもの」を打倒せよ

article-thumbnail-231129t

CMONJAPAN合同会社は「クトゥルフ神話」をモチーフとしたボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKickstarterクラウドファンディングキャンペーンを12月12日から12月29日までの期間で開催する。

『クトゥルフ~死もまた死すべし~』は、2018年に第1シーズンのキックスターターキャンペーンが行われ、3.6億円の調達を達成した協力型の人気ボードゲームだ。

「クトゥルフ神話」ミニチュアボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKickstarterクラウド_001
(画像はアークライト『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 完全日本語版』より)

本作のシリーズではプレイヤーは「探索者」となり、他のプレイヤーと協力しながらカルト信者の儀式を阻止し、現れた「古のもの」を倒すことが最終目的となる。精巧で美しいミニチュアにより雰囲気たっぷりにゲームを楽しむことができるほか、協力ゲームとしても優れた評価を得ており、アメリカのボードゲーム評価サイト「ボードゲームギーク(BGG)」でも執筆時点で10点満点中8.2点という高い評価を誇っている。

「クトゥルフ神話」ミニチュアボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKickstarterクラウド_002
(画像はアークライト『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 完全日本語版』より)

今回のキャンペーンで登場する『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』は、同作の第3シーズンと第4シーズンを元としており、基本となるセットを所持していない場合でもこれ単体で遊ぶことができる独立型拡張セットだ。

過去に行われた英語版のキャンペーンでは、第1シーズンを超えた2万人以上のバッカーを獲得しており、ルールもさらに洗練されたものになったという。

「クトゥルフ神話」ミニチュアボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKickstarterクラウド_003

本作にはシナリオが収録されている「エピソードボックス」と、ラスボスとその眷属が収録されている「古のものボックス」に新たなラインナップが加わるほか、追加ルールとして「未知の怪物ボード」と「遺物カード」を収録する。

「未知の怪物ボード」はあらたな怪物を追加し難易度を上げ、「異物カード」はクトゥルフ神話に登場する強力なアーティファクトを使用することでゲームを有利に進めることができるとのこと。それぞれを使うことで難易度を調整すれば、これまで以上にエキサイティングなゲームを楽しめそうだ。

またキャンペーン期間中には、本キャンペーンでしか手に入らない追加のアイテムも多数用意されるとしている。詳細については、12月12日以降のキャンペーン期間中にKickstarterの本キャンペーンページを参照されたい。

「クトゥルフ神話」ミニチュアボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKickstarterクラウド_004

『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKIckstarterクラウンドファンディングキャンペーンは、12月12日から12月29日までの期間で開催予定だ。

プレスリリースの全文は以下のとおり。


『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版クラウドファンディングのお知らせ

『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版

『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』がついに日本上陸!

CMONJAPAN合同会社(本社:東京都)はKickstarter(https://www.kickstarter.com/)を利用し、CMON(本社:シンガポール)のボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』を日本語にローカライズし多数の特典を付けたクラウドファンディングキャンペーンを行ないます。
キャンペーンは12月に開始され、以下のURLから事前登録ができます:
https://www.kickstarter.com/projects/cmonjapan/dmd-fear-of-the-unknown-jp

「クトゥルフ神話」ミニチュアボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKickstarterクラウド_005

【商品詳細】

邦題:クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖
原題:Cthulhu: Death May Die – Fear of the Unknown
オリジナル版メーカー:CMON
ゲームデザイナー:Rob Daviau, Eric M. Lang
プレイヤー数:1~5人
プレイ時間:90分
対象年齢:14歳以上

キャンペーン開始日(予定):2023/12/12

【内容物】(基本セットのみ)

• ミニチュア44体
 - 探索者10体
 - カルト信者10体(3種類)
 - 怪物22体
 - 古のもの2体
• 探索者用カラーベース5個
• 探索者カード10枚
• 触手トークン30枚
• トークン類53個
• エピソードボックス6個
• 古のものボックス2個
• ルールブック1冊

「クトゥルフ神話」ミニチュアボードゲーム『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』日本語版のKickstarterクラウド_006

【内容】

ボードゲーム『クトゥルフ~死もまた死すべし~』第1シーズンは2018年キックスターターキャンペーンで3.6億円を達成し、アメリカのボードゲーム評価サイト「ボードゲームギーク(BGG)」でも高い評価を得ている人気作品です。
プレイヤーは「探索者」となって、カルト信者の儀式を阻止し、現れた「古のもの」を倒すことが最終目的です。
精巧で美しいミニチュアに加えて、協力ゲームとしても優れていると評価されており、非常にスリリングなゲーム展開が楽しめます。
また、シナリオが収録されている「エピソードボックス」と、ラスボスとその眷属が収録されている「古のものボックス」を自由に組み合わせて遊べますので、様々なバリエーションでのプレイ感が味わえます。

本キャンペーンの『クトゥルフ ~死もまた死すべし~ 未知の恐怖』は第3シーズンと第4シーズンを元としており、単独で遊べる拡張です。
英語版のキャンペーンでは第1シーズンを超えた2万人以上のバッカーが集まりました。
ルールは更に洗練され、また追加ルールとして「未知の怪物ボード」と「遺物カード」が収録されています。「未知の怪物ボード」で怪物を追加して難易度を高く調整できる一方、クトゥルフ神話に登場する強力なアーティファクトである「異物カード」をプレイヤーが使用することで、難易度を低く調整できます。
もちろん新しい「エピソードボックス」と「古のものボックス」も含まれており、このキャンペーンの期間(12月12日から12月29日まで)にしか手に入らないものも多数用意されています。

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月22日18時~2024年5月22日19時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ