いま読まれている記事

『ときめきメモリアル』30周年に向けた公式Xアカウントの背景にて、伝説の樹の下で待つヒロインの数が増えていると話題に。八方美人な主人公の修羅場を危惧する声も

article-thumbnail-231228n

コナミの恋愛シミュレーションゲーム『ときめきメモリアル』の30周年に向けて開設された公式Xアカウントの背景画像にて、伝説の木の下で主人公を待つヒロインの数が増えていることが話題となっている。

『ときめきメモリアル』公式Xアカウントの背景で伝説の樹の下で待つヒロインの数が増えていると話題に_001

『ときめきメモリアル』は、1994年5月27日にコナミがPCエンジンSUPER CD-ROM向けに発売した恋愛シミュレーションゲームだ。のちにスーパーファミコンなどにも移植され、本作の大ヒットは恋愛シミュレーションゲームというジャンルを一般化するきっかけとなった。

話題となっている背景画像は、『ときめきメモリアル』で発生する告白イベントのワンシーンを映したもの。主人公が通うときめき高校では、「卒業式の日に伝説の樹の下で女の子から告白して生まれたカップルは永遠に幸せになれる」という伝説があり、ゲーム内でヒロインの攻略に成功した場合、主人公は卒業式の日にこの伝説の樹の下へ呼び出されハッピーエンドを迎えることになる。

『ときめきメモリアル』公式Xアカウントの背景で伝説の樹の下で待つヒロインの数が増えていると話題に_002
(画像は『ときめきメモリアル』公式アカウントより)

しかし実際のゲームと違い、今回の公式Xアカウントの背景では伝説の樹の下で主人公を待つヒロインが一人だけではなくなっており、メインヒロインの藤崎詩織のシルエットに加えて、その後ろからも複数のヒロインが続々と登場。これを見たファンからは「修羅場になるのか?」といった困惑の声が上がっている。

ちなみに『ときめきメモリアル』には攻略可能なヒロインが13人ほどおり、おそらくその数は今後も増えていくものと予想される。

『ときめきメモリアル』公式Xアカウントでは、同作の30周年に向けて描き下ろし画像や当時の振り返り映像などを発信中だ。2024年5月27日には30周年を迎える予定となっており、今回の背景画像も含めてどのような展開となっていくのか引き続き注目していきたい。

ライター
85年生まれ。『勇者のくせになまいきだ。』シリーズの代表的プレイヤーとして名を馳せたツルハシの化身。 10代の頃、メックシューターゲーム『ファントムクラッシュ』とその続編『S.L.A.I.』の世界にハマり、 ディスプレイ越しに見た2071年に帰るべく日々を生きる。TCGとボードゲームも好物。
Twitter:@Dump29

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日05時~2024年5月29日06時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ