いま読まれている記事

プレイヤーが猫になり町の夜回りを楽しむTRPG『夜のあしあと』発売。『シノビガミ』河嶋陶一朗氏による新作で、異世界からの来訪者に遭遇することも。オンラインセッション用素材&ココフォリア用ルームデータも公開

article-thumbnail-240119x

1月19日、“猫”になって不思議な夜回りをする楽しむTRPG『夜のあしあと』が発売された。価格は、1980円(税込み)となっており、オンラインセッションに向けた素材が無料でダウンロードできるよう公開されている。

本作は、『忍術バトルRPG シノビガミ』を手がけた河嶋陶一朗氏の新作だ。

公式サイトによると、本作はプレイヤーが猫となって一晩の冒険を楽しむことを目的としたテーブルトークRPGだ。プレイヤーはゲームの進行・司会役となるゲームマスターが一人、実際に猫として冒険するプレイヤーは2人~4人参加できる。1度のセッションで、約2~3時間かかると紹介されている。

一言に猫と言っても、多様な生き方がある。プレイヤーは自身の「キャットシート(通常であればキャラシート)」に、自分がどのような猫になるのか書き記して冒険に出ることになる。公式サイトでは、人の力を借りずに生きる野良猫、人間にお世話をさせている飼い猫、本当は猫ではないが、夜の魔法で猫になってしまった迷い猫の三種類の生き方がサポートされているという。

プレイヤーは夜の世界を探索しているうちに、異世界からの来訪者“ヨナ”に遭遇する。ヨナは町を我が物顔で歩き回っており、夜の時だけ魔法が使える猫たち(プレイヤー)が、飼い主やなわばりを守るために仲間と協力してヨナに戦いを挑む。

プレイヤーが“猫”になって町の夜回りを楽しむTRPG『夜のあしあと』発売_004
(画像は公式のサポートページより)

本作のセッションは以下のように進む。

事件にかかわるきっかけが描かれる「導入フェイズ」

事件の調査や他の猫との交流が楽しめる「夜回りフェイズ」

シナリオ上、重要なイベントが発生する「イベントフェイズ」

誰かを救助したり、敵を追い払う「戦闘フェイズ」

事件の結末が語られる「結末フェイズ」

プレイヤーが“猫”になって町の夜回りを楽しむTRPG『夜のあしあと』発売_005
(画像は公式のサポートページより)

さらに、猫たち(プレイヤー)には最大3つの“気持ち”を保有できる。はらへり、ねむい、好奇心など種類はさまざまで、気持ちによって取れる行動が変わるようだ。また、本作にはニャラティブ(禁句)というルールがしかれている。

猫は「ごはん」、「おやつ」など頻繁に携わって覚えている言葉以外を喋ってはいけない“禁句”が存在する。この禁句は、言葉を猫らしく言い換えてほかのプレイヤーに説明することが可能なようだ。

『夜のあしあと』は1月19日より発売中。価格は、1980円(税込み)となっている。本作が気になった方は、ぜひ公式サイトをチェックしてみてほしい。また、オンラインセッション用の素材も公開されており、ココフォリア用のルームデータも配信されている。

ライター
MOTHER2でひらがなを覚えてゲームと共に育つ。 国内外問わず、キャラメイクしたりシナリオが分岐するTRPGのようなゲームが好き。 Divinity: Original Sin 2の有志翻訳に参加。 ゴーストオブツシマの舞台となった対馬のガイドもしている。 Xアカウント(旧Twitter)@Tsushimahiro23

この記事に関するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月29日20時~2024年5月29日21時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ