いま読まれている記事

ドラマ『三体』が「U-NEXT」にて配信開始。アジア圏の作品として初のヒューゴー賞長篇部門を授賞するなど高く評価された作品の中国ドラマ版。謎の科学者の不審死をきっかけに壮大な物語が描かれる

article-thumbnail-2402052d

劉慈欣(リウ・ツーシン)の小説『三体』を原作としたドラマ『三体』が、U-NEXTで配信が開始されている。

※原作小説の翻訳者である大森望氏のポスト。

『三体』は、中国の劉慈欣(リウ・ツーシン)氏のSF小説を原作にしたドラマ。全30話。原作小説はNetflixによるドラマが3月21日に配信が予定されているが、本ドラマはいわゆる「中国版」となり、霊河影視制作(上海)有限公司が制作している。原作から一部変わっているものの忠実なドラマ版となっている。

舞台は2007年、北京オリンピック開催間近の中国。ナノ素材(マテリアル)の研究者・汪淼(ワン・ミャオ)は突然訪ねてきた警官・史強(シー・チアン)によって、謎の正体会議への参加を要請される。そこでは世界各地で相次ぐ科学者の自殺を問題視していた。汪淼はさらに、一連の自殺の陰に潜む学術組織「科学境界(フロンティア)」への潜入を依頼されるのだった。

原作はアジア圏の作品として初のヒューゴー賞長篇部門を授賞するなど高く評価された作品。本ドラマは、WOWOW、WOWOWオンデマンドにて配信されていたが、今回はU-NEXTにも配信が開始された形だ。

今回を機会にドラマ版『三体』を視聴してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

この記事に関するタグ

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月23日11時~2024年5月23日12時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ