いま読まれている記事

少女がクリーチャーとゴリゴリに戦う2.5Dホラーゲーム『Withering Rooms』4月2日に正式リリース決定。『クロックタワー』風かと思えば、ナイフや銃、呪文で戦闘

article-thumbnail-240219i

Moonless Formlessは2月19日、主人公の少女がバシバシ戦う2.5Dのホラーゲーム『Withering Rooms』Steam版を4月2日に正式リリースすると発表した。

Steam版は早期アクセス版として1500円で発売されている。海外向けにPS5版、Xbox Series X|S版も正式版にあわせて発売される予定だ。Steamでの発表によると、正式版は日本語に対応する。

『Withering Rooms』は精神病院である「モスティン邸」で見た夢の世界を舞台に、主人公の少女として探索と戦闘を行う2DのホラーアクションRPGだ。ゴシックな雰囲気でサイドビューのホラーゲームであることから『クロック・タワー』ライクな作品に見えるものの、逃走のみならずゴリゴリに戦闘を楽しめる作品となっている。

ゲームプレイは「モスティン邸」を探索しながら登場するクリーチャーや幽霊と戦い進行していくが、1度死んでしまうと多くのアイテムなどをロストし「モスティン邸」の内部のレイアウトも変化する。つまり、ローグライク要素を取り入れたアクションと探索も楽しめるだろう。

なお、作中には永久的に強化できるステータスが存在するほか、死んでも失わないアイテムも登場。ストアページによると、主人公をサポートするNPCやクラフト要素も存在するという。

戦闘においては近接武器や銃などの遠距離武器、そして呪文による罠や分身の作成も行える。これらの要素から、何度も死にながら探索を行う中で、物資を蓄えて能力を強化していくことがゲームの指針になりそうだ。

なお本作のSteamストアページを参照すると98件のレビューを獲得しており、そのうち97%が好評とする「非常に好評」のステータスを獲得。コアな人気を博す作品となっている。

日本語にも対応するため、興味がある読者は4月2日の発売を待とう。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年5月19日16時~2024年5月19日17時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ