いま読まれている記事

クトゥルフ×瀬戸内海アドベンチャー『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』Steamストアページが公開。ダイスロールや能力値でシナリオが分岐する、TRPG要素を含むビジュアルノベル

article-thumbnail-240220q

Gotcha Gotcha Gamesによる新作ビジュアルノベルゲーム『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』のSteamストアページが公開された。2月20日(火)現在、アナウンスされているリリース予定日は2024年内となっている。

新作クトゥルフビジュアルノベル『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』リリース予定_001
(画像はSteam『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』ストアページより)

本作では、H.P.ラヴクラフトの著作を元にしたクトゥルフ神話がベースとなる世界観が描かれる。日本の瀬戸内海にある島を舞台とし、主人公が島に封じられた「邪神」の復活を阻止しようとするというストーリーが語られるとのことだ。

くわえて、ストアページの概要欄からは「八十八箇所巡礼」や「空海」といった仏教ないし真言宗にまつわるキーワードの記載が見て取れる。それらのモチーフがクトゥルフ神話的な世界観にどのように関係していくのか、気になるユーザーはリリースに期待しよう。舞台となる瀬戸内海のロケーションにも注目だ。

新作クトゥルフビジュアルノベル『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』リリース予定_002
(画像はSteam『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』ストアページより)
新作クトゥルフビジュアルノベル『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』リリース予定_003
(画像はSteam『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』ストアページより)

また、シナリオを読み進めるノベルゲーム要素のほか、ゲーム開始時に主人公の能力値を設定したり、イベントや選択肢を選ぶ際にはダイスロールで結果の可否が判定されるなど、TRPGを元にしたシステムが採用されている。攻略には戦略だけでなく運やステータスの割り振りといった要素が必要となるだろう。アドリブ性や偶然が盛り込まれるゲームデザインとなっているため、さまざまな楽しみ方が可能であるといえる。

プレイヤーが選んだ選択肢や行動の結果によってストーリーは大きく分岐する。TRPGをプレイしているような感覚で、バリエーション豊かな物語の展開を見届けてみよう。

新作クトゥルフビジュアルノベル『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』リリース予定_004
(画像はSteam『Cthulhu Mythos ADV 呪禍に沈む島』ストアページより)

なお、Gotcha Gotcha Gamesは2022年に同ジャンル作品『Cthulhu Mythos ADV 闇に囁く狂気』をリリースしている。こちらもキャラメイクやダイスロールといったTRPG風のシステムを含むビジュアルノベルとなっており、ストーリーはクトゥルフ神話を題材としている。『闇に囁く狂気』は2月20日(火)現在Steamストアページで「やや好評」のステータスを獲得している。本作が気になったユーザーは、事前にこちらをプレイしてみるといいだろう。価格は1200円となっている。

ほか、Gotcha Gotcha Gamesはゲーム制作ツール『ツクール』シリーズなどを多数展開している。こちらもあわせてチェックしてみよう。

ライター
かわいいゲームとこちらの価値観を揺さぶってくるようなゲームをたくさんプレイしたい。『シルバー事件』と『ナイト・イン・ザ・ウッズ』から多大な影響を受けたことにより、現在小説家としても活動中。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月15日05時~2024年6月15日06時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧