いま読まれている記事

『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』の巨大模型を鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中。館内では実際に乗り込めるゼロ戦の巨大モデルも

article-thumbnail-240226a

仮想現実(VR)向けのコンテンツ事業を展開するホビージャパン VR部は、『トランスフォーマー』『ゼノギアス』『フロントミッション』などのフィギュアやプラキットを独自のスケール感で鑑賞できるバーチャル博物館「ホビースフィア」を2月22日(木)から公開している。

本施設はVRChat社によるソーシャルVRプラットフォーム『VRChat』向けのワールドとして公開されており、無料で入場可能。なお、『VRChat』は対応するVRヘッドセットのほか、PC(Steam)、Android(ベータ版)にも配信されており、VRヘッドセットがなくともプレイ可能だ。

『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』『フロントミッション』の巨大模型も鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中_001
(画像はVRChat「ホビースフィア – Hobby Sphere -」より)

「ホビースフィア」は、2023年秋にVRChat社とのパートナーシップ契約を結んだホビージャパンが新たにオープンしたバーチャル博物館である。館内では各製品が実際のサイズを再現する形で陳列されており、一部の製品は手に取って実物と同じギミックを体験できる。

また、バーチャルならではの展示も存在。ホビージャパンの自社展示コーナーでは、いわゆる“ゼロ戦”を再現した巨大ダイキャストモデルへ実際に乗り込み、忠実に再現されたコックピット内部の鑑賞や記念撮影を楽しめる。

『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』『フロントミッション』の巨大模型も鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中_002
(画像はVRChat「ホビースフィア – Hobby Sphere -」より)
『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』『フロントミッション』の巨大模型も鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中_003
巨大なゼロ戦に乗り込んでの記念撮影。近くに置かれた実物大の製品とのスケール感の違いがよくわかる
(画像はVRChat「ホビースフィア – Hobby Sphere -」より)

さらに、本施設ではタカラトミーが販売する『トランスフォーマー』やスクウェア・エニックスによる『ゼノギアス』および『フロントミッション』の製品コーナーも存在する。

両コーナーではフォトグラメトリ【※】で生成された各製品を実物大と巨大スケールの両方で鑑賞できるほか、スクウェア・エニックスのコーナーでは『フロントミッション』のジオラマのなかに入り込んでの撮影も可能だ。

【※】フォトグラメトリ:複数のアングルで撮影した写真から3Dモデルを作る技法

『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』『フロントミッション』の巨大模型も鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中_004
(画像はVRChat「ホビースフィア – Hobby Sphere -」より)
『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』『フロントミッション』の巨大模型も鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中_005
(画像はVRChat「ホビースフィア – Hobby Sphere -」より)
『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』『フロントミッション』の巨大模型も鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中_006
(画像はVRChat「ホビースフィア – Hobby Sphere -」より)
『トランスフォーマー』や『ゼノギアス』『フロントミッション』の巨大模型も鑑賞できるホビージャパンのバーチャル博物館が公開中_007
(画像はVRChat「ホビースフィア – Hobby Sphere -」より)

上記のほか、館内のロビーにはコミュニティの集いで活用できるスペースやちょっとしたフォトスポットも用意されている。

開設にあたってホビージャパンVR部は、今後も新たな展示の追加を予定しているという。各種コンテンツの最新情報は公式Xアカウント(@HobbyJAPAN_VR)から発信されていくため、興味があればチェックしておくとよいだろう。

© TOMY © TOMY. © 2023 Paramount Pictures Corporation. All Rights Reserved. TM & ® denote Japan Trademarks. ⓒSQUARE ENIX ⓒHOBBY JAPAN

ライター
2019年11月に電ファミへ加入。小学生の時に『ラグナロクオンライン』に出会ったことがきっかけでオンラインゲームにのめり込む。コミュニケーション手段としてのゲームを追い続けている。好きなゲームは『アクトレイザー』『モンスターファームアドバンス2』『新・世界樹の迷宮2』など。
Twitter:@fuyunoyozakura

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月17日07時~2024年4月17日08時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ