いま読まれている記事

最大4人でバズる恐怖映像を撮影するホラーゲーム『Content Warning』発売、1日だけ無料配信へ。恐ろしい映像を撮影し、広告収入で装備を強化

article-thumbnail-240402g

Landfall Publishingは4月2日、動画投稿サイトで有名になるべく恐怖に挑むホラーゲーム『Content Warning』を発売開始した。

本作の対応プラットフォームはPC(Steam)で。日本時間で4月3日の午前1時まで無料で配信される。その後は920円で販売される予定だ。

『Content Warning』はふたりから4人でのオンライン協力プレイが可能なホラーゲームだ。プレイヤーは架空の動画投稿サイト・SpookTubeで有名になるべく、ダイビングスーツを着て「Old World」と呼ばれる世界に挑み、バズる映像を撮影していくこととなる。

いっぽう、「Old World」には物理演算を使用した恐ろしいモンスターや呪われた「relic」といったアーティファクトが登場し、プレイヤーの行く手を阻む。

さらに、各プレイヤーが着用するダイビングスーツには酸素の貯蔵量が決まっており、カメラのバッテリーも徐々に減少する。リソースを管理しながら身を守り、バズる動画を撮影する必要がありそうだ。

動画は恐ろしいものを撮影するほど拡散され、拡散されれば広告収入が手に入る。広告収入で得た資金を使うことで、機材をアップグレードしたり、回復アイテムを手に入れたりと装備を強化することができるという。

『Content Warning』発売。4人協力バズ動画ホラーゲー_005
(画像はSteam:Content Warningより)

Steamストアページでは執筆時点で4042件のレビュー中97%が好評とする「圧倒的に好評」のステータスを早くも獲得。Steamの情報を集計する外部サイト・Steam DBによると記事執筆時点で同時接続者数は8万5300人を突破し、発売から最大同時接続者数を更新し続けている。

発売後の盛り上がりからは、新たな人気ゲームになる可能性を十分に感じられるだろう。興味がある読者は、ぜひお得に本作をプレイしてみてはいかがだろうか。

ライター
ゲームアートやインディーゲームの関心を経て、ニュースを中心にライターをしています。こっそり音楽も作っています。

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年4月18日18時~2024年4月18日19時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ