いま読まれている記事

“疲れた人用”の3DダンジョンRPG『Dragon Ruins』が最新アプデで「日本語」に対応。「オートバトル」でサクサク進み、3DダンジョンRPGの楽しさを凝縮したシステムが搭載

article-thumbnail-2405212f

Graverobber Foundationは、3DダンジョンRPG『Dragon Ruins』が5月21日の最新アップデートで日本語に対応したと発表した。

対象プラットフォームはPC(Steam)。価格は税込580円。

『Dragon Ruins』は、四人の冒険者を集め、ダンジョンに潜り、戦うか逃げるかなどを判断しながら、古龍の遺跡で遺跡で生き残るために強くなっていく”疲れた人用”の3DダンジョンRPG。

イシグェーアの首都、ファセレイで古代遺跡が発見された。古龍を倒すため、女王は勇敢な冒険者たちを招集するのであった。

(画像はSteamより)
(画像はSteamより)
(画像はSteamより)
(画像はSteamより)

本作の最大の特徴はオートバトルが採用されていることで、敵と遭遇するだけで戦闘が自動的に進む。また装備やスキルなどの概念も簡略化されているため、3Dダンジョンの探索する楽しさはしっかりとそのままに、RPGのエッセンスが凝縮されたものとなっている。

今回は本作が日本語に対応したことと、あわせてプレイステーション版を今年後半に発売することを明かしている。また今後、続編の可能性もあるという。

3DダンジョンRPG『Dragon Ruins』はSteamで発売中なので気になった人は購入を検討してみてはいかがだろうか。

ライター
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年6月22日21時~2024年6月22日22時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

ランキング

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ

インタビュー

インタビューの記事一覧