平均年齢67歳のプロゲーマーチームの挑戦。スウェーデン発のシニアeスポーツ選手たちが反射神経必須のFPSで世界の頂点を目指す

 じいちゃん、ばあちゃんたちが真剣な顔でマウスを握りしめているこの画像を見ていただきたい。

(画像はLenovo|Meet The Silver Snipersより)

 調べてみると、この方々の名前は「Silver Snipers」。スウェーデンで活動する『Counter-Strike: Global Offensive』(以下、『CS:GO』)【※】のeスポーツチームで、構成メンバーの平均年齢は67歳だという。FPSという反射神経がシビアなゲームジャンルで、プロチームって……え、マジ?

※Counter-Strike: Global Offensive……アメリカのゲーム企業Valveが2012年にリリースしたマルチプレイヤー対戦FPSで、eスポーツにおいては代表的な作品のひとつ。プレイヤーはテロリストと特殊部隊のチームに分かれて戦う。プロシーンでは尋常ではない反射神経が求められるため、一般的に20代前半を過ぎると引退する選手が多い。
(画像はSteam|Counter-Strike: Global Offensiveより)

 こいつはおもしろい、と筆者が画像をTwitterに投稿したところ、やたらバズってしまった。

 この画像を勝手に広めてしまった手前、もっといろいろ聞きださないといけないと思い立ち、「Silver Snipers」を運営する香港のPCメーカーLenovoの広報担当者にコンタクトを取ってみた。以下、広報担当者のアンナ・マットソンさん(以下、アンナさん)とのやり取り。

──はじめまして。勝手ながら御社が運営する『CS:GO』チームの「Silver Snipers」の画像をツイートしたところ、予想以上の反響がありました。
 日本のゲーマーは自分の祖父・祖母と同年代のプレイヤーが『CS:GO』をプレイしていることに驚いています。つきましては、メールでインタビューをさせていただき、弊社のグループメディアに記事を掲載したいのですが、よろしいでしょうか。

 

アンナ:
 ハーイ! メールありがとう! ファボもリツイートもたくさんついて超クール!
 インタビューもいいけど、チームで日本に遠征してもいいよ!? 日本のテレビとかゲームのイベントって「Silver Snipers」に興味あるかな!?

 

──ご返答いただきありがとうございます。きっと興味があるかと思います。日本に遠征ということですが、それはこの件以外にもご予定があったということでしょうか。

 

アンナ:
 ないよ! ちょっと日本のみんなに会いに行って、日本のチームにも挨拶できたらいいなって!!

 

──承知しました。一度インタビュー記事を弊社で出してみて、ユーザーの反応を見るというのはいかがでしょうか?

 

アンナ:
 うん、いいんじゃない? そんな感じでオッケー!

 本当にアンナさんのメールはこんなノリで、Lenovo社並びにアンナさんの素敵対応の結果、「Silver Snipers」にインタビューすることができた。

 インタビューに進む前に、「スウェーデンで『Counter-Strike』ってどういうこと?」という人に向けて。
 意外に知られていないかもしれないが、スウェーデンは世界最大規模のオフラインプレイイベントであるLANパーティー「DreamHack」を開催しており、eスポーツも盛んな国だ。『Counter-Strike』の強豪チームFnaticNinjas In Pyjamasもスウェーデンが拠点。同作がカリキュラムになっている高校もある。

※『CS:GO』の大会『DreamHack Masters Stockholm 2018』のトレーラー。スウェーデン・ストックホルムにて8〜9月にかけて開催。賞金総額は25万ドルにも及ぶ。

 eスポーツと『Counter-Strike』が非常にメジャーな国であるスウェーデン。そんな国でじいちゃん、ばあちゃんのチームはどのようにして生まれたのか、そして何を目指しているのだろうか。Silver Snipersのメンバー全員が回答してくれた。

取材・執筆/但木一真
編集/ishigenn


左から順に、アビー “BirDie” ドラクブルグ(75歳)、インガー “Trigger Finger” グロットブラッド(66歳)、ペル・アルネ “YoungGun” イデンフォーズ(57歳)、オイヴィンド “Windy” トゥベルド(75歳)、モニカ “Teen Slayer” イデンフォーズ(62歳)。
“ ”内はプレイヤーネーム、あだ名。BirDieは「鳥」、Trigger Fingerは「銃を撃つボタンを押す用の指」、YoungGunは「新参者」、Windyは「疾風」、Teen Slayerは「若者殺し」を意味する
(画像はLenovo — Silver Snipersより)

──チームが作られた経緯を教えてください。

モニカ:
 LenovoとPotti【※】が一緒になってシニアだけのeスポーツチームを作ろうとしていたの。募集の広告を見た時とき、心が震えたわ。新しい人と出会って、新しいことを始めたかったから。
 そのときは「Silver Snipers」に人生を捧げることになるなんて思ってもみなかった。今の目標は世界一の女性シニア『CS:GO』プレイヤーになることね!

※Tommy “Potti” Ingemarsson……『Counter-Strike』の元プロ選手、スウェーデンにおける伝説的なプレイヤー。2016年にはeスポーツチームNinjas in Pyjamasを創立した。
(画像はLenovo — Silver Snipersより)

──なぜ『CS:GO』だったのでしょう。FPSは高齢者には厳しいジャンルだと思うのですが……。

インガー:
 コーチのPottiが『Counter-Strike』のチャンピオンだったからよ! それに私たちの孫もみんな『CS:GO』をプレイしているから。

──5人のメンバーはどのようにして集まったのですか。

オイヴィンド:
 みんなLenovo社の募集広告に応募したんだ。何か新しいことにチャレンジしたくて集まったメンバーだよ。

──毎日どれくらい練習しているんですか。

ペル・アルネ:
 私は1日2~3時間ほど練習している。それに月に2回、チーム全体のブートキャンプがあるんだ。そこでチームメイトみんなで一日中練習しているよ。

──皆さんフルタイムの選手【※】ですか。

インガー:
 みんな高齢者だし、フルタイムじゃないわね。友達とお出かけしたり、『CS:GO』以外の楽しいこともやっているわ。

※フルタイムの選手
一口にプロゲーマーといってもさまざまな形態があり、チームから給与を受けてフルタイムで一日中ゲームの練習にのぞむ選手もいれば、実業団形式で仕事をこなしつつ大会へ参加する選手もいる。

──練習場所は?

アビー:
 インフェルノ・オンライン(※スウェーデンの巨大ネットカフェ)でやっているよ。

──どのように練習しているか教えてください。

モニカ:
 まずは、前回のブート・キャンプから今までにどんな練習をしてきたかコーチに話すの。その内容をもとに、コーチが改善案を考えてくれて、練習に励む、といった感じよ。

──チームで一番うまいプレイヤーは誰ですか。

モニカ:
 たぶん私。すごく練習しているし、『CS:GO』の世界一のプレイヤーになりたいから!

──リーダーはどなたですか。

オイヴィンド:
 私がリーダーをやっている。いつも冷静になって、みんなを助けられるように心がけているよ。

──ちなみに皆さんの前職を教えてもらっていいですか。

インガー:
 コミュニケーション関係の仕事よ。

ペル・アルネ:
 倉庫で働いていた。

モニカ:
 私も倉庫で。

オイヴィンド:
 採掘業界のコンサルティングをやっていて、今でも少しだけやっている。

アビー:
 アーティストをやっていて、ギャラリーも持っていたね。

──皆さんニックネームが変わっているし、面白いと思います。どうやってつけられたんですか。

アビー:
 Pottiと一緒に考えたんだ。楽しいニックネームにしようってね。私のニックネームは、鳥のように歌えるからというのと、真ん中の“d”を大文字にして「Counter-Strike」っぽくしたんだよ。

──ご家族の反応はどうでしょうか。自分のじいちゃん、ばあちゃんがFPSをプレイしているというのはなかなかない体験かと思います。

インガー:
 みんなクールだって言ってくれているわ。私の孫たちは『CS:GO」がうまくて、私を応援してくれている。すごく素敵なことよ!

──チームのWEBサイトにはツアーで世界を回ると記載されていますが、ツアーはいつまで続く予定ですか。

インガー:
 2018年いっぱい、ツアーで回る予定よ!

──ツアー途中でメディアへの出演などはスケジュールされていますか。

インガー:
 しているわ。でもまだ内緒。もう少ししたら発表する予定よ。

──「Silver Snipers」の最終的な目標は何でしょうか。

アビー:
 シニア世代も若い世代のように『CS:GO』ができるんだってことを世界に知らしめたい。そして、世界の我々のようなシニア世代に新しいことにチャレンジするように勇気づけたい。
 シニア世代と若い世代の間にある壁のようなものを壊せるといいね。もちろん、大会に出場して相手をぶっ倒すってことも大事な目標だよ。

──最後に日本のユーザーに一言お願いします。

オイヴィンド:
 俺たちに挑戦したいチームはいるかい!? いつでも対戦しにいくぜ!

(画像はLenovo — Silver Snipersのスクリーンショット)

 Pottiという世界最高のプレイヤーをコーチに迎え、本気で『CS:GO』で世界をとりにいこうとしているチーム「Silver Snipers」。
 WEBサイトには、

「手始めにフィンランドに侵攻し、ノルウェーの君主をボコボコにして、中央ヨーロッパをも手中におさめ、アメリカやドイツのテレビのヘッドラインをかざる。それだけじゃない……。連絡をくれれば、Silver Snipersはどの街にでも行って、てめえらをぶっ倒してやるぜ!(原文: We’ ve got time to kill!)」

 とあって、支援しているLenovo社もふくめ、どこまでもパンクでヤバい奴らだということが伝わってくる。

 じいちゃん、ばあちゃんの『CS:GO』チーム、そして老若男女問わずにFPSやっているスウェーデンの半端なさが伝わってくるところである。今後も「Silver Snipers」の動向から目が離せそうにない。

【あわせて読みたい】

 

21世紀に“洋ゲー”でゲームAIが遂げた驚異の進化史。その「敗戦」から日本のゲーム業界が再び立ち上がるには?【AI開発者・三宅陽一郎氏インタビュー】

 『CS:GO』はeスポーツ界のメジャータイトルになりましたが、元祖『Counter-Strike』(2000年)もゲーム史に名を残すエポックメイキングな作品でした。本記事では、ゲームAI開発者・三宅陽一郎氏から、『Counter-Strike』が「ゲームAI史」という観点からも画期的なタイトルであったことが語られています。

関連記事:

高橋名人×ブンブン丸×ウメハラ:eスポーツ座談会──名人ブームの影響からプロライセンス発行の本音まで

世界の「eスポーツ」ゲームいくつ言えるかな? いま熱い競技シーンから、eスポーツの条件を考えてみる

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ