科学者vsクトゥルフのシューティング『Tesla vs Lovecraft』が1080円→360円に。細密で美しい脱出ゲーム『The Room』シリーズもセール開始【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクはiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

 ニコラ・テスラがラヴクラフトの呼び出す異形と戦うシューティング『Tesla vs Lovecraft』がセール開始。

 細密で美しい3Dグラフィックのクリック型アドベンチャー『The Room: Old Sins』がセール。

 数々の表彰を受けている絵本風アドベンチャー『Gorogoa』がiOSでセール中。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『Tesla vs Lovecraft』
iOS 1080円 → 360円
1/29 追加

 狂気のマッドサイエンティスト「ニコラ・テスラ」が、狂気の小説家「ラヴクラフト」が呼び出すクトゥルフの異形を超電磁兵器で蜂の巣にする、2スティック制の全方向スクロールシューティング。
 狭いフィールドを逃げ回りながら、大量に出てくる敵を銃撃で一掃していくゲームだが、テレポートを駆使し、ロボや核まで持ち出すテスラの破天荒ぶりで話題。


『The Room: Old Sins』
iOS 600円 → 240円、Android 520円
1/29 追加

 世界最高峰の脱出ゲームシリーズの4作目。3Dで描かれたグラフィックの細密さが素晴らしい。
 ミニチュアハウスの部屋を移動しながら、中にある箱や装置の謎を解いていく。
 ストーリーに繋がりはないので、前作未経験でも問題はない。


『The Room Three』
iOS 480円 → 120円、Android 410円
1/29 追加

 細密な3Dグラフィックが美しいクリック型アドベンチャーゲームの3作目。 難易度は4作目『Old Sins』より高い。
 いわゆる「脱出ゲーム」だが、しかけのある箱や家具をいじくり回し、その謎を解いていくのが中心となる。
 昨年、販売会社が変わり、それに伴って日本語化が行われた。


『アルトのオデッセイ』

iOS 600円 → 120円、Android版は本体無料で広告・課金あり
1/29 追加

 ロングセラー作品『Alto’s Adventure』の続編。今回は砂漠が舞台。
 グラデーションが美しい印象的な風景の中をスノーボード(サンドボード?)で疾走するカジュアル・ランゲーム。

セール継続中のアプリ

『Gorogoa』
iOS 600円 → 360円、Android 540円
1/24 追加

 味がある手描きイラストの、大人の電子しかけ絵本。
 穴の開いた絵を動かし、重ね合わせ、絵の中の少年を導いていく。
 いわゆる「インタラクティブ・アート」だが、謎解き要素も強い作品。
 Appleが2018年の「ベストiPadアプリ」に選出、他にも数多くのゲーム賞でノミネート作になっている。
 Nintendo Switchでも『ゴロゴア』という名で販売されている。


『Hidden Folks』

iOS 480円 → 120円、Android 490円
1/24 追加

 『ウォーリーを探せ』のような“絵さがしゲーム”だが、手描き風のイラストが特徴的。
 絵の一部はアニメーションし、タップやスライドで反応する場所もある。ズームも自在。
 素朴な雰囲気がウケて高く評価されている。


『Samorost 3(サモロスト3)』
iOS 600円 → 240円、Android 490円
1/24 追加

 細かく描かれた細密なグラフィックと奇抜な世界観が特徴のアドベンチャーゲーム。
 いわゆる「脱出ゲーム」系だが、キャラクターを移動させて調査を行う。
 日本のAppleが「BEST of 2016」のiPad部門で大賞に選出している。


『鉄の海兵隊(Iron Marines)』
iOS 600円 → 360円、Android 540円
1/24 追加

 『Kingdom Rush』の開発チームが手がけた新作で、今回はタワーディフェンスではなくRTS。
 ヒーローと数人の兵士で敵を迎撃し、敵基地を制圧しつつ、砲台を築いて守りを固めていく。
 丁寧に作り込まれた作品で、やや歯応えのある難易度。


『えどたん』
iOS 本体無料(フル版600円)、Android 600円 → 130円
1/15 追加

 カプコンからフィーチャーフォン用に配信されていたアドベンチャーゲームが、スマホ向けに最適化。
 「江戸」+「探偵」=『えどたん』は、法廷シーンのない江戸時代の『逆転裁判』という印象。
 推理は非常に簡単で、江戸時代の風習や生活を楽しむ方がメイン。

最近セールが終了したアプリ

『Rush Rally 2』
iOS 240円、Android 240円 → 120円
1/24~1/29 終了

 オフロードラリーのレースゲーム。 野山や雪原などの自然のコースを疾走する。
 トップクラスのクオリティではないが、ラリーレースらしさはある。
 現在、3作目の開発が進んでいる。


『Realpolitiks Mobile』
iOS 600円、Android 899円 → 200円
iOS終了、Android 1/24~1/29 終了

 パラドゲー(『Hearts of Iron』など)のような、国際政治/紛争シミュレーションゲーム。
 現代や第三次大戦後の世界を舞台に、国政や軍備を行いながら世界の行く末を見守る。
 メッセージが英語で敷居の高いゲームだが、現代情勢を扱っているのは珍しい。 Steamからの移植。

関連記事:

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ