全米で人気の「ターン制ブロック崩し」が遊びやすく&日本語対応に。今から始めるならコレ!【レビュー:ぴっふる】

 2017年のスマホゲーム界では、「ターン制のブロック崩し」が全米で大ヒットしていました。
 大量のボールを好きな角度で撃ち出すことができ、帰ってきたボールを打ち返す必要がない、遊びやすい新スタイルのブロック崩しです。

 そのターン制のブロック崩しを、あの『クロッシーロード』や『Pac-Man 256』で知られるモバイルゲームメーカーHipster Whaleが公開しています。
 『ぴっふる』(Piffle)です。

 ターン制ブロック崩しは、スマホでは『BBTAN』というゲームの流行から始まり、アメリカでは『2048』で知られるKetchappが公開した『Ballz』が大ヒット、他にも数多くの模倣作が存在しています。

 『BBTAN』や『Ballz』はクリアがないエンドレスゲームでしたが、それを『キャンディークラッシュ』のような短めのステージをクリアするスタイルに改めたものが『ぴっふる』です。

 先行していた『BBTAN2』も同様のシステムなので、やはり模倣感は否めないのですが、今作の大きな特徴はキャラクターがかわいらしいネコになっていること。

 いかにもあやしい『BBTAN』や、お洒落だけど地味な『Ballz』と比べると、とても親しみやすくて楽しげな雰囲気。
 メッセージも日本語に対応していて、今から始めるなら間違いなくこちらの方がおすすめです。

 アプリ本体は無料。課金も必須ではありません。
 海外の無料アプリなので、強制動画広告があるのが玉にキズ。
 しかし、そこまで頻発されるわけではありません。

 ボール(猫玉)を投げてブロックにダメージを与え、破壊していくゲームです。
 画面を押すと投げる方向を示す矢印が表示され、スライドで向きを調整し、指を離すと発射。
 ボールは壁やブロックに当たると反射するため、うまくすき間に入れば何度も跳ね返り、連続でブロックにダメージを与えることができます。

 ボールは一度に複数が投げ込まれます。
 最初は7個前後ですが、アイテムを取るとどんどん増加、いずれ数十個のボールをまとめて投げられるようになり、耐久力が 20 や 30 あるブロックもまとめて壊せるようになります。
 そのインフレしていく破壊力も、ターン制ブロック崩しの面白さです。

 ブロック崩しですが、帰ってくるボールを受け止める必要はありません。
 すべてのボールが帰ってくるとターンが終了し、ブロックが1段降りてきます。
 ブロックを破壊しきれず、最下部まで到達してしまうとミスになり、ライフがひとつ減ってリトライとなります。

 ライフの最大値は5で、20分でひとつ回復するスタミナ制。
 ただミスしない限り減らない方式なので、序盤はほぼ気にせず遊び続けられます。

 ステージが進行すると、移動ブロックや分裂ブロック、ネバネバブロックなど、さまざまなしかけが登場して手強くなります。
 ただ、ボールの反射を確認できるサングラスや、破壊力のあるボーリングの玉、任意のブロックを破壊するハンマーなどのお助けアイテムを利用できるようになります。

 お助けアイテムは課金要素と言えますが、クリア評価を貯めると得られる宝箱や、ログインボーナスからも入手でき、課金しないと使えないわけではありません。

 手軽にテンポよく遊べるゲームですが、前述したように強制動画広告が難点。
 たまにクリア時に出てくることがあり、全部見たところで何ももらえず、30秒の広告の場合はアプリを落として再起動した方が早いほど。

 これがあるから無料になっているとも言えるのですが……。
 スタミナ+強制広告は面倒なのが本音です。

 とにかくポップで、キャラや演出のかわいい作品。
 ターン制のブロック崩しは誰でも楽しめるゲームなので、女性や高齢の方にもすすめられます。
 一方で、このスタイルはゲーマーでもハマれる中毒性があります。

 ひとつのステージが短いため、エンドレス型である『Ballz』のように、手玉が百個以上になるような派手な展開にはなりません。
 しかし、短時間で区切りが付くため、外出先でも遊びやすいのは利点。

 なにより『クロッシーロード』のメーカーのブロック崩し。
 クオリティが高く、このタイプのゲームとしては決定版と言えるでしょう。

ぴっふる

かわいくポップなターン制ブロック崩し

(画像はぴっふる – Google Play のアプリより)

・ターン制ブロック崩し
・Hipster Whale / Mighty Games(オーストラリア)
・本体無料、広告あり

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

 

【田中圭一連載:ぷよぷよ編】大ヒット落ち物パズルをかつて手がけた仁井谷正充の成功と挫折。経営難で抱えた負債90億円からの復活

 1980〜1990年代というゲーム業界の「青春期」に大奮闘したゲームクリエイターたちの、熱くて、若くて、いきすぎた思い出を田中圭一先生がたずねる『若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜』。

 落ちものパズルゲームの代表格『ぷよぷよ』といえば、今やセガゲームスの看板タイトルのひとつですが、もともとは広島県にあったゲームメーカー・コンパイルがリリースしたゲームだったことはご存知でしょうか。第11回は、その『ぷよぷよ』の生みの親・仁井谷正充さんをゲストにお迎えしました。

関連記事:

遊んだユーザーのつぶやきが26000リツイート。ヨコオタロウ氏もお気に入り登録──怖くないホラーゲーム『うさぎパズル』を生み出した“おじさん”はブラウザゲームを怨念で作り続けてきた?

誰もが知っている『テトリス』を、誰も知らない「体験」に──ゲームの“体験性”を一歩先に進めた『テトリス・エフェクト』【水口哲也インタビュー】

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
 iPhone アプリのレビューサイトを経て電ファミニコゲーマーのお世話に。 
 シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ