VRの中で死にたい……傑作『Rez Infinite』は誰も体験したことのない “電子ドラッグ”だった【ドワンゴVR部体験レポ】

1

2

VRというジャンルを代表するゲーム

これに似たゲームはちょっと思いつかないですね。

これはRezです」としか言いようがないです。 イルミネーションはきらびやかだし、音も格好良く聞こえる。シューティングの感覚もRezならではの心地よさがしっかり出てます。

特定のジャンルではくくれないと。

「VRというジャンルを代表するゲーム」を一つ挙げるとするとこれ、って感じがします。

ですよね。この前プレイした『バットマン:アーカム VR』もクオリティが高かったけれど、あれはアドベンチャーというジャンルがあります。Area Xは一応シューティングゲームではあるけれど、それを通り越して、VRとは何なのかを体現したコンテンツになっていました。

酔わないのに空間を飛んでる気持ちよさだけが感じられて、まさにVRドラッグですよね。副作用のないドラッグ(笑)。

純粋な没入感

没入感は間違いなく高かったですね。

そもそも以前のRezもかなり没入感のあるゲームですよね?

そこからさらに進化していました。コントローラーのかわりに顔の向きでロックオンできるのが大きいですね。より直感的に動かせます。

SONY DSC

コントローラーの操作が没入感を削いだり、難易度上がったりする原因になっていました。VR版はそれを完全に払拭しましたよね。その上でRezの変わらない良さはあって、安心して楽しめました。

理想のRezになっていたと。

その通りです。ゲームとして遊ぶのにちょっと不便だったところが克服されて、純粋なRezに昇華されていました

VR部メンバーも困惑する酔わなさ

VR酔いについてはどうでしたか?

まったく酔いませんでした

他のタイトルと比べてもかなり酔わないゲームでしたね。

空間を飛び回るゲームなので、酔いそうなものですが……。

確かに空を飛ぶゲームは酔うのが定番なんですよ。だって私たちは空を飛んだことがないから。五感で脳を補正することが難しいんですよね。

なのになぜかまったく酔わないんですよね。

魔法をかけられているみたいですね。

他のVRコンテンツと比べてシンプルなのが一因じゃないでしょうか。ワイヤーフレームやポリゴンがそのまま出ている。

シンプルな画面で構成されているので、脳が理解しやすいというのはあると思いますね。

あと、ロックオンするカーソルがずっと視線の中心部に出ていますよね。

rez4

あれは視点を固定して酔いにくくしているかもしれないですね。

あと、ある程度顔を横に向けると、自動的に視点が旋回するんですよ。その動きがあまりにも自然で。とにかく空間を気持ちよく飛び回ることに特化した技術でした。

rez

VR部全員Rez信者

ちなみに皆さん、以前のRezはプレイしたことはありますか?

私はRezに影響を受けたゲームを自作したりしたこともあります。

私もPS2版をプレイしていました。気がついたら影響を受けていたゲームの一つですね。

私も2001年からプレイしています。よく行くロックバーにPS2ごと持ち込んで音を楽しんだりして。

全員Rez信者じゃないですか!(笑)

大ヒットしたというわけではないんですけどね。

Rezはスーパーいけてるカルトなエレクトロゲームなんですよ(笑)。

『Rez Infinite』も次の世代にとってのカルトゲームになっていくかもしれませんね。今後もドワンゴVR部メンバーと共に、誰も足を踏み入れたことのないVRならではの世界に飛び込んでいきたいと思います。ありがとうございました!

Rezの世界に入ったまま二度と目を覚ますことがなかったgreenspa氏。
Rezの世界に入ったまま目を覚ますことを拒否するgreenspa氏。

PSVR関連記事&サイト:
「PS4 Pro」×「Rez」=即昇天!ドワンゴVR部「このタイミングでのリリースはソニーの陰謀」
「アイマスは現実、ミクは理想」ドワンゴVR部がガチで分析するVRアイドルゲームの最前線
プレイ時間30分で味わえるVR開発の最先端 話題作『バットマン:アーカム VR』の到達点を語ろう【ドワンゴVR部体験レポ】
【サマーレッスン爆速レビュー】パンツを覗き込むのに成功したぜ! JKをカテキョする大注目VRゲームをドワンゴVR部が語り尽くす!
PS VRを前日Getする役得で、仮想空間で仕事から現実逃避していたドワンゴVR部社員に座談会させてみた
PlayStation VRまとめwiki

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

脳ゲーマー ヒデヲ
若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ