美少女ゲームがCAMPFIRE初となる1億円の開発資金を集める。ブランドOVERDRIVEの最終作『MUSICA!』がクラウドファンディングで8桁を達成

 ゲームブランドOVERDRIVEは10月11日、12年の活動の幕を閉じるべく開発する美少女アドベンチャーゲーム『MUSICA!』のクラウドファンディングキャンペーンが、CAMPFIRE初の1億円を達成したことを報告した。同プロジェクトは7月クラウドファンディングを開始し、わずか30分で目標金額に到達したことで、メディアから大きく取り沙汰されていた。

(画像はcAMPFIRE | OVERDRIVE最終作「MUSICA!」開発プロジェクトより)

 OVERDRIVEは、株式会社キッチンガイズファクトリーの美少女ゲームブランド。2006年のデビュー作『エーデルワイス』のほかに、『キラ☆キラ』『DEARDROPS』といった代表作で知られる。2018年4月に、12年にわたる活動の締めくくりとして最終作『MUSICA!』の制作を発表した。バンド・音楽をテーマにしたノベル形式の美少女ゲームで、上記代表作に続いて原画をすめらぎ琥珀氏、脚本を瀬戸口廉也氏、音楽をOVERDRIVE代表のbamboo氏が率いるユニットmilktubが手がけている。

 同年7月30日、クラウドファンディングサイトCAMPFIREにてプロジェクトの資金調達を開始。その様子は代表を務めるbamboo氏によるニコニコ生放送でライブ配信され、多くのファンがプロジェクトの行く末を見守った。その後、開始からわずか30分という日本記録級の速さで目標金額の3969万6000円の獲得を達成。沸騰した話題は当時、Twitterのトレンドにも関連ワードとして登場した。

(画像はcAMPFIRE | OVERDRIVE最終作「MUSICA!」開発プロジェクトより)

 このクラウドファンディングは10月17日まで続き、同日夜にはキャンペーンの最後をファンと共に見守るライブイベントが、ニコニコ生放送にて「OVERDRIVE組曲2018」(18:00開演)と「CF結末見守り配信」(22:30開演)の2回にわたって配信される予定だ。現在、最新のストレッチゴール達成報酬として、プロジェクトを記念する架空の音楽雑誌が、パトロンのほぼ全員に届けられることが決定している。実際のミュージシャンや実在するライブハウスの情報と、OVERDRIVEのバンドストーリーワールドが虚実入り乱れた内容で収録される予定だという。

文/Ritsuko Kawai

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ