『Red Dead Redemption 2』が発売から3日間で7億2500万ドルを売り上げる。エンターテイメント産業最大の発売初週末売り上げを記録

 Rockstar Gamesは10月26日に発売したオープンワールドクライムアクションゲーム『Red Dead Redemption 2』(以下、RDR2)の最初の3日間の売り上げが7億2500万ドル(約820億円)だったことを発表した。ゲームだけでなく、エンターテイメント産業全体で2018年最大の記録だ。

 しかし、2013年発売の『Grand Theft Auto V』(以下、GTAV)の10億ドルの記録の更新にはならなかった。エンターテイメント産業全体での最初の3日間の売り上げは『GTAV』に次ぐ歴代2位となっている。

 『RDR2』はその他にも、エンターテイメント産業全体で発売週の週末の売り上げ最高記録を達成している。『GTAV』は発売が火曜日だったので、発売週末の売り上げ記録を打ち立てることはなかった。PlayStation Networkでは、最高予約本数、最高初日売上本数、最初の3日間での売上本数の最高記録を塗り替えている。

 また、パッケージ版の販売数を集計するUKセールスチャートでは、2010年に発売された前作『Red Dead Redemption』の2倍以上の売り上げを記録している。

 『Call of Duty: Black Ops 4』『Assassin’s Creed Origins』『FIFA 19』など、近年発売された多くの大型フランチャイズが売り上げを伸ばしながらもパッケージ版の販売本数が減少しているにもかかわらず、これは驚異的な記録だ。『RDR2』は8年ぶりの新作で、ほとんど毎年リリースされているこれらのフランチャイズと単純に比較はできないが、ダウンロード販売市場の拡大とパッケージ売り上げの減少という現在のビデオゲーム業界の流れを無視するほど巨大なゲームだと言えるだろう。

(画像は『RDR2』公式サイトより)

 Rockstar Gamesは『RDR2』の販売本数については発表していないが、Take-Two Interactiveは2013年の『GTAV』が発売初日に8億ドルの売り上げで販売本数が1121万本と発表している。『RDR2』の販売本数はおそらく1000万本を超えていることが予想される。

 売り上げだけでなく、レビューでも各メディアが高得点を与えている。レビュー集積サイトMetacriticではPlayStation 4、Xbox Oneともに現在平均で97点を得ている。ユーザースコアは若干低く、PS4版のページではポジティブが551件、ネガティブが147件となっている。

 マルチプレイモードである『Red Dead Online』は、11月にパブリックベータがスタートする予定だ。

文/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ