「TENNOはデスマーチに反対」。ニンジャTPS『Warframe』大型アップデート直前の開発風景が配信、4万人のファンが見守り過労を心配する声も

 Digital Extremesは基本無料のTPS『Warframe』にオープンワールドマップを追加する「フォーチュナー」アップデートをリリースした。「エイドロンの草原」に続く2つ目のオープンワールドマップとなる。まずはPCでのリリースとなるが、ほかのプラットフォームにも近日実装される予定だ。

 マップは大きく分けて地下と地上に分かれており、地下都市フォーチュナーはソラリスの民が住むハブマップ、地上は雪原やきのこの群生、金星の固有種などが生息するエキゾチックなマップになっている。
 アップデートではマップだけでなく、高速移動だけでなくトリックを決める事ができるK-Driveホバーボードや、新勢力であるソラリス連合が追加される。

 釣りや採掘など、新たに追加される要素は非常に多い。その他の追加要素については公式日本語フォーラムにまとめられている。

(画像は『Warframe』公式ツイッターアカウントより)

 WarframeのディレクターSteve Sinclair氏は、このアップデートがリリースされる直前の最後のバグフィックスや調整を行っているオフィスで、今回のアップデートの話や開発の舞台裏、新しく追加された生物のモデルなどを紹介する配信をTwitchで行った。

 4万人が見守る中、2時間の配信でリリース前の作業は終了し「Fortuna」アップデートは無事公開。開発オフィスではリリースを祝して乾杯も行われた。

 一方、海外フォーラムのRedditでは、『Red Dead Redemption 2』でスタッフが「何度も100時間労働した」と述べふたたび議論されるようになったクランチ(デスマーチ)問題を見たファンの一人が、Digital Extremesへクランチの無い開発環境を求めるポスターを投稿している。

 今回の配信を見ても、同社がクランチ文化に染まっているかは不明で、少なくとも「フォーチュナー」アップデートがリリースされる間にそういったニュースは入ってきていない。とはいえ、この大型アップデートを目前に控え、ファンがクランチ状態に陥るくらいならアップデートのリリースが遅れても良いと開発者を気遣うというのは、ゲームと同社が愛されている証だろう。

「TENNOはクランチに反対する。クランチは健康に悪い。ストレスは心臓病、うつ病、早世の原因となりうる。」と書かれたポスター。(※TENNOはゲームの主役の呼称。)
(画像はRedditより)

 ファンと開発者が一緒になってリリースを祝った『Warframe』の「フォーチュナー」アップデート。開発に携わる人々には健康で、長く愛されるゲームを作り続けてくれることを願うばかりだ。

文/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ