PS4版『PUBG』正式発表。予約特典に『アンチャーテッド』主役ネイサンのスキンや『ラスアス』エリーのバッグ付属

 Sony Interactive EntertainmentはPlayStation 4版『PLAYERUNKNOWN’S BATTLEGROUNDS』(以下、PUBG)を英語圏向けに正式発表した。発売日は12月7日。ディスク版、ダウンロード版ともゲーム本体は30ドルとなっている。

 ゲーム本体のほかに「Vikendi Event Pass」【※】とゲーム内通貨であるBPとG-Coinが一定数付く複数の限定版も販売される。Survivor’s Digital Editionが「Vikendi Event Pass」と2300G-Coin、20000BPがついて50ドル。Champion’s Digital Editionが「Vikendi Event Pass」と6000G-Coin、20000BPがついて60ドルとなる。

※Vikendi Event Pass: イベントパスとは今年に入り『PUBG』に追加されたシステム。期間限定のミッションをこなすことでレベルを上げ、報酬を得られる。『Fortnite』におけるバトルパスに近い。Vikendiは近日『PUBG』に追加されると噂されている新マップだ。

 また、PlayStation 4独自の予約特典として『PUBG』内で利用できる『アンチャーテッド』のネイサン・ドレイクのスキンと、『The Last of Us』のエリーのバックパック、『PUBG』テーマのアバターとPS4用テーマが配布される。

(画像はhttp://PlayStation.blogより)
(画像はhttp://PlayStation.blogより)

 『PUBG』は韓国のBluholeが開発するバトルロイヤルシューターだ。広大なマップに100人のプレイヤーが同時に飛び込み、マップに点在するアイテムを集めながら最後のひとりになるまで戦う。『PUBG』は、このバトルロイヤルルールを用いたシューター人気の火付け役となり、多くのフォロワーを生んだ。

 同作においては2017年12月20日にPCで正式版がリリースされて以降、Xbox Oneでもリリースされたほか、iOSとAndroidで『PUBG MOBILE』がリリースされている。

 なお、バトルロイヤルゲームで勝利することを「ドン勝」と呼ぶことがあるが、これは本作の勝利時のメッセージ「勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!」から取られている。

(画像はhttp://PlayStation.blogより)

 PlayStiton 4版『PUBG』は以前より韓国のレーティング機構に登録されていることがTwitter上で噂されフォーラムではソニーのサーバーに『PUBG』が登録されていることも発見されるなど、未発表ながらもその存在は確実視されていた。今回の発表で正式に認められた形となる。

 火付け役として絶大な人気を誇った『PUBG』は、その後PC版ではアップデートやチーター問題によりやや勢いを失っており、実際にSteamでゲームを遊ぶプレイヤー数の推移を記録するSteamchartsによれば、プレイヤー数は2018年に入ってから減少を続けている。だが、いまだその規模は大きく、PlayStation 4版のリリースでより多くの参戦者を獲得することは間違いない。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

世界の「eスポーツ」ゲームいくつ言えるかな? いま熱い競技シーンから、eスポーツの条件を考えてみる

PS4版『Fortnite』クロスプレイへ対応するオープンベータテスト開始。ついにPC、コンソール、スマートフォンで完全なクロスプレイを実現

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ