『FGO』開発のディライトワークスがコミケに初出展。2018年の期間限定イベントを振り返るアートブックなどグッズ販売へ

 2018年12月29日(土)~12月31日(月) に東京ビッグサイトで開催される「コミックマーケット95」で、ディライトワークスに所属する『Fate/Grand Order』以下『FGO』)のクリエイターが、実際に監修やデザインを手がけたFGO関連グッズが販売される。

 今回、ディライトワークスは自社ブースを初めてコミックマーケットに出展する。場所は西4 階企業ブース(西 3 ホール) No.3251。TYPE-MOONのブースとは別になるので、間違わないようにした(ただし、TYPE-MOONの出展は記事執筆時点で未発表)。このディライトワークスの『FGO』オリジナルグッズの取り組みは第一弾で、年末から年始にかけて引き続き第二弾、第三弾も予定されているという。

 ディライトワークスは以前、『Fate/Grand Order Memories Ⅰ 概念礼装画集 第1部 2015.07-2016.12』を発売してFGOファンの間で話題になったが、今回の目玉はアートブック『Fate/Grand Order Game Artbook [Event Collections 2018.01 – 2018.08] 』だ。

 2018年1月から8月までに『Fate/Grand Order』内で開催された期間限定イベントを振り返るアートブックで、バトルキャラ、背景、イベント内で使用されていた美麗なイラストが大きなサイズで楽しめそうだ。また『FGO』のバトルキャラ制作チームによる描きおろしで、イベントを振り返るイラストや、開発者対談も収録されているという。

 アートブックに掲載されている具体的なイベントは「節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔」、「バレンタイン 2018 ~繁栄のチョコレートガーデンズ・オブ・バレンタイン~」、「Apocrypha/Inheritance of Glory」、「虚月館殺人事件」、「ぐだぐだ帝都聖杯奇譚」、「サーヴァント・サマー・フェスティバル」となる。

 他にもブースでは、『FGO』関連のアクリススタンド、タペストリー、クリアファイル、ラバーストラップ、缶バッジが販売される。また以前のグッズも取り扱うようなので、詳細は公式サイトを確認して欲しい。

新商品概要

■Fate/Grand Order Game Artbook [Event Collections 2018.01 – 2018.08]
会場限定価格 2,000 円(税込)
『Fate/Grand Order』内で開催された期間限定イベントを振り返るアートブックで、イベント内で使用されたイラストや開発者座談会などが収録される。

■Fate/Grand Order バトルキャラ風アクリルスタンド(全 4 種)
会場限定価格 各 1,500 円(税込)
第2部で活躍するキャラクターを、『FGO』のバトルキャラ制作チームのスタッフが、バトルパートのキャラ風に描きおろしたイラストのアクリルスタンド。

■Fate/Grand Order カルデア温泉旅行 タペストリー(全 4 種)
価格 各 3,000 円(税込)
ゲーム内で概念礼装などのイラストを手がけるイラストレーター、lack さん、STAR影法師さん、悌太さん、西藤浩樹 (DELiGHTWORKS)による描きおろしB2タペストリー。「カルデア温泉旅行」をテーマに、「温泉街」、「宴会」、「卓球」、 「パジャマパーティー」の場面が描かれている。

■Fate/Grand Order カルデア温泉旅行 クリアファイル(4 枚セット)
会場限定価格 1,500 円(税込)
「カルデア温泉旅行」をテーマに、ゲーム内で概念礼装などのイラストを手掛けるイラストレーター、lack さん、STAR影法師さん、悌太さん、西藤浩樹(DELiGHTWORKS)が描きおろした全 4 種のイラストがセットになっているクリアファイル。

■Fate/Grand Order ぷちサバ お楽しみラバーストラップ(全 6 種)
価格 600 円(税込)
デフォルメ調に描きおろされ、『FGO』のバトルキャラ制作チームが監修したサーヴァントたちのイラストを用いたラバーストラップです。全6種類がランダムに封入。

■Fate/Grand Order ぷちサバ お楽しみ缶バッジ(全 10 種)
価格 300 円(税込)
『FGO』のバトルキャラ制作チームのスタッフが描きおろした、デフォルメされたサーヴァントたちのイラストを用い た缶バッジ。全10種がランダムに封入。

【「コミックマーケット 95」ディライトワークスブース 出展概要】
日程 2018年12月29 日(土)~12月31日(月)
場所 東京ビッグサイト 西 4 階 企業ブース(西 3 ホール) No.3251

文/福山幸司

関連記事:

『FGO』や『ペルソナ』の影に潜むエージェント・リュウズオフィス──『マンガで分かる!FGO』や『カルデア放送局』を企画したその会社に迫る

『FGO』最新章を虚淵玄が担当、ゲームシナリオライターとしてひさびさの本格復帰。『Fate』との深き関係をあらためて振り返る

著者
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ