SwitchとXbox One版『FINAL FANTASY X | X-2』が4月11日、『FINAL FANTASY XII』が4月25日に発売決定。PS2時代のFFをリマスターしてさらに遊びやすくなって登場

 スクウェア・エニックスは『FINAL FANTASY X | X-2 HD Remaster』『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』のXbox OneとNintendo Switch版の日本国内の発売日を発表した。どちらのプラットフォームも『FFX | X-2』は4月11日(パッケージ版 6800円、ダウンロード版 6080円)、『FFXII』は4月25日発売(パッケージ版 5800円、ダウンロード版 5800円)となる。

※すべて税抜き、パッケージ版はNintendo Switchのみ。ダウンロード版の予約は後日開始。

 この発表を記念して、吉田明彦氏による『FFXII』の描き下ろしアートワークも公開されている。

 『FINAL FANTASY X | X-2 HD Remaster』は、2001年に発売された『FINAL FANTASY X』と2003年に発売された『FINAL FANTASY X-2』を一本にし、インターナショナル版をベースにグラフィックのアップデートやストーリー、ダンジョンの追加が行われた。

 大都市ザナルカンドでブリッツボールと呼ばれる競技の選手だった青年ティーダと、全く別の世界スピラに住む召喚士ユウナが、災厄を撒き散らすシンの力によって出会うことで物語は始まる。

 PlayStation 2で発売された『FFX』は大ヒットとなった。『FINAL FANTASY』といえば1作で完結するというそれまでの流れを断ち切り、シリーズとして初めてストーリー上の続編である『FF X-2』が発売された。

 PlayStation 2でオリジナル版がリリースされてから、HDリマスターとしてPlayStation VitaやPlayStation 3を始め、PlayStation 4やPCにも移植され、多くのプラットフォームで今なお愛され続けている。PCに移植するにあたり、オートセーブ機能や公式チートとも言えるブースト機能も追加され、さらに遊びやすくなった。

画像はPC版
(画像は『FINAL FANTASY X | X-2 HD Remaster』Steamページより)
画像はPC版
(画像は『FINAL FANTASY X | X-2 HD Remaster』Steamページより)

 『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』は、2006年にPlayStation 2で発売された『FINAL FANTASY XII』のインターナショナル版をベースにHDリマスターし、多数の要素を追加した作品だ。2017年にPlayStation 4で、2018年にPCで発売された。

 イヴァリースと呼ばれる世界で起きた戦乱を描き、主人公は戦火で家族を失った青年ヴァン。家族とともに故国であるダルマスカ王国も失ったヴァンだが、帝国に占領された後も空賊としてたくましく生きていた。そんな彼が王国の再興と帝国への復讐を誓う王女アーシェと出会い、多くの人々の願いや希望を巻き込む激動の時代を戦い抜く。

 これまでのシリーズにはなかった「ガンビットシステム」という戦闘AIをプレイヤーの手で組み立てる特徴的な戦闘システムが大きな話題となった。

 『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』では2種類のジョブを組み合わせてさらに自由にキャラクターを成長させる「ゾディアックシステム」を追加し、ハイスピードモードやオートセーブなどテンポよくゲームを楽しむための要素や、「トライアルモード」「弱くてニューゲーム」といった『FF XII』のシステムの真髄を探るためのゲームモードも用意されている。

画像はPC版
(画像は『FINAL FANTASY X | X-2 HD Remaster』Steamページより)
画像はPC版
(画像は『FINAL FANTASY XII THE ZODIAC AGE』Steamページより)

 Nintendo Switchでは、昨年の「Nintendo Direct 2018.9.14」にて多くの『FINAL FANTASY』シリーズが2019年にリリースされることが予告されていた。上記2作のほか、『FINAL FANTASY VII』、『FINAL FANTASY IX』、そしてオンラインマルチプレイにも対応した『FINAL FANTASY CRYSTAL CHRONICLES Remasterd Edition』が2019年発売となっている。

 これらの発売日もまだ未定だが、特にオンラインでのマルチプレイに対応した『FFCC』は待ち望んでいる人も多いのではないだろうか。こちらの続報も期待して待ちたい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

【全文公開】伝説の漫画編集者マシリトはゲーム業界でも偉人だった! 鳥嶋和彦が語る「DQ」「FF」「クロノ・トリガー」誕生秘話

【新連載:田中圭一】坂口博信とFFの天才プログラマたちが歩んだ、打倒DQへの道。「毎日のようにキレてましたけど(苦笑)」【若ゲのいたり】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ