『ストV』が上手すぎるゆるキャラ「しんじょう君」に迫る!得意技は中足払いからの波動拳、最近やったゲームは『デススト』と『十三機兵防衛圏』

 昨年、大阪で行われたeスポーツ大会「GAME CENTER’S GP2019」において、『ストリートファイターV』のリュウを華麗に操り、決勝戦ではゲーム好きグラドルの倉持由香さんを破って見事に優勝。さらに、「第三回eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ」では第一回大会の優勝者、ゴールデンボンバーの歌広場淳さんにも勝利し、その名を一躍とどろかせた1人、もとい1体の凄腕ゆるキャラがいる。

 ゲーマーを自称する並みの人間も顔負けの、我々人類の想像を超越したパフォーマンスを披露した、まさにeスポーツ界の超新星。その正体は、2016年の「ゆるキャラグランプリ」の覇者で、高知県須崎市出身のご当地キャラクター、しんじょう君だ。

 持ち前のかわいらしさで、ご当地アピールに貢献できれば基本オーケーとされるであろうゆるキャラの世界にあって、eスポーツの大会で優勝をさらうほどの腕前を持つしんじょう君とは、はたして何者なのか?
 過日、イベント参加のため上京したしんじょう君に、多忙なスケジュールの合間を縫ってインタビューに成功したので、ぜひ最後までごゆるりとお読みいただきたい。 

取材・文/鴫原盛之
撮影/佐々木秀ニ
編集/クリモトコウダイ
取材協力/タイトーステーション 池袋西口店


しんじょう君

有名タレントを相次いて破り、eスポーツ界隈でも一躍有名に

──しんじょう君、こんにちは。まずは自己紹介からお願いできますか?

しんじょう君:
 2013年4月28日生まれだよー☆ 高知県須崎市で最後に目撃された、すでに絶滅したっぽいニホンカワウソの友達を探すために旅をしているんだよー☆

──普段は地元のPRをするお仕事をされているそうですが、須崎というのはどんな町ですか?

しんじょう君:
 漁師町なので、魚がとてもおいしいよー☆ カツオも有名だけど、伊勢エビやウツボなどもおいしいよー☆ 「日本一熱いご当地ラーメン」の、鍋焼きラーメン発祥の地でもあるし、実はしんじょう君のかぶっている帽子も、鍋焼きラーメンがモチーフなんだよー☆

──趣味や特技は何ですか?

しんじょう君:
 おしゃれと、アニメ、ゲームかなー☆ それから、最近はDJを始めて、昨年にファーストアルバム『We Love Kochi』を発売したよー☆ 目指せ、オリコンチャート入り!

──実に多趣味ですね! ちなみに、アニメはどんなタイトルがお好きなんですか?

しんじょう君:
 『機動戦士ガンダム』とか、『ジョジョの奇妙な冒険』が大好きかなー☆

──ちなみに、ゲームは毎日何時間ぐらい遊んでいますか?

しんじょう君:
 イベントがない時は、延々と遊んでるよー☆ RPGとか、SFっぽい世界観のゲームも大好きで『ゼルダの伝説 ブレスオブワイルド』とか『ニーア オートマタ』とか、この間は『十三機兵防衛圏』も買ったよー☆

──eスポーツの大会に出る以前から、ゆるキャラ界隈ではすでに全国区で有名になっていましたが、最初に人気が出るようになったきっかけは何だったと思いますか?

しんじょう君:
 ブログを通じて、だんだん名前を知られるようになった感じかなー。砂浜に埋まったり『涼宮ハルヒのエンドレスエイト』のシーンを真似した写真をアップしていたら、「何これ面白い!」ってファンの方が増えるようになって、すごく熱心に読んでいただけるようになった気がするよー☆

──それにしても、昨年出場したeスポーツ大会で披露された『ストリートファイターV』のパフォーマンスは実にお見事でしたね。

しんじょう君:
 ありがとうございます☆ eスポーツの大会には、去年の5月に招待された「GAME CENTERS GP 2019」に初めて参加したんだけど、まさかしんじょう君が優勝するとは誰も思っていなかったみたいで、みんな驚いてたよー☆

 その時は、来場者が優勝者を予想して、当たった人には出場者のみんなのサイン入りグッズがもらえる企画もやっていたんだけど、誰も当たらなかったので最後にみんなでジャンケンをして、勝った人にグッズをあげたみたいだよー☆ 倉持さんは、グラビアアイドルなのにゲームにも真摯に取り込んでいるのがスゴいよー☆

──なぜ、eスポーツの大会にしんじょう君が呼ばれたのでしょうか?

しんじょう君:
 高知県にもeスポーツを広めようという目的があったみたいだよー☆ でも、高知県で開催してもなかなか人が集まらないだろうから、今回は大阪での開催になったんだよー☆

──倉持さんと戦った決勝戦は、ストレート勝ちの会心の勝利でした。倉持さん対策、または倉持さんが使っていたミカ対策などを事前に研究してあったのでしょうか?

しんじょう君:
 対戦するキャラクターが事前に分かっていたのでキャラ対策をしてたよー☆ 。YouTubeでミカ対策の動画を上げてるよー☆ あとは、倉持さんが大会前に対策配信をしていたので、それを見て人対策もしたよー☆

──その後、「第三回eスポーツ スターバトル チャンピオンシップ」では、歌広場さんにも勝利を収めましたね。

しんじょう君:
 歌広場さんのほうから、「どこに行けば、しんじょう君と対戦ができるんだ?」というお話がTwitterであったんだよー☆ でも、高知県までわざわざ来てもらうのは大変だから、こちらから東京に行って対戦しましょうっていうお話をしたら、その大会に出場することになったよー☆ 歌広場さんは、以前からゲームが強いとは聞いていたけど、実際に対戦してみたら本当に強かったよー☆

──歌広場さんとの初対戦は、最終ラウンドまでもつれ込む接戦でしたが、プレイ中はかなり緊張したのではないでしょうか? また、普段のご当地PRのお仕事とeスポーツの大会とでは、どちらのほうが緊張しますか?

しんじょう君:
 緊張はまったくなかったよー☆ 普段のご当地PRもそんな緊張しないよー☆ まあしんじょう君ニホンカワウソだから緊張とかあんましないかなー☆

──昨年暮れに行われた、歌広場さんとのリベンジマッチも再び最終ラウンドまでもつれましたが、見事に競り勝ちましたよね。もしかすると、ケンあるいは歌広場さんの弱点を何か発見していたのでしょうか? また、あれほどの勝負強さをいったいどうやって養ったのでしょうか?

しんじょう君:
 倉持さんの時と同じで、まずはケンのキャラクター対策をして、歌広場さんのオンライン対戦のリプレイや、大会前の「バーニングコア」【※】でのリュウ対策配信などを見て人対策をしたよー☆
 自分では勝負強いとは思ってないよー☆ 日ごろの練習の成果が出たんじゃないかと思ってるよー☆

※バーニングコア(Burning Core)
都内にオフィスを構えるプロゲーミングチーム。「格闘・アクションゲーム部門」には、かずのこ選手と立川選手が所属している。

──ところで、『ストリートファイターV』を始めたそもそものきっかけは何だったのでしょうか?

しんじょう君:
 なんとなくだよー☆ eスポーツやったら高知県が盛り上がる気がしてPS4を買ってもらったよー☆

──では、『ストリートファイターV』を遊び始めたのはいつ頃からですか?

しんじょう君:
 去年の3月ぐらいかなー☆ それから2ヶ月間練習をして、「GAME CENTERS GP 2019」に出場したよー☆

──わずか2ヶ月のプレイキャリアで、いきなり優勝を飾るとはスゴイです! きっとゲームについても、天賦の才能をお持ちなんですね。

しんじょう君:
 しんじょう君は年間で100本ぐらいイベント出演をしているけど、あとは何もやることがないから、ずっとゲームばっかりやってるんだよー☆

──『ストリートファイターV』は、どんなところが最も面白いと思いますか?

しんじょう君:
 ルールがとてもシンプルなので、自分で遊んでいても、eスポーツの大会を見ていても読み合いを楽しめるとことがとても良いよー☆

──大会に出場した際はリュウを使っていましたが、なぜリュウを選んだのですか?

しんじょう君:
 ゲームを最初に遊んだ時に、最初にカーソルがあった場所にいたのがリュウだったからだよー☆

──得意技は何かありますか?

しんじょう君:
 波動拳と、連続技になる中足払いからの波動拳かな☆

──対戦格闘ゲームのコマンド入力を続けていると、手に脂汗をかいたりして滑りやすくなったりしませんか?

しんじょう君:
 しんじょう君は人間じゃなくて、ニホンカワウソだから大丈夫だよー☆

──でも、『ストリートファイターV』は6個のボタンを使いますし、同時押し入力も必要なゲームなので、やっぱりニホンカワウソの手で動かすのはたいへんだと思いますが……。

しんじょう君:
 6ボタンを常に使っているわけではなくて、ゲージや試合状況によって使うボタンがだいたい決まっているので、そんなにたいへんではないよー☆ 同時押しも同じだよー☆ まあでも、しんじょう君の手はなんか人間とくらべると大きいので、たまに同時押しが暴発する事があるよー☆

──休日には、ゲームセンターに遊びに行くこともあるんですか?

しんじょう君:
 ゲーセンには行かずに、部屋の中で引きこもって遊んでるよー☆ 本当はゲーセンで遊びたいけど、うちの近くにあるゲーセンが次々と閉店して。。。しまって。。須崎からだと、ゲーセンがある高知市までしんじょう君が電車で通うのもかなり大変なので。。。☆

──『ストリートファイターV』を始める以前は、主にどんなゲームで遊んでいましたか?

しんじょう君:
 いろいろなゲームを遊んでるよー☆ 一昨年、しんじょう君の部屋をギャラリーで再現するイベントを開催したんだけど、その間も『ファイナルファンタジーXV』をずーっと遊んでたよー☆

──ほかにも今、夢中になって遊んでいるゲームは何かありますか?

しんじょう君:
 『デス・ストランディング』にめちゃくちゃハマって、毎日荷物を運びまくってるよー☆

──eスポーツ大会に出場するにあたって、須崎市長と記者会見をなさったそうですね。

しんじょう君:
 そだよー☆ 市長さんもノリノリで、リュウのコスプレをして一緒に対戦してくれたんだよー☆ それから、この間は地元のテレビ局のイベントに出て小学生と対戦したんだけど、もう容赦なくやっつけたよー☆ 。でも、その子は確か8歳で、しんじょう君は今5歳ぐらいだから、別に年上の相手に勝ってもいいと思うよー☆

──ゲームを遊ぶ時は一切手抜きをしない、まさにガチ勢なんですね……。

しんじょう君:
 普段、イベント出演で集合写真を撮る時とかには、ほかのゆるキャラたちはみんな真ん中に入りたがるのに、しんじょう君的には別に端っこでもいいやって思うんだけど、いざゲームを遊び始めるとついついムキになっちゃうんだよー☆ 一度負けたら、もう勝つまでずっとやり続けないと気が済まないよー☆

今後はeスポーツを通じて、海外進出も視野に!?

──eスポーツでのご活躍によって、最近はゲーム関連のイベント出演も増えましたか?

しんじょう君:
 おかげ様で増えたよー☆ 今月もeスポーツのイベントに呼ばれてるし、今後は海外のeスポーツ大会にも出場する予定だよー☆

──海外からもヒキがあるんですか? eスポーツ業界でもすっかり売れっ子ですね!

しんじょう君:
 最近は、外国の方からも問い合わせがくるようになって、「須崎まで行くから、しんじょう君と対戦させてくれ!」ってDMがよく送られてくるよー☆ 普通のゆるキャラちゃんは、地方の観光資源をPRするのがお仕事なんだけど、対戦ゲームが強いことでインバウンドに貢献したゆるキャラちゃんは、もしかしたらしんじょう君が世界初かもしれないよー☆

──最近はTwitterにもゲームで遊んだり、eスポーツ大会に出演中の動画をよくアップされていますよね? ファンの皆さんから、しんじょう君がゲームをプレイしているところが見たいというリクエストが、かなりあるのではないかとお察ししますが?

しんじょう君:
 そだよー☆ 公式YouTubeチャンネルのほうも、以前まではいろいろなオモシロ動画をアップしていたんだけど、今はもうほとんどがプレイ動画になっちゃったよー☆

──でも、ゲームのネタばかり投稿していると、その一方でゲームに興味がないファンは困ってしまうのではないかと思いますが?

しんじょう君:
 んー。。。そうなんだけど、いつの間にかファンの皆さんがゲームを買って、練習や勉強を始めるようになったんだよー☆ しんじょう君が最初に歌広場さんと対戦した時は、しんじょう君が相手にパンチやキックを当てても、逆に相手から攻撃を受けた時も、みんなわからないからただ叫び続けているだけだったんだよー☆
 でも、最近は真空波動拳が当たると大ダメージになるとか、ゲージをためておかないと強力な必殺技が出せないとか、ちゃんと覚えてくれるようになったよー☆

──ゲームにまったく興味がなかったファンに、自発的にゲームを理解させるアクションを起こさせてしまうとは、それってかなりの偉業だと思いますよ! 本家本元のゲームメーカーだって、毎回プロモーションには頭を悩ませながら仕事をしているんですから。

しんじょう君:
 去年、「第9回 TOPANGAチャリティーカップ」にも出場した時、スタッフの方が、「女性ファンが来て、声援を送られている選手を見たのは初めてだ」って言ってたよー☆ 何だか、eスポーツ界に新風を吹き込んだっていわれたよー☆

──今後の活動予定に eスポーツの大会に出場する予定はありますか?

しんじょう君:
 やっぱりしんじょう君はご当地キャラクターなので、まずは地元を盛り上げていくのが使命だよー☆ そのためにしんじょう君ができることは、何でもやっていくよー☆

 実はしんじょう君は、ふるさと納税のPRでもグランプリを受賞したことがあるんだよー☆ それまでは年間200万円ほどだったふるさと納税の金額が、しんじょう君がPRに協力したら、2017年には約6億円に増えて、今では14億円ぐらい集まるようになったんだよー☆ みんな、ありがとね☆ ね☆

 これからも、高知県で開催する予定のeスポーツの大会や、できればEVOとか海外の大会にも参加して、ずっと腕を磨いていきたいよー☆ 7月には、オリンピック直前に開催される「Intel World Open」にも参加する予定だよー☆ もっと強くなって、今度はウメハラさんと対戦したい☆

──しんじょう君、今日はどうもありがとう。これからも地域おこしと、eスポーツでの活躍を益々期待しています!

しんじょう君:
 こちらこそありがとうございます☆ もし、「ストリートファイターV」でしんじょう君と対戦してみたいという人は、ぜひ須崎市までに遊びに来てねー☆ 待ってるよー☆(了)


 「対戦格闘ゲームゲームがすごく強いゆるキャラがいるらしい」というウワサは、以前から風の便りで聞いていたが、「ストリートファイターV」以外にもあらゆるジャンルのゲームをやり込む、筋金入りのゲーム好きであったことには本当に驚かされた。

 今後は高知県境どころか、時には国境をも越えてさまざまなeスポーツ大会に出場し、さらに活躍の場を広げることになりそうなしんじょう君。そのパフォーマンスから、ますます目が離せそうにない。

【タイトーステーション 池袋西口店】

・住所
東京都豊島区西池袋1丁目15番9号西池ビル

・アクセス
池袋駅西口から徒歩0分!
赤いスペースインベーダーの看板が目印!

・営業時間
10:00~25:00

・定休日
年中無休

・TEL
03-6907-3560

・FAX
03-6907-3562

【この記事を面白い!と思った方へ】

 

 電ファミニコゲーマーでは独立に伴い、読者様からのご支援を募集しております。もしこの記事を気に入っていただき、「お金を払ってもいい」と思われましたら、ご支援いただけますと幸いです。ファンクラブ(世界征服大作戦)には興味がないけど、電ファミを応援したい(記事をもっと作ってほしい)と思っている方もぜひ。
 頂いた支援金は電ファミの運営のために使用させていただきます。

※クレジットカード / 銀行口座に対応

※クレジットカードにのみ対応

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧