ほぼテキストのみのシンプルな構成で、プレイヤーの想像を掻き立てる──RPGの根源的な魅力が詰まった注目作【レビュー:ナイト・アンド・ドラゴン2 – 狂乱の時代 -】

 ほぼテキストのみのゲームでありながら、TRPG風の雰囲気、自由度の高いキャラクターの育成、ハクスラ的な装備探しとそのカスタマイズなど、RPGの根源的な楽しさを不足なく盛り込んだiPhoneのスマッシュヒット作『ナイト・アンド・ドラゴン』

 多くのゲームファンに支持されたこの作品に、待望の続編が登場しました。
 『ナイト・アンド・ドラゴン2 – 狂乱の時代 -』です。

 2015年に公開された前作の正統進化といえる内容。
 システムに大きな変化はありませんが、ミッションのボリュームは前作の2倍となっており、パーティーメンバーの拡大や、時間経過でアイテムや経験値を得られる「派遣」が加わっています。

 また、ゲームバランスが見直されており、アイテムのソート機能など、インターフェイスも改良されています。
 スピーディーにテンポ良く遊べ、延々と育成や収集に没頭できるハマり度の高さは健在。
 BGMやサウンドも、今作は最初から備わっています。

 有料アプリとなっており、価格は360円
 最初から広告は取り除かれており、もちろんガチャやスタミナはありません。
 開発したのは、日本の個人制作者の方です。

 まずはキャラクターメイキングから。
 種族、信仰、そしてステータスの振りわけを行います。

 今作は種族と信仰に応じて、キャラクターに「控えボーナス」が与えられます。
 これはパーティーの「控えメンバー」にしたときに全員に適用される効果で、常に主力メンバーにするのであれば影響ありませんが、このボーナスが種族と信仰で決まるのは覚えておきましょう。

 そして重要なのは、STR(腕力)やMAG(魔力)などのステータス。
 このゲームはレベルアップしても基本ステータスは変動しないため、初期ステータスは後々まで影響します。

 最初に作るキャラクターはひとりのみ。
 他の仲間は通常、「商会」の「訪問者紹介」のコマンドで、訪れている人の中からスカウトします。
 優秀な人はそうそう見つかりませんが…… とりあえずふたり雇って、3人パーティーにしておきましょう。

 最初は商会の規模が小さいので、それ以上、所属させることはできません。
 クエストをクリアして「貢献レベル」を上げれば、所属人数は徐々に増えていきます。

 冒険者を雇って「パーティ編成」を行ったら、商会で装備を購入します。
 このゲームのレベルは武器別になっていて、剣を使って戦えば剣技のレベルが、火炎の杖を装備して戦えば火炎魔法のレベルが上がります。

 そしてレベル5になれば最初の「スキル」を習得でき、これは別の武器に変えても使用できます。
 剣技の「斬撃」を覚えれば、弓に変えても斬撃を繰り出せ、聖風魔法の「ヒール」を覚えてから氷結魔法に変えれば、氷結系を習得しながらヒールでの回復を行えます。

 それとは別に「クラス」(職業)もあって、こちらは武器レベルの最大値と、使える防具の種類に関わります。
 転職には一定の武器レベルが必要ですが、条件を満たしていれば自由に変更可能。

 物理攻撃職の「ファイター」や「ソルジャー」は魔法系の最大レベルが5しかないため、レベル10が必要な魔法は使えなくなりますが、「魔法限界UP」や「全限界UP」の効果がついた装備を身に着ければ、魔法の最大レベルを補填できます。
 最大レベルを上げる控えボーナスもあり、融通が利くゲームなので、状況に合わせて職業を変えながら、さまざまなスキルを活用していくことができるでしょう。

 準備を整えたら、いよいよ冒険に向かいます。
 メインストーリーが進行する「ミッション」と、ギルド仕事の「クエスト」がありますが、クエストをある程度クリアしないとミッションは実行できません。

 クエストを選ぶと、ちょっとしたストーリーが表示され、すぐにバトル開始。
 戦闘はリアルタイム制のコマンドバトルで、キャストバーが溜まって行動可能になったら、実行したいスキルのボタンを押します。

 キャストバーが溜まるのが速く、どんどん選んでいかないといけないので、けっこう忙しいです。
 最初は主力のコマンドが「攻撃」しかないので、それを押していれば良いのですが、範囲攻撃や回復魔法などを習得し、使いわけが必要になると混乱してしまうことも。

 ただ、今作から「ウェイティング」というシステムが導入され、誰かのキャストバーが最大になるとゲームスピードが通常の30%に減速するようになりました。
 よって、ある程度は余裕を持って選ぶことが可能。
 このウェイティングは設定で変更でき、0%にして一時的に進行を止めることもできます(ただ、ウェイティングをあまりかけないほうが、経験値は増えます)。

 職業やスキルには敵に狙われやすくなる「注目度」というステータスがあり、そのコントロールも大切です。
 範囲攻撃をバンバン連発していると後衛の魔術師でも敵のターゲットにされてしまうので、前衛が注目を集める「名乗り」などの行動を使い、敵を引き付ける必要があります。
 行動の速いキャラが敵をバシバシ殴っていたら、敵からもバシバシ殴られてすぐ倒れた、みたいなことが起こりがちなので、常にヘイト(敵対心)を考慮しましょう。

 なお、パーティーの主力メンバーは前作と同じ4人ですが、他にふたりの控えメンバーを加えた、6人での冒険を行えます。
 控えメンバーは前述したように「控えボーナス」を適用でき、さらに主力メンバーの1/2の速度ですが、習得しているスキルを自動で使ってくれます。

 主力メンバーもキャラクター名をタップすればオートにすることができ、オート時の作戦も設定可能。
 自動で手軽にプレイすることもできます。

 クエストのバトルは3戦で、3分ほどで終わります。
 勝利できれば経験値とともに、たくさんの装備を得られるでしょう。

 戦闘で得た装備には「攻撃力UP I」や「命中UP II」、「SP消費カット」や「状態異常抵抗」などさまざまな魔法効果がランダムで付いています。
 これらは戦力に大きく影響し、より強力な装備を探すのもゲームの楽しみですね。

 弱い装備も役に立たないわけではありません。効果を取り出すための素材になります。
 商会の「工房」「魔晶石錬成」を選び、同じ魔法効果、たとえば「防御力UP I」が付いた装備を3つ選択すると、それらが分解されて「魔晶石+防御 I」が作られます。
 これを効果数が最大でない装備に「魔晶石合成」すると、「防御力UP I」を付加できます。

 ゲームが進むと「SPがすぐ尽きる」や「毒を食らいすぎ」といった各キャラの弱点が見えてきますが、それをピンポイントで補うことができ、目に見えて強くなったり、使い勝手が良くなったりするので、装備を作るのが楽しくなってきます。
 キャラの基本ステータスを簡単に上げられないため、魔法効果の付加はその点でも重要です。

 合成には「コア素材」と呼ばれるアイテムも必要ですが、これはパーティーを送り出すことで一定時間後に報酬を得られる「派遣」でまとめて得られます。
 派遣では経験値も得られるので、オフライン中でもレベルアップを行えます。

 スマホのゲームなのに、ソーシャルゲームの対極に位置する作品。
 綺麗なイラストも派手な演出もありませんが、プレイヤーの想像力を働かせる作りと育成の楽しさを感じるシステムには、古典的なRPGを思い出させる良さがあります。

 『ウィザードリィ』やTRPG系の作品が好きな方に特におすすめですが、意外と万人に支持されているのは、ハクスラの楽しさの要点を押さえ、余計なものがそれを邪魔していないからでしょう。
 テンポを損ねる動画広告や、ガチャ運次第のバランスといったものはもちろん、自由なゲームプレイを阻害するややこしいルールも、ここにはありません。

 必要なものがあって、不必要なものがない。ただそれだけですが、だから面白い。
 ぜひ遊んで欲しいゲームのひとつです。

ナイト・アンド・ドラゴン2 – 狂乱の時代 –

古典RPGの楽しさを凝縮した人気ハクスラの続編

(画像はナイト・アンド・ドラゴン2 – 狂乱の時代 – AppStoreより)

・RPG
・Shinjiro NAKAGAWA(日本、個人)
・360円

文/カムライターオ

【あわせて読みたい】

【ゲーム語りの基礎教養:第一回】初代ドラクエはRPGへの逆風の中に生まれた――“ドラクエ以前”の国内RPG史に見る「苦闘」の歴史

RPGの歴史をドラクエ以前から整理して、ドラクエの画期性がどこにあったかや、ゼルダなどのアクションRPGとの関わりなどを分析する。

関連記事:

ローグライクだけどそうじゃない。育成と強化が中心のハクスラRPG『貪欲な洞窟』に続編登場【レビュー:The Greedy Cave 2】

欧米で人気の、デッキ構築型ローグライク・カードバトルRPGが登場。ソシャゲではありません【レビュー:Silent Abyss-fate of heroes】

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ