レイトン教授の娘が主人公の新シリーズ『レイトン ミステリージャーニー』1900円→960円、名作ゲームのパロディー満載の『Evoland 2』840円→120円に【スマホゲームアプリ セール情報】

 ここではスマホ(iOS / Android)のゲームアプリのセール情報をお届けしています。

 価格は当方で確認した時点のものです。急にセールが終わることもあるため、購入前には価格の確認を行ってください。
 アプリ名のリンクはiPhone ACのレビューページに移動します。

注目情報

 『レイトン』新シリーズ『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』が約半額に。

 さまざまなゲームのパロディーを満載した長編アクションRPG『Evoland 2』もiOSで120円に。

囚われのイケメンと面会しながら謎を解き明かす『囚われのパルマ Refrain』の第1章がセール。

文/カムライターオ


新着セールアプリ

『レイトン ミステリージャーニー カトリーエイルと大富豪の陰謀』
iOS 1900円 → 960円、Android 1900円 → 960円
3/5~4/2

 完結したひらめきナゾ解きアドベンチャー『レイトン』シリーズが、その娘を主人公として復活。
 往年の『頭の体操』的なひらめき問題やパズル問題が多数登場する。
 風変わりな探偵ストーリーが展開されるが、推理モノというわけではないので悪しからず。
 2018年9月に大型アップデートが行われ、ナゾがバージョンアップされた「DXモード」で遊べるようになり、衣装も多数追加された。
 今回のセールはテレビアニメ『レイトン ミステリー探偵社』にレイトン教授が再び登場する記念。
 なお、アニメは2019年3月いっぱいで完結する模様。


『Evoland 2』
iOS 840円 → 120円、Android 920円
3/6 追加

 過去がファミコン、現在がスーファミ、未来が3Dで表現された、さまざまな時代のゲームを再現したアクションRPG。
 パロディー満載のごった煮的な内容である一方、長編ストーリーが加わり、本格的なRPGに仕上がっている。
 ミニゲームの操作性に問題があったが、アップデートで改善された。

セール継続中のアプリ

『囚われのパルマ Refrain』
iOS 360円 → 120円、Android 360円 → 120円
2/28~3/25

 カプコンの乙女ゲー(女性向け恋愛ゲーム)。
 とある事件に関わって監禁されているイケメンを、カメラで監視したり面会したりなどして探り、謎の真相に近づいて…… と言うか、彼の気持ちに近づいていくサスペンスアドベンチャー。
 セールされているのはプロローグと第1章のみ。第2章から第8章、及び追加エピソードは各360円で購入する必要がある。


『60 Seconds! Atomic Adventure』
480円 → 120円 450円 → 100円
2/28 追加

 原爆投下までの60秒の間に急いで物資をかき集め、核シェルターで生き延びる、核戦争サバイバルゲーム。
 シンプルなゲームだがリアリティがあり、切迫したシェルター生活を体験できる。
 北朝鮮の核開発とミサイル発射により注目を集めていた作品。


『Elder Sign: Omens』
iPhone 480円 → 120円、iPad 720円 → 240円、Android 220円
2/20 追加

 クトゥルフ神話がテーマのダイスゲーム。4人の能力者が協力し、古き神の復活を阻止する。
 ボードゲームとダイスゲームを組み合わせたような『ソリティア』(ひとり用、および協力型ゲーム)で、目的達成はかなり難しいが、ドイツゲーム系アプリとしてのクオリティは高い。
 iOS版はiPhone用とiPad用が別になっているので注意。滅多にセールされないアプリ。


『Rush Rally 2』
iOS 240円 → 150円、Android 240円 → 150円
2/18 追加

 オフロードラリーのレースゲーム。 野山や雪原などの自然のコースを疾走する。
 トップクラスのクオリティではないが、ラリーレースらしさはある。
 現在、3作目の開発が進んでいる。


『ゲームセンター倶楽部』
iOS 720円 → 600円、Android 600円
2/12 追加

 対戦格闘ゲームが全盛期の頃の、1990年代あたりのゲームセンターを経営するカイロソフトのシミュレーションゲーム。
 格闘のミニゲームがあるのが特徴で、ゲーム交流会で腕前を磨き、ゲーム大会で好成績を収めることがお店の宣伝に繋がる。
 セールというより、少し高かったiOS版の価格が、Android版と同じにされている。


『Civilization Revolution 2』

iOS 1200円 → 600円、Android 1100円 → 550円
2/7 追加

 人類の歴史を再現した、中毒性の高い壮大なシミュレーションゲーム。
 初代『Civilization Revolution』のグラフィック強化版で、ゲーム自体はほぼ同じだが、外観は見違えるほど変化した。
 本家の『Civilization』を家庭用ゲーム機向けに改修したものであるため、初心者にはこちらのほうが取っ付きやすい。
 なお、本家の最新作『Civilization VI』のiOS版も、7400円→2400円の値下げが昨年末からずっと続いている。


『XCOM: Enemy Within』
iOS 1200円 → 600円、Android 1100円 → 550円
2/7 追加

 地球各地に侵攻を開始したエイリアンたちとの戦いを繰り広げる戦術SLGの拡張キット同梱版。
 機械化兵士や新スキルなど、育成要素が大幅に強化され、ステージも増加。
 超ヘビー級のゲームで、ライトユーザーには厳しいが、ゲーマーなら必携の作品。
 Steam版(Enemy Unknown本体+拡張キットEnemy Within+特典アイテム)の「Complete Pack」も4980円→1245円の値下げ中。


『三國志漢末霸業』

iOS 1200円 → 960円、Android 1200円
2/12~2/20 終了、2/25 再追加

 中国で作られた本格戦略シミュレーションの三国志。
 コーエーテクモの『三國志』シリーズの良いとこ取りをしているようなシステムで、日本では知られていない正史の武将も登場、データも驚くほど詳細で、「さすが本場」といえる内容。
 最近のアップデートで「三国志」が「三國志」に変わった。字が違うとストアで検索できないので注意。セール多め。

最近セールが終了したアプリ

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランドSP』
iOS 2400円 → 1600円、Android 2400円 → 1600円
2/22~3/5 終了

 モンスターを集めて育成し、大会を勝ち抜いていく、『ドラクエ』の大人気スピンオフ作品。
 ニンテンドー3DS版をスマホに移植したもので、配合(合体)によるスキル継承により自由度の高いモンスターの強化が可能。
 スマホ版には手軽にゲームを進められる「オート戦闘」や「らくらく冒険」が追加されており、新モンスターやダンジョン深部も加えられていて、かなり拡張されている。
 今回が初のセール。


『ドラゴンクエストV 天空の花嫁』
iOS 1800円 → 1200円、Android 1800円 → 1200円
2/22~3/5 終了

 『ドラクエ』シリーズの5作目。親子三代にわたって展開される物語で、歴代シリーズの中でも人気はトップクラス。
 モンスターを仲間にできるのが大きな特徴で、花嫁の選択イベントがあることでも話題になった。
 スマホ版には第三の花嫁候補がいる。
 8月2日に公開予定のドラクエの劇場映画『ドラゴンクエスト ユア・ストーリー』は、この『ドラクエV』をストーリー原案としている。


『にゃんこフリック道場』
iOS 360円 → 無料
2/25~3/3 終了

 かなり実用的なiOS用のフリック入力練習アプリ。
 キー配置を覚えられる初心者向けの出題から、日常単語を入力する実践的なコースまでそろっている。
 無料版も公開されているが、有料版がネコの日(2/22)にちなんでセール。


『Beholder』
iOS 600円 → 360円、Android 450円 → 330円
2/28~3/5 終了

 社会主義国家の国営マンションの管理人となり、住民の生活を監視して政府に密告する運営シミュレーション。
 部屋に忍び込んで監視カメラをセットする一方で、住民の困りごとを聞いて対処する管理人としての責務も果たしていく。
 課金追加ストーリー「幸福に浸る眠り」も割引。Steamでは昨年末に続編が公開された。


『Out There: Ω Edition』
iOS 480円 → 120円、Android 620円 → 100円
2/28~3/5 終了

 ローグライクな宇宙漂流サバイバルゲーム。戦闘のない『FTL』といった感じの内容。
 かなり難しいゲームだが、マップがランダム生成で何度でも楽しめる。
 アップデートでタイトルが『Ω Edition』に変わり、グラフィックが強化された。


『Million Onion Hotel』
iOS 480円、Android 480円 → 240円
2/25~3/3 終了

 タップでタマネギを消し、ラインをそろえるだけというシンプルなルールながら、妙に奥深いゲーム性と攻略難度を持つカジュアルパズル。
 雰囲気もストーリーもBGMもぶっ飛んでいる奇天烈なゲーム。
 Androidのみ半額セール。


『Titan Quest』
iOS 840円、Android 900円 → 450円
2/25~3/3 終了

 PCで2006年に発売された『ディアブロ』型のアクションRPGを、ほぼそのままスマホ/タブレットに移植したもの。
 並みいる敵をバタバタと倒しながら、美しいグラフィックの広大な世界を旅する大ボリュームの作品。
 おすすめのゲームではあるが、何度か発売元が変わっており、その度にアプリが新しくなって、最新版でプレイするには買い直しが必要になっている。


『SteamWorld Heist』
iOS 1200円 → 600円
2/12~2/18、2/22~3/6 終了

 真横視点で銃撃戦が楽しめる、ターン制シミュレーションRPG。ロボットの宇宙西部劇。
 細密なグラフィックと、障害物に身を隠しながら跳弾で敵を狙う、ユニークなシステムを持つ。
 古い西部劇映画のような演出と、雰囲気の良いBGMも長所。Steam 版からの移植。

関連記事:

あの「ナゾ解きミステリー」の大ヒットシリーズがスマホに登場、しかも高解像度化!シリーズ2作目【レビュー:レイトン教授と悪魔の箱 EXHD for スマートフォン】

MMORPGをソロプレイにしたような、生産重視の生活RPG『ファンタジーライフ』のスマホ版が、いよいよ本格始動【レビュー:ファンタジーライフ オンライン】

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧