ブラックジャックの結果を特殊カードで覆す、変わったバトルのローグライク・カードゲームが海外で人気に【レビュー:Void Tyrant】

 RPGでありながら、敵とのバトルがトランプの「ブラックジャック」。
 カード運を経験と戦術でねじ伏せる、ちょっと変わったローグライク・カードゲームがスマホに登場し、海外で人気を博しています。
 『Void Tyrant』です。

 ローグライク・カードゲームと言えば、人気作の『Slay the Spire』や、過去に紹介した『Pirates Outlaws』『Spellsword Cards: Origins』など、TCG(トレーディング・カードゲーム)を1人用にアレンジしたようなものが多いのですが、今作はこれらとは全く違います。

 数字の書かれたカードを交互に引いて、12に近い方が勝ち、というシンプルなルール。
 ゲームがわかりやすく、TCG未経験者でも問題ありません。

 もちろん単なるブラックジャックでは運任せになりますが、プレイヤーは様々な手札を使って、結果を左右することができます。
 RPGであるため、レベルアップがあり、装備があり、スキルがあり、本拠地の開発もあります。
 それらを駆使して、運否天賦のゲームを実力勝負に変えていくのがこのゲームの楽しさと言えます。

 アプリ本体は無料。ただ、無課金の状態では広告や課金アピールが、かなりうっとうしい……。
 600円の課金ですべての広告とアピールを撤去できるため、600円の有料アプリだと考えた方が良さそうです。
 現時点(2019/8)ではiOS版のみですが、Android版の公開も予定されています。

 メッセージは英語ですが、基本ルールが簡単なので、高い英語力がなくても遊ぶことができるでしょう。
 (このレビューの下部に、初期のカードの和訳を掲載しています)

 中央付近に敵とプレイヤーの「アタックゲージ」があり、その下に「ハンドカード」、すなわち手札が並んでいます。
 また、左下には「ディーラーカード」と呼ばれる山札があります。

 ディーラーカードをタップすると、1~6の数字のカードが引かれます。
 この数値分だけ、自身のアタックゲージが上昇。
 これを敵とプレイヤーが交互に繰り返します。

 アタックゲージの最大値は12(敵によっては10)で、大きい方が攻撃権を取れるのですが、最大値をオーバーしてしまうと「オーバーチャージ」、いわゆる”ドボン”や”バスト”となり、相手に攻撃権を取られてしまいます。
 そうなる前に、右下にあるストップボタンを押しましょう。

 双方がストップしたら、ゲージの多い方が、差の回数の攻撃を行えます。
 相手が8、自分が11なら、こちらが3回の攻撃を繰り出します。
 また、12でストップできればクリティカルヒットが炸裂します。

 相手よりゲージが低くても、手札でなんとかできそうなら、カードを上にドラッグして使用しましょう。
 ゲージを増やしたり、相手のゲージをリセットしたり、ハンドカードには様々なものがあります。
 次の数字を予知したり、相手のゲージ増加量を倍にしてドボンさせやすくするといった、ユニークなものも。

 ただし、カードの使用にはコスト分の「EP」が必要。
 EPは攻撃で増えますが、なくなると運任せで勝負して勝たないと回復できなくなるため、かなり不利になります。
 このゲームはEPの管理が重要なポイントです。

 しかし、手札は使わなかったらずっと残るので、惜しんでいると欲しいカードがなかなか来ないということになります。
 手札はラウンドごとに上限まで補充されるので、EPに余裕があるなら、カードはどんどん使った方がデッキの回転を早められます。

 要らない手札は下にドラッグして破棄でき、新しい手札に交換できます。
 捨ててもカードは消えるわけではなく、山札が尽きると捨て札がシャッフルされて新たな山札になるので、いずれ手元に戻ってきます。
 ただし、デメリットなしで手札の破棄を行えるのは1ラウンド1回まで。
 2回以上はEPを消費するため、いくらでも入れ替えできるわけではありません。

 相手よりゲージが低いのにストップすると、ストップボタンが盾のマークに変わり、「ガード」になります。
 若干ダメージが軽減され、EPも少し回復します。
 EPが尽きているときは無理してドボンするより、無難に防御した方が良いことも多いでしょう。

 このゲームはスターウォーズのような世界観になっていて、主人公は様々な惑星を渡り歩きながら、その先のカオスピラミッドにいる帝王「Wruut」に挑みます。

 氷の惑星や炎の神殿、廃棄された大型船など、特徴的なエリアが用意されていて、それぞれに手強いボスが登場。
 各エリアで5回ほどの戦闘が起こりますが、移動シーンで寄り道したり、洞窟や次元の裂け目などに入って特殊ゾーンに進むと、戦いの数はかなり増えます。

 特殊ゾーンには厄介な敵や、固有の中ボスがいたりして、慣れていないと苦戦は必至。
 しかし、そこでしか得られないドロップアイテムがあり、経験値も多く得られるため、行っておいた方が後半がラクになる……かもしれません。

 経験値が貯まってレベルが上がると、ステータスが増え、新たなカードを得られ、手持ちのカードを強化でき、さらにスキルも修得できます。
 新カードやスキルはふたつ提示され、どちらか一方を選ぶ、おなじみの形式。

 ただし、ヒーローは冒険ごとに変わります。
 倒れても帰還しても、次の冒険は別のヒーローで旅立つことになるので、レベルやスキルはリセットされ、カードや装備も元に戻ります。

 しかし稼いできたゴールドはそのまま残ります。
 そのお金で町の施設を強化すれば、ステータスの底上げや、初期装備の改善をすることが可能。
 ゲームが進めば、前の冒険で得たカードやスキルを引き継ぐこともできるようになります。

 また、最初は戦士しか使えませんが、酒場で請けられるクエストを達成すると、プリーストやデュエリストといった新たなヒーローを使えるようになります。
 職業が変われば登場するカードやスキルも変化。
 魔法カードを主力とするプリーストは、戦士とはまったく違う戦い方をしなければなりません。

 最初のうちはコツがわからず、運任せに数字カードを引いて、ドボンを連発するかもしれません。
 また、各エリアのボスは初心者にはかなり手強く、即死級の連続攻撃を繰り出してきたりするので、なかなか先に進めないかもしれません。

 でも、繰り返しているうちに攻略法が見えてくるはず。
 基本ルールがブラックジャックであるため、運が悪すぎてどうしようもないときもありますが、経験と運で突破していくゲーム性は、まさにローグライクのそれと言えるでしょう。

 1回ごとのプレイで終わりではなく、町の開発による長期的な育成があり、割とテンポ良く強化していけるので、RPGらしい育てる楽しさがあるのも良いですね。
 演出のクオリティも、この手のゲームとしてはかなり高レベルです。

 比較的シンプルでわかりやすいのに、奥の深さを感じる作品。
 適度な難しさと相まって、かなりハマれるお勧めのアプリです。


【 ちょこっと攻略 】

 序盤から中盤にかけて見られるカード、装備、スキルの効果の和訳を掲載しています。
 これで全てではありませんが、プレイの参考にして頂ければと思います。
 カード名の後の数字はコスト(消費EP)です。
 効果の一部(威力など)はカードのグレードで変化します。

= 基本カード =

・共通カード

 Master Of Tools:5:次のラウンド終了まで装備カードのコストが0になる。
 Shuffle:5:手札と捨て札を回収してデッキをシャッフルし、引き直す。
 Plus 1:5:自身のゲージを1増やす。
 Plus 2:5:自身のゲージを2増やす。
 1-3:5:自身のゲージを1~3増やす。
 1 or 10:5:自身のゲージが1か10増える。2のときに使うと良い。

・ナイト用カード

 Blood Nebula Strike:15:勝利時、攻撃ごとに4HPを回復。クリティカルなら5HP。
 Shove Back:20:敵のゲージをリセットする。さらに勝利時、攻撃回数を+1。
 Sucker Punch:10:5ダメージを与え、dazed(放心、手札使用不可)にする。
 Kick:10:6ダメージを与え、unbalanced(アンバランス、ゲージ増加量2倍)にする。
 Battle Cry:20:この戦闘が終わるまで1ダメージボーナスを得る。
 Power Surge:15:全EPを消費し、勝利できれば消費したEP9あたり1回の攻撃を追加。
 Unstoppable Fury:15:3ラウンドの間、引き分けだと攻撃1回分の勝ちになる。またstunned(スタン)とdazed(放心)に抵抗する。
 Amass Anger:20:このバトルで次にドボンしても無かったことになる。さらに4ダメージボーナスを得る。

・プリースト用カード

 Life Essence:15:このラウンドの攻撃で増えたEPの半分だけ、HPも回復する。
 Blinding Flash:25:10+magicの雷ダメージと、blind(盲目、ゲージが見えなくなる)を与える。
 Fire Ball:25:10+magicの火ダメージと、burning(炎上、ラウンドごとに4ダメージ)を与える。
 Icy Mist:25:10+magicの氷ダメージと、50%の確率でfreeze(氷結、2ターン後に行動終了)を与える。
 Corrosive Growth:20:10+magicの自然ダメージを与え、アーマーも低下させる。
 Holy Vengeance:25:10+magicの聖ダメージを与える。自身の状態変化の数x2だけダメージを追加。
 Umbral Leech:25:10+magicの闇ダメージを与え、このラウンドの敵のEP増加を止める。
 Prayer:10:このラウンドのEP入手量が2倍になる。
 Divine Blessing:10:3ラウンドの間、ラウンドごとにEP+5。
 Protective Seal:20:このバトルで次にドボンしても無かったことになる。さらにEPが5回復。

・他のアイテム / 呪いカード

 Shield Bash:10:勝利時に攻撃回数+1。もしシールドを持っている場合、その攻撃はクリティカルとなる。
 Incense Pot:10:3ラウンドの間、マジック+3。

 Scroll of ○○:使い捨て:○○属性の魔法ダメージを敵に与える巻物。
 ○○ Strike Idol:使い捨て:5ラウンドの間、ダメージボーナスを得て、全ての攻撃を○○属性にする彫像。
 Artifact Crate:使い捨て:手札をすべて捨て、ランダムに巻物と彫像のカードを持てるだけ得る。

 Curse Of One Tied Hand:戦闘終了まで、敵は1を引く度にdazed(放心、手札使用不可)になる。
 Curse Of Five Daggers:戦闘終了まで、敵は5を引く度に5ダメージを受ける。

= ミステリーパック =

※ボスの勝利時や前回の冒険の実績で入手。無課金の場合、開けるのに広告視聴が必要。

 Plus 1:使い捨て:自身のゲージを1増やす。
 Plus 2:使い捨て:自身のゲージを2増やす。
 Plus 3:使い捨て:自身のゲージを3増やす。
 Emergency Kit:使い捨て:手札をすべて捨て、持てるだけの+1~+3のカードを引く。
 Guiding Sprite:使い捨て:自身のゲージを12にする。
 Shadow Clone Prism:使い捨て:このラウンドで使う次のカードは効果が2連続で発揮される。
 Wisdom Dust:使い捨て:このバトルで得られる経験値2倍。
 Might Booster:使い捨て:ラウンド終了まで5のダメージボーナス。
 Swiftness Booster:使い捨て:ラウンドの勝利で攻撃回数+3。
 Health Looper:使い捨て:HPを現在値の2倍にする。
 Energy Looper:使い捨て:EPを現在値の2倍にする。
 Super Potion:使い捨て:HPを全快する。

= 装備(ギア)カード =

※武器カードの効果は通常、使ったラウンドで勝利した時に発生。

・一般近接武器

 Simple Knife:10:2ターンのbleeding(流血、毎ターン4ダメージ)付きの攻撃を追加。
 Shortsword:10:3ターンのbleeding付きの攻撃を追加。
 Broadsword:10:5ターンのbleeding付きのクリティカル攻撃を追加。
 Laser Dagger:10:火:アーマー貫通の攻撃を追加。次のラウンド終了まで相手のアーマーが減少。
 Laser Blade:10:火:アーマー貫通のクリティカル攻撃を追加。次のラウンド終了まで相手のアーマーが減少。
 Fencing Sword:10:クリティカル攻撃を追加。敗北時は攻撃を1つブロック。
 Hand Axe:10:Lethal Wound(致命傷、相手のMax HP減少)付きの攻撃を追加。
 Battle Axe:10:Lethal Wound付きのクリティカル攻撃を追加。
 Hammer:10:3ターンのFracture(骨折、攻撃力半減)を付加するクリティカル攻撃を追加。
 Vine Whip:10:自然:3ターンのentangles(絡み、手札に邪魔なカードが混じる)付きの攻撃を追加。
 Unarmed:5:普通の攻撃を追加。単なるパンチで、何かの影響で武器が使えないときにこれになる。

・一般の杖(魔術師向け近接武器)

 Wooden Staff:10:自然:10EPを回復する攻撃を追加。常時、攻撃で回復するEPが+1。
 Acolyte Staff:10:聖:10EPを回復する攻撃を追加。常時、攻撃で回復するEPが+3。
 Pantheon Staff:10:聖:10EPを回復する攻撃を追加。常時、攻撃で回復するEPが+5され、攻撃属性がランダムになる。

・ロッド(魔術師向け間接武器)

 Acolyte Rod:10:聖:5EPを回復するクリティカル攻撃を追加。常時、攻撃で回復するEPが+3。
 Fire Rod:10:火:5EPを回復するクリティカル攻撃を追加。常時、攻撃で回復するEPが+5。
 Bolt Rod:10:雷:5EPを回復するクリティカル攻撃を追加。常時、攻撃で回復するEPが+5。

・一般間接武器

 Small Laser Shooter:10:火:アーマー貫通の攻撃を追加し、次のラウンドは相手のアーマーが減少。
 Laser Pistol:10:火:アーマー貫通の攻撃を追加し、次のラウンドは相手のアーマーが減少。
 Laser Rifle:10:火:アーマー貫通のクリティカル攻撃を追加し、次のラウンドは相手のアーマーが減少。
 Blackmoon Pistol:5:闇:HP吸収攻撃を追加。
 Icecaster:10:氷:半々の確率で敵にFreeze(2ターン後に勝手に行動終了)を付加する攻撃を追加する。

・一般防具

 Squire Boots:常時:相手がドボンするとダメージボーナス。
 Knight Boots:常時:相手がドボンすると大きなダメージボーナス。
 Fine Boots:常時:クリティカルヒットにダメージボーナス。
 Duelist Boots:常時:クリティカルヒットに大きなダメージボーナス。
 Rocket Boots:15:自身のゲージがその場で2倍になり、相手のゲージは半分になる。
 Ceremonial Boots:20:すべてのマイナス効果を除去する。

 Acolyte Sandals:特殊効果なし。(Magicがアップ)
 Priest Boots:特殊効果なし。(Magicがアップ)
 Snow Boots:特殊効果なし。(アンバランスに抵抗)

 Squire Gloves:常時:相手がドボンするとダメージボーナス。
 Precision Gloves:常時:全てのクリティカルダメージがアップ。
 Executioner Gloves:常時:近接クリティカルダメージが大アップ。
 Sharpshooter Gloves:常時:間接クリティカルダメージが大アップ。

 Squire Breastplate:常時:相手がドボンするとダメージボーナス。
 Acolyte Robe:特殊効果なし。(Magicがアップ)
 Cloak Of Evasion:10:敗北時、一定の確率で攻撃を回避。

 Buckler:10:左手装備。敗北時、敵の攻撃を1つブロック。
 Shield:10:左手装備。敗北時、敵の攻撃を2つブロック。

・ドロップ装備 / レア装備

 Stun Baton:10:雷:近接武器。敵にdazed(放心、手札使用不可)を付加する攻撃を追加。クリティカルの場合、敵にStunned(スタン、放心+引き分けだと負け)を追加する。
 Dagger Of Mercy:5:近接武器。敵に呪いを与える攻撃を追加。
 Cyclopean Sawblade:10:闇:近接武器。敵にFracture(骨折、攻撃力半減)を付加するか、アーマー減少効果を付加するクリティカル攻撃を追加。
 Mainframe Cord:10:雷:近接武器。敵に2ターンのelectrocutes(感電、ディーラーカードを引く度に4ダメージ)を付加する攻撃を追加。
 Aghar’s Tooth:15:火:近接武器。敵にengulfed(火だるま、毎ラウンド6ダメージ。一定確率でburningに変化)を付加するクリティカル攻撃を追加。
 Thorn Flail:10:自然:近接武器。3ターンのFracture(骨折、攻撃力半減)を付加するクリティカル攻撃を追加。さらに、引くとダメージを受けるカードを相手のデッキに3枚混ぜる。

 Jury-Rigged Plasma Pistol:5:火:間接武器。攻撃回数が2倍。使ってドボンすると武器が壊れ、自身が15の火属性ダメージ。
 Mainframe Coil:10:雷:間接武器。勝利時に2ターンのelectrocutes(感電、ディーラーカードを引くごとに4ダメージ)を付加するクリティカル攻撃を追加。

 Crystal Wand:0:左手装備。EPが10回復。
 Flux Wand:5:左手装備。2ラウンドの間、敵の行動決定時、敵のゲージが1~3下がる。
 Bone Dagger:10:左手装備。infection(感染、炎・毒・胞子のダメージ2倍)を付加する攻撃を追加。
 Gergus’ Translocator:10:左手装備。双方のゲージを0にする。また、双方のEPが平均化される。
 Mainframe Brain:10:左手装備。このラウンド終了まで、カードを10枚、EP消費なしで捨てられる。
 Ilucica’s Wand:5:左手装備。8+magicの氷属性ダメージを与える。さらに敵の状態変化の数だけ8+magicの氷属性ダメージを加える。

 Haubergeon Of Thorns:20:鎧。3ラウンドの間、アーマーが2上がり、敵の攻撃に対し4の自然属性ダメージを返す。
 Ilucica’s Mittens:15:小手。攻撃が氷属性になり、5のダメージボーナス。
 Gloves Of Pyromancy:25:小手。手札を全て捨て、同数のConjured Blazeのカード(12+magicの火属性ダメージを与える。使い捨て)を得る。
 Ilucica’s Boots:15:靴。勝利時、相手がfrozen(凍結、2ターン後に行動終了)となる。

 Energy Shard:使い捨て:10EP回復。
 Energy Crystal:使い捨て:20EP回復。
 Cactus Lemonade:使い捨て:3ラウンドの間、4のダメージとアーマーのボーナス。さらにダメージ25%減。
 Unstable Grenade:使い捨て:勝利時、敵に30ダメージ。負けると自身が5ダメージ。引き分けだと手元に戻る。
 Gergus’ Poison Grenade:使い捨て:勝利時、敵に20ダメージ+Poison(毒、3ラウンドごとに3ダメージ)を与える。引き分けだと手元に戻る。
 Blackheart Elixir:使い捨て:3ラウンド、与えたダメージの半分のHPを回復する。
 Darkspirit Elixir:使い捨て:3ラウンド、与えたダメージの半分のEPを回復する。

= スキル =

 Adaptable:入手経験値+10%
 Battle Meditation:引き分け時に5EPを追加で得る
 Blade Adept:近接ダメージ+1、bleeding(流血)による敵のダメージ+3
 Blessing Of Anput:敵の回復量を半減させる
 Blessing Of The Blood Nebula:クリティカル攻撃をする度にHP+2
 Brawler:近接攻撃のダメージ+1
 Channeler Of Yurmindu:Energy Shard と神殿のEP回復量が50%増
 Defender:防御時のダメージ軽減量が2から4になる。
 Druid:自然属性の与ダメージ+2、自然属性の被ダメージ30%軽減
 Fast Learner:入手経験値+15%
 Firetamer:火属性の与ダメージ+2、火属性の被ダメージ30%軽減
 Frostbreather:氷属性の与ダメージ+2、氷属性の被ダメージ30%軽減
 Greater Smite:攻撃2回分の勝利時、聖属性のクリティカル近接攻撃を1つ追加
 Hit Where It Hurts:近接クリティカル攻撃のダメージ+2
 Inner Divinity:毎ラウンド1EP回復
 Knight Of The Blood Nebura:薬と神殿による回復効果が+50%
 Lesser Smite:攻撃1回分の勝利時、聖属性の近接攻撃を追加
 Lightbringer:聖属性の与ダメージ+2、聖属性の被ダメージ30%軽減
 Loyalty Card:ショップが25%割引
 Making My Own Luck:2枚のランダムな数値修正カードがデッキに加わる
 Marksman:間接攻撃のダメージ+1
 Multitasker:シャッフルカードをデッキに加える
 Night Vision:darkness(暗闇)を無効化
 Organized:カード破棄のコストが3EPずつではなく、2EPずつ増えるようになる
 Quick Draw:武器スピード+1(デッキの武器カードが1枚増える)
 Shadowcaster:闇属性の与ダメージ+2、闇属性の被ダメージ30%軽減
 Shieldbearer:シールドのブロック数+1。シールドのアーマー値を+1
 Shining In The Darkness:闇と氷のダメージを25%軽減し、呪い耐性25%
 Thick Skin:アーマー+1、Bleeding(流血)耐性50%
 Thick Skull:アーマー+1、Stunned(スタン)耐性25%、dazed(放心)に抵抗
 Thundersinger:雷属性の与ダメージ+2、雷属性の被ダメージ30%軽減
 Vigorous:レベルアップ時のMax HP増加量が+3
 War Prayers:魔法攻撃のダメージ+2

Void Tyrant

特殊カードの付いたブラックジャックで戦うカードバトルRPG

(画像はVoid Tyrant – AppStoreより)

・ローグライク・カードゲーム
・開発:Quite Fresh(イギリス)
・公開:Armor Games(アメリカ)
・本体無料、広告あり。広告の全除去600円。

文/カムライターオ

【この記事を面白い!と思った方へ】

 

 電ファミニコゲーマーでは独立に伴い、読者様からのご支援を募集しております。もしこの記事を気に入っていただき、「お金を払ってもいい」と思われましたら、ご支援いただけますと幸いです。ファンクラブ(世界征服大作戦)には興味がないけど、電ファミを応援したい(記事をもっと作ってほしい)と思っている方もぜひ。
 頂いた支援金は電ファミの運営のために使用させていただきます。

※クレジットカード / 銀行口座に対応

※クレジットカードにのみ対応

【あわせて読みたい】

 

敵もカードを出して戦う、ゲームブックのような渋い雰囲気を持つローグライク・カードゲームが登場【レビュー:Spellsword Cards: Origins】

 既存の作品とは異なるシステムと、ゲームブックを思わせるレトロな雰囲気を持つ、新たな作風の「ローグライク・カードゲーム」が登場し、海外で評判になっています。
 『Spellsword Cards: Origins』です。

著者
『Ultima Online』や『信長の野望 Online』、『シムシティ4』など、数々のゲームのファンサイトを作成してきた。
iPhone 解説サイト『iPhone AC』を経て電ファミニコゲーマーのお世話に。
シューティングとシミュレーションが特に好き。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧