未来から来た殺人サイボーグだけど禁酒法時代のギャングのやり方に学んでみた。『エンパイア・オブ・シン』レビュー

1

2

「お前ワルいゲーム好きだろ?」って言われた

 1920年代、アメリカ・シカゴ。悪が渦巻く禁酒法の時代を舞台に、プレイヤーは全14人いるギャング/マフィアのボスからひとりを選択し、暗黒街を牛耳る……。それがこのたびセガから発売されるPS4/Nintendo Switch用ソフト、『エンパイア・オブ・シン』の目的だ。

 おいっす。殺人サイボーグVTuberのマシーナリーとも子よ。今回はなぜか電ファミニコゲーマーから

「殺人サイボーグのアンタなら、このワルのゲームのレビューをいい感じに書くことができるだろう……」

 という依頼が来たので、10~15時間くらい遊んだインプレッションってやつを書いていくぜ。しかしなんて言い草だ。人類を殺すことは人類にとっては悪かもしれないけどサイボーグにとっては自然で、むしろ徳が高いことなのに……。まあギャラがもらえるのでやりますが。私はコレ(親指と人差指で輪を作る)さえもらえればなんでもやる傭兵VTuberだからな……。
 えーっと開発会社は……Romero Games? 創業者John Romero? えっ? あのジョン・ロメロ【※】かい? ソソるじゃないか……。

※ジョン・ロメロ
ジョン・D・カーマックらと共にid Softwareを設立し、『Doom』や『Quake』『Wolfenstein』のゲームデザインを手がけたFPSの生みの親。

文/マシーナリーとも子


ケンカで金を稼ぎ、稼いだ金で投資してもっと金を稼ごう

 というわけでゲームスタート。まずはプレイヤーの分身となる「ボス」をセレクトする。ちなみに試遊はPS4版で行っているので、もしかしたら多少Switch版と異なるところもあるかもしれないがあしからず。

プレイヤー選択画面。なんせ14人もいるのでけっこう迷う。

 どうやらボスごとにユニークスキルや組織の得意なことなどが異なるようだ。その中にはかの有名なアル・カポネもいる。うわー! 知ってる! アルカトラズ! アルカトラズだろ! それしか知らない。
 ほかにも数名実在の人物が混じっているようだが私は詳しくないのでわかりませんでした。カポネにも惹かれるものがあるが、ここはゲーマーらしくスキルで選んでみることにするぜ!

口から毒ガスを噴射するメキシコの肝っ玉母ちゃん

 チョイスしたのはメキシコから来た赤いおばあちゃん、エルヴィラ・デュアーテ

 「なんでカッコいいオッサンでもキレイな姉ちゃんでもなくバアさんを!?」と思われるかもしれないが、キメ手になったのはボスアビリティの「悪魔の吐息」だ。なんでも敵キャラを洗脳して味方にできるうえに、そいつは毎ターンごと毒ダメージを食らって最後には死ぬらしい。最強じゃん。禁酒法時代のばあちゃんってそんな強かったんだな。
 私は『スカイリム』でも旅立った途端に死霊術を学んでネクロマンサーごっこをして遊んだし、仲間同士で潰し合うのを安全なところから見るのが大好き。初プレイはこいつでキメよう。

おもむろに近所のバーに近づくエルヴィラ婆。なにをするつもりだ

 さあここからなかなかボリュームあるチュートリアルが始まる。なにせこのゲームはアクションゲームでもFPSでもなくまあまあ複雑なシミュレーションゲームなんだ。なので割と覚えることがあるっぽい。

言われるがままにボタン押してたら婆さんが一人っきりでギャングの巣窟に飛び込んだ。無敵か?

 と思ったら敵マフィアが所持する酒場に単身突撃するエルヴィラ婆さん。こ、このババア血の気が多すぎる……! メキシコから亡命してきたらしいんだけど、ついてきた部下とかいないのかよ。

柱や壁の裏に隠れると敵からの命中率が下がるので、コソコソ隠れながら撃つべし

 本作の戦闘システムはターン制ストラテジー……というらしい。こういう、マップ上でユニットをチェスみたいに動かして攻撃したりするヤツ。「これ系のゲームあるけどなんて呼ぶんだっけ」って迷ったのでググって調べました。アレです。なんかその……『バトルロボット烈伝』みたいなシステムです。伝わらねえか。

 基本的にすべてのキャラクターにアクションポイントが2割り振られており、それを用いて移動したり銃を撃ったりスキルを使ったりリロードしたりして敵を全滅させれば勝ち。
 戦闘には「カバー」の概念があり、壁や柱の裏に隠れることで被弾率を大きく下げることができるので、自分の射線を通しつつ敵からは撃たれにくい場所を確保するのが肝。『エーペックスレジェンズ』と同じだな。強位置を探せッッ

制圧した建物では商売を始められる。スタッフはどこからともなく湧いてくる。ふしぎだね

 カチ込んだ施設のワルどもを全員殺せば施設を乗っ取り、自らの収入源とすることができる。ほかにも空きビルを購入することで自分の施設を増やすこともできるが、当然序盤はそんな金は無い。そのため、ひたすらカチコミを繰り返しては奪取を繰り返すという死ぬほどガラの悪い展開が繰り広げられる。やってることがギャングというより不良っぽい!!!

 敵対施設には他組織が運営している施設とモブ暴漢が占拠している施設があり、後者の方が攻略は簡単だがモブ暴漢はただ住んでいるだけなので改装にお金がかかる。他組織の施設は、護衛が強力で攻略は難しいが、例えばカジノを攻め落とした際は、カジノとして運営するなら看板だけ変えてノーコストで経営を始められたりとメリット/デメリットが存在する。

 占拠した施設は商売を始められるほか、ぶち壊したり家探しして荒らしたりなども可能。

警備を強化しないと速攻でほかの奴らに奪われるのでとりあえずパワーアップさせておきたい

 手に入れた施設には好きな名前がつけられるので、池袋の飲み屋の名前を勝手につけてみた。池袋には昼から飲める店がたくさんあるんだぜ。
 ほかにも醸造所に近所の酒屋の名前をつけてみたり、カジノによく行くゲーセンの名前をつけてみたりしたんだけど、冷静に考えたら不名誉で迷惑な気がするので記事に出すのはやめておきます。

 各施設は金を払うことで警備や施設の質をアップさせることも可能。こうして金を儲けるのだ。ただし、評判を上げすぎると警察に摘発されるリスクも高まるっぽい。そういうときは警察に賄賂を渡してなんとかするのだ。

 基本は醸造所で酒を作り、酒場やカジノ、下宿に流通させて金を稼ぐのが王道っぽい。

なぜかホテルには周囲の用心棒やら殺し屋やらとワルどもばかりが泊まる。この街にはマトモなヤツぁいないのか?

 作れる物件のうち、ホテルだけは直接的に収入を生み出したり、警備をパワーアップさせたりはできない。だが周辺地域にバフをかけることができるのでまあまあ重要っぽい。建てると、なぜか雇用可能な殺し屋、用心棒などからのレビューが届くのが笑える。じゃらんか?

チュートリアルで部下になるトミーとマリア。ダラダラ側近として連れ回してるといつのまにかふたりで付き合い始めたりする。私の見てないとこでなにやってんだ?

 ほかにもギャングに金を払って構成員として雇ったり……。

思ってもないキレッキレの返しをしてくれるエルヴィラ婆。この文句を言うためだけにバイリンガルになりたくなってきたな

 弱小マフィアにケンカを売ったりといったところでとりあえずのチュートリアルが終了。ようするに「ケンカで金を稼ぎ、稼いだ金でもっと金が稼げるように投資するゲーム」ってことだな。理解した理解した。じゃああとは好きにやらせてもらうぜ。

チュートリアルに付き合ってくれる謎の男。ラスボスかもしれん

冷たい土の中で気づいた! ギャングの鉄則

多数のハゲたモブ暴漢が巣くう廃墟。全員始末すれば商売を始められる。心情的には別に鉄砲玉として雇ったりしてもいいんだけど、システム上倒すしかないから仕方がないね

 側近をふたり雇ったのでガンガン近所の施設になだれ込み、モブ暴漢を射殺して商売の規模を広げていくエルヴィラ婆。お年を召している割にほかのキャラに比べやたら体力に優れ、射撃の腕も一流と異常に戦闘力が高く、完全に戦闘力の要となってしまっている。マフィアのボスなのに常に最前線にいる元気ババアになってしまった。

 ほんとは拠点に待機させておいて血なまぐさいことは部下に任せ、優雅に酒場に投資したりほかのボスと交渉しているほうがギャング・ボス・ババアロールプレイとしては楽しいと思うんだけどこればかりは仕方ない。あまりにもエルヴィラ婆は強すぎる。ネオ・ジオンのシャアばりに前線にバリバリ出てもらうことにする。

「悪魔の吐息」はほぼ必中で雑魚を味方にできるスゴ技。実質即死技みたいなものでものすごく強い。移動距離も長い

 エルヴィラ婆をプレイヤーキャラに選ぶ要因となった「悪魔の吐息」だがコイツがべらぼうに強い。敵ひとりを洗脳するということはこちらの戦力が増えるというだけでなく、相手の戦力が減るということでもある。このゲームの戦闘はだいたい敵味方あわせて10人前後で行われるので、ここでプラス1マイナス1されるのは非常に大きい。命中率もかなり高く、ボスキャラ相手でなければほぼ確定でキマる。もしかして強キャラだったのかなこのババア。

初月から給料の支払いが滞ってしまった。恥ずかしいよ

 そんな感じで調子に乗って物件を増やしまくっていたら、「物件の維持費はかかるのに儲けがぜんぜん出てない」状態となりスカンピンに。部下への給料支払が滞ってしまった。やばいやばい、転職されちゃうしSNSに悪評を書かれて炎上してしまう! 違うんだもうすぐ金は払うから!

かなりケンカっぱやい協勝堂。このあとも宿命の敵として常にバチバチやることになった

  慌ててたらチャイナタウンから中国マフィアの協勝堂がケンカを売ってきた。いまそれどころじゃないんだけど?

やたらこまめに連絡してくる協勝堂。電話でやりとりしてるんだろうか。仲良しか?

 タイミング悪くて腹が立つので、文句をつけてくるたびに「クソくらえ!」することにした。ところでこのゲーム、翻訳はけっこういいですね。日本語として不自然さが無い、それでいて汚い語彙がいろいろ見られる。

 やたらケンカを売ってくる協勝堂がムカつくな~と他組織との外交画面を眺めていたところ「宣戦布告」なるコマンドを発見。これを選択すると牽制のやり合いは終わり、正式に互いの組織で殺し合う「戦争」が始められるようだ。なので速攻でツブしてやることにした。

早く消したい気持ちが私に開戦を決意させた
開戦すると頻発するモブ同士の戦闘。拠点にネームド部下を配置しておくと強力だが序盤は手が足りない……

 そんなわけで各地で我らがエルヴィラ婆率いる「ロス・ルセロス」と「協勝堂」の小競り合いが始まる。このゲーム、敵組織はガンガンモブキャラを遠隔指示してこっちの施設に襲いかかってくるんだが、こっちはネームドキャラにしか指示を出せないので攻められるとけっこうツラい。
 施設には護衛のモブキャラもいるんだけど非常に弱く、数で上回られるとまず勝てないのでキツい。そうか、施設の数を増やすよりもまずある程度手持ちの施設を盤石にしておくことが先決だったのか……? 維持費もかかるから運営施設を悪戯に増やすと財布が空になって部下に給料も払えなくなる……。成長戦略はもっと堅実に行かないとダメだったか。

相手を潰せる見立てもないし、マジで利益がないなこの戦争……と思ってたところに休戦の申し出が来た。お互い疲れたよな、サイモン

 そしてモブキャラ同士でダラダラと延々続く小競り合い。これは、これは辛い。なにが辛いって襲いかかられた施設を命からがら防衛したとしても、マイナスがゼロになるだけで得るものが無いのだ。ただただ徒労だけが募る。あとモブキャラ同士の戦闘って命中率が50%を切ることが多くて時間がかかる。チクショウ、こんな争いはウンザリだ! イライラするとともにこのとき、私は一種の気づきを得つつあった……。

 そんなとき、協勝堂から休戦依頼が発せられる。疲れているのは私だけじゃない。敵もそうだったのだ。

敵トップとの交渉場面。ほかにも「あの組織とケンカをするのはやめてくれ」と持ちかけられたりいろんなパターンがある

 そうだ、こんな小さな組織同士で潰し合ってもいいことなんて無い。休戦協定を結ぼう。互いに身の程を知って、ネチネチやっていこうじゃないか。いまここに、ロス・ルセロスと協勝堂の休戦が宣言されたのだ。

「攻撃されたら嫌なのはいつですか?」「今です」油断したなサイモン

 ……なんて言うと思ったかボケッッッ! 誰が休戦なんかするか! お前が居なくなればすべては解決するんじゃい! とボスのサイ・ウィン・モックが眠るセーフハウスにエルヴィラ婆さん自ら突撃! 敵は休戦協定を結んだと思って安心しきっている! 文字通り寝首をかいてやるぜ!!!

 あっ あっ 本拠地の護衛つよい

~完~

1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ