キムタク演じる主人公のカッコよさにふたたび浸る! 『ロストジャッジメント:裁かれざる記憶』発売直前にその勇姿をまとめてみた

 『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』は、2021年9月24日に発売予定のリーガルサスペンスアクションゲーム。2018年12月に発売された『JUDGE EYES:死神の遺言』のゲーム内容を踏襲しつつ、さらなるパワーアップを果たしている注目作だ。

 本作最大のセールスポイントは、なんといっても主人公である八神隆之を木村拓哉が演じている点だろう。編集部ではセガより発売に先んじてプレイできる機会を得たので、本稿では実際にプレイしてわかった『LOST JUDGMENT:裁かれざる記憶』のゲーム内容や魅力となる部分を紹介していこう。合わせて、木村拓哉のかっこよさをより多くの方に知っていただくべく、八神のさまざまなシーンをスクリーンショットで掲載していく。

文/電ファミニコゲーマー編集部


すべてがパワーアップしたリーガルサスペンス大作

 本作は、探偵である八神隆之を操作して、隠された真実を探るアクションアドベンチャーゲーム。

 前述のとおり、主人公の八神を演じるのは、誰もが知る俳優の木村拓哉氏。見た目だけではなく、ボイスもすべて木村氏が演じているのが特徴だ。

 ある日、横浜にある高校でイジメの調査をしていた八神は、かつての同僚である城崎さおりから、とある殺人事件を調査する依頼を受ける。

 八神はその事件に隠された真実を暴くため、さまざまな場所へ調査に向かう……というのが本作のおもなあらすじとなっている。

 八神は我流のカンフーの使い手であり、その実力はかなりのもの。ときには、ヤクザや不良たちと拳を交えることもあり、多彩かつ爽快なアクションで戦うことができる。

 物語のおもな舞台となるのは、横浜・伊勢佐木異人町。『龍が如く7 光と闇の行方』の舞台としても登場したこの街を、今度は八神が走り回ることになる。ちなみに、前作の舞台として登場した神室町も引き続き登場する。

 ゲーム内容は、そのすべてがパワーアップ。本作の魅力のひとつであるバトルシーンでは、前作に登場した“円舞”“一閃”のバトルスタイルに加え、“流(ながれ)”という新スタイルが登場。この流では、敵を投げたり、持っている凶器を弾き飛ばしたりと、投げ技やからめ手に特化したアクションが行える。

 さらに、“恐れ状態”となった敵に流のスタイルで接近すると、“EX・サレンダー”という新アクションが使用可能に。これは相手を降参状態に追い込むもので、どれだけ相手に体力が残っていたとしても、EX・サレンダーを決めれば問答無用で戦闘不能にできる。

 そのほか、円舞と一閃のアクションも見直され、円舞はより多数の敵を一度に攻撃できるように。一閃は、タイマン時にさらに特化した戦いができるようになった。これに流も加わり、状況に合わせてスタイルを切り換えて戦うという本作のバトルの爽快感はより一層アップしている

 バトルシーンと同様、調査パートにも新要素が目白押しだ。八神はかつて敏腕弁護士として活躍していたが、現在は探偵業を営んでいる。依頼によっては、尾行や証拠写真の撮影、ターゲットを追いかける“チェイス”など、さまざまなアクションで調査を行うことになる。

 壁やパイプなどをつたってフィールドを移動する“アスレチック”、警備員や見張りに見つからないように目的地まで移動する“スティール”といった新アクションが追加され、より奥深い調査が楽しめるようになった。

 さらに、探偵仲間となった九十九(つくも)が開発した“探偵ガジェット”の存在もおもしろい。この探偵ガジェットには、ごくわずかな音もキャッチできる“集音器”や、盗聴器や盗撮カメラなどを探せる“電波探知機”といったハイテクな道具が揃う。それらのガジェットを駆使して、街中で事件(サイドケース)を探し当てることも可能となった。

 また、本作の大きな魅力となっているのが、調査のために潜入した高校で巻き起こる“ユースドラマ”だ。これは、ミステリー研究会の外部指導員となった八神が、さまざまな部活動やコミュニティーに潜入調査を行い、その裏でうごめく“プロフェッサー”と呼ばれる人物の謎を明らかにするというものになっている。

 ユースドラマのシナリオは、本編のストーリーに匹敵するといっても過言でないボリュームのものが用意されており、遊び応えは十分。潜入した部活動やコミュニティで信頼を得るために、ダンスをしたり、ロボットを操作したり、ゲームで遊んだり、スケボーをしたり。ゲーム本編のシナリオはかなりシリアスな内容だが、ユースドラマはコメディータッチで描かれるものが多く、ふだんとは異なるコミカルな姿の八神が垣間見れる。

 前作に登場した要素はほぼそのままに、本作ならではのシステムが加わっているため、ゲーム内容は前作とは比較にならないほどのボリュームとなっている。ストーリーでは前作のその後が描かれるが、シナリオには直接的なつながりはないため、本作からプレイを始めてもまったく問題ない。『JUDGE EYES:死神の遺言 Remastered』がプレイステーション5、Xbox Series X|Sにて発売されているので、気になった方はこちらもぜひプレイしてみてほしい。

八神のカッコいいシーンを集めてみた

 至高のリーガルサスペンス、爽快感バツグンなアクション、そのふたつが楽しめるのが本作の魅力であることは間違いないが、堪能していただきたいのは主人公、八神の勇姿だ。

 木村拓哉氏をフェイスキャプチャーした八神は、当然ながらどこからみてもキムタク。いついかなるときも二枚目でカッコいい八神。ときに三枚目を演じたとしても、それはそれでカッコいい。以下にまとめた八神の姿は、ゲーム中のほんの一部でしかない。さらなる活躍を見たいなら、ぜひ本作をプレイしてみてほしい。

タイトル画面の八神
アンパンを食べる八神
やさしい言葉を投げかける八神
臨戦態勢の八神
壁をつたう八神
コインで敵の気を引く八神
敵を絞め落とす八神
少しお怒りの八神
チンピラにも引かない八神
ターゲットを捕まえる八神
弁護士バッジを見せつける八神
落ち込む八神
悪ガキにも手加減しない八神
変装する八神
ボクシングをする八神
ラグビーボールを踏みつける八神
プリントシール機を見つめる八神
商売繁盛の八神
怒られる八神
高校生を正座させる八神
パンツを掲げる八神
ゴルフをする八神
ごまかす八神
尾行する八神
ダーツをする八神
廊下を走る八神
スケボーをする八神
バットを振る八神

(C)SEGA

【あわせて読みたい】

なぜ『ジャッジアイズ』にはキムタクが必要だったのか? 「八神隆之」は桐生一馬に次ぐ神室町の主人公に

 2018年12月13日にリリースされた『JUDGE EYES:死神の遺言』(以下、ジャッジアイズ)。過去作とさほど変わらないシステムと環境で戦う国民的スターの物語は、ただ大物有名人を起用した注目作に収まらず、「神室町」という存在を浮き彫りにする傑作の風格を漂わせている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ