ファーストサマーウイカ、kson、うんぱいが参加した『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件

 2023年1月22日、電ファミ編集部は“『龍が如く』生キャバ嬢オーディション”の二次審査を取材すべく、セガ・大崎本社へと足を運んだ。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件1

 書類審査を通過して二次審査に残ったのは74名。オーディション合格者は、2023年に発売予定の『龍が如く7外伝 名を消した男』キャバ嬢役として実写出演できるほか、プロモーション活動などにも参加することが発表されている。

 また、グランプリ受賞者は2024年発売予定のシリーズ最新作『龍が如く8』への出演権(役柄未定)と、副賞として賞金100万円も贈呈されるということで、タレントのファーストサマーウイカさんやYouTuberのksonさんといった有名人・インフルエンサーをはじめとした、個性豊かな女性陣がオーディションに参加していた。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件2
『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件3

 龍が如くスタジオ代表・製作総指揮の横山昌義氏をはじめとした『龍が如く』制作陣が審査員を務め、グループ面接という形で行われた二次審査。現役キャバクラ嬢、大学生、主婦、プロレスラー、タレント、YouTuber、セクシー女優など、バラエティに富んだ面子が参加した面接の模様を、写真とともにお伝えしていこう。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件4

取材・文/Squ
編集/豊田恵吾


 最初のグループにはタレントのファーストサマーウイカさんが登場。『龍が如く』シリーズの大ファンを公言しているウイカさんは「コロナ禍の中で『龍が如く7』に何度も助けられて。どんな形でもいいので、このゲームの中に入りたい、関わりたくてオーディションに参加しました。関西なので関西弁の役でも、ひと言でも、殴られる声だけでもいいので、参加できれば」とアピール。

 スカジャンにピンクのパーカー、ヒョウ柄のパンツで現れたウイカさん。審査員から「今日は私服ですか?」と質問が飛ぶと「私服です。キャバ嬢のオフってこんな感じかなと」と答えて会場を和ませていた。

 さらに、「オーディションに参加することは事務所に話をされているんですか」と質問されると、「来ることは伝えました。『龍が如く』に関しては「何も聞くな、止めるな」と伝えています」と回答。「桐生に対してどう接したいですか?」という質問には「場末かなと。ゴシップ担当みたいな役割ができればと思います」と陽気に答えていた。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件5

 このグループには、プロレスラーのウナギ・サヤカさんも参加しており、「(ファーストサマーウイカさんのような)こんな大物が普通にオーディションを受けにくるんですか」と驚きをみせつつも、「キャバ嬢だったら“接待”が大事なので、接待プロレスを披露したい」とアピール。

 審査員として参加していたセガ・コミュニケーション推進部の向大地氏に対して即興で接待プロレスを披露し、審査員を楽しませた。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件6

 そのほか、広島県で看護師とキャバ嬢を兼業しているという伊藤彩璃さんは、「歴代のお父さんが全員『龍が如く』好きで、作品ごとに違うお父さんがプレイしている姿を見ていた」と自己紹介。「龍が如く」のオーディションならではのアピールが飛び出す。

 過去にキャバクラ店での客が患者になったこともあるとの発言を聞いた横山氏は「実際にゲームに出るとしたら、看護師設定使ったりしてもいいんですか?」と質問。実写での出演になるからか、本人のエピソードを使いたいという意図があるようだ。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件7

 タレントとして活躍する藤田あずささんは「どんなお菓子でもセクシーに食べられる」と独特な特技を語り、審査員から実演を促されたことから、向氏が控室へお菓子を取りにいくという展開に。実演の内容は想像以上に過激だったため詳細は割愛するが、向氏がとてもうれしそうにしていたことだけは写真とともに記しておきたい。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件8

 3組目のグループには、チャンネル登録者124万人のYouTuber、ksonさん、そしてセクシー女優のうんぱいさんが参加。

 普段から配信などで『龍が如く』、そして主人公である桐生一馬のファンであることを公言しているKsonさんは、『龍が如く』で日本語を覚えたエピソードを伝えつつ、日本やアメリカ、アジア圏など国内外を問わず本作の魅力を伝えられることをアピール。また、桐生にどう接するかを質問されると、「桐生一馬のいいところは無口なところなんですけど、自分の趣味以外にも踏み込んでいく人なので、あえてVTuberの話をしたい」と語っていた。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件9

 胸元、肩、そして脇腹が大きく露出した衣装で登場したうんぱいさんは、420万人超のフォロワー数を誇るTiktokerとしてのエピソードを紹介。さらには、セクシーポーズでアピールを行うなど、審査員の目のやり場を困らせていた。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件10

 また、今回のオーディションには男性の参加者も。男性と思わせない出で立ちで登場したのは、普段は会社員として働いている津田翔太郎さん。資格の取得が趣味で、基本情報技術者や化粧品検定といったさまざまな資格を所有しているとのことなどを話し、インパクトを残していた。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件11
▲津田翔太郎さん

 今回のオーディションは女性以外のエントリーも受け付けており、横山氏は「多分ほとんど間違えてるだけだと思うけど」と前置きしつつも、全体の3分の1が男性としてエントリーされていたと明かした。

 最後に紹介するのは、中国出身の黄藝林(コウ・イーリン)さん。4万人の中から選ばれた、中国のアイドルグループの元メンバーで、現在はマーケティング系企業で会社員として勤務しているそうだ。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件12

 シリーズ関連タイトルでは『JUDGE EYES:死神の遺言』を、トロフィーをコンプリートするまで遊んだとのこと。会社員であるコウさんに横山氏からは「会社的に大丈夫?」という質問が投げかけられるも、「(私自身が仕事で)『龍が如く』のマーケティングをやっているので大丈夫だと思います」と予想外な回答が飛び出し、審査員たちを驚かせていた。

インスタやTikTokなどのSNS時代の到来によって変わった「オーディション」の意味

 それぞれの個性が存分に爆発しているように感じた今回の「生キャバ嬢オーディション」。

 二次審査が終わり、取材陣からの取材を受けた横山氏は「キャバクラ嬢役を決めるオーディションは『龍が如く6 命の詩。』以来、約6年ぶりですが、いままでのオーディションの中で今回が一番面白いと思います。昔はこちらが情報を事前に仕入れることはできませんでしたから、素人さんに根掘り葉掘り聞く感じでした。でも、いまは皆さんTikTokやYouTubeなどいろんなチャンネルを持っているので、書類審査の段階で先に調べられる。オーディションの質が変わったなと思います。オーディションという形はもう時代に合ってないのかもしれませんね」と感想を述べた。

『龍が如く』生キャバ嬢オーディションが「おもしれー女」だらけで超濃すぎた件13

 そのほか、選考のポイントについて質問されると「キャバ嬢のキャラクター像やエピソードを作るときに、モデルとなる本人たちのエピソードを拾って作っています。選ばれた人たちの背景や生い立ちなども参考にしたうえでゲームに落とし込みたいので、モデルの関係でもちろん見た目もありますけど、面白い要素がある人を探していますね」と回答。

 さらに、「ただ「キャバ嬢役」として参加してもらうのではなく、今後のマーケティングにも参加してほしい。制作陣が長くお付き合いしたい人を選びたい」と答えて質疑応答を締めくくった。

ライター
最近ゲーム業界にサメ映画ブームが来ている気が・・・え? 『スター・ウォーズ』のゲームが出すぎて手が回らない毎日。1日36時間欲しい。
副編集長
電ファミニコゲーマー副編集長。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Amazon売上ランキング

集計期間:2023年2月6日00時~2023年2月6日01時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ