いま読まれている記事

ネパールのエベレスト街道をトレッキングしている最中に思い出したゲームの話。酸素も薄く、日常とかけ離れた環境で『スカイリム』や『デス・ストランディング』について考える

article-thumbnail-230209a

 「あっ、そうだエベレスト行こっと」

 色々な思いつきがあり2023年の1月、松の内も開けないうちに私はネパールに旅立った。それまで連載していた漫画が12月に終了し、まとまった時間ができた+タイミング的にまあまあお金もあるし、まあ海外旅行とか行っても死なないだろ……くらいの気持ちで行ってしまったのだ。

 目当てのレジャーはアジアが誇る世界最高峰の霊峰、エベレスト。そのベースキャンプ(エベレスト登山を目的とする際の拠点)に向けてのトレッキングだ。
 エベレストと聞くとみんな口をそろえて「大して登山経験もないのにエベレスト行くつもりか!? 死ぬぞ!!!!」って慌てるんだけど、トレッキングとは登山のようにザイルやピッケルを使って崖を垂直方向に登っていくなんてことはしない。言うなれば何日もかけたハイキングのようなものなんだよね。散歩の超レベルアップ版と思ってもらえばいい。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_001
区別的には「登頂を目指さない気軽な登山」をトレッキングと呼ぶらしい。なるほどね

 エベレスト・ベースキャンプをゴールとする「エベレスト街道トレッキング」は、むしろネパールの観光コースとしては定番中の定番。『地球の歩き方』にもやり方が載っているし、旅行代理店に行けば必ずあるコース。装備さえしっかり整えればそんなに危険はないんだよね。
 むしろ街道というだけあって歩いてると30分毎に売店や喫茶店、簡易宿泊所などが顔を出すという感じで、ある意味下手な日本の登山よりも気軽に登れると言っても決して言い過ぎではないくらいのレジャーとなっているんですわ。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_002
日本の山よりもよほど休憩しやすい環境が整っており、エベレストという名前から想像するものとは違う世界が広がっているのがエベレスト街道トレッキングなんだな。もちろんエベレスト登山は常人がやったら死ぬくらい大変だし、そもそも一般人はおいそれと挑戦できない仕組みになっています

 今回、私がエベレストトレッキングをやってみることにした大きな理由の一つに『神々の山嶺』という作品の影響がある。これは夢枕獏による小説で、私は特にコミカライズ版に感銘を受けた。『孤独のグルメ』で有名な谷口ジローによるマンガで、死ぬほど絵がうまい。

 山に狂った男がエベレスト登山に人生を捧げ、その狂気、執念に周囲の人間も巻き込まれていくという話なんだが、これがまあ凄まじく面白く、間違いなく人生のマンガオールタイムベスト10に入れたいと思っている作品なんだよな。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_003
精神年齢が小学生のままガチムチの山男に成長した男、羽生丈二の執念がひとりの男を狂わせる『神々の山嶺』。電子書籍も出てるし最近大判サイズのハードカバー本も出たので読みなさい

 なので「行こうと思えば海外旅行に行けるくらいの余暇があるなあ」と思った時、エベレストくらいしか行きたいところが思いつかなかった。

 「韓国とか台湾とかもっと安く行けるし楽しいよ」
 と言われても
 「ん───別に見たいところないしなあ」
 としか思えなかった。

 でもネパールに行けばエベレストはもちろん、カトマンドゥ(首都。国際便の飛行場もある)見に行くだけでも絶対面白い。行きテェ〜〜〜〜!

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_004
カトマンドゥ、雑然としててみんなスマホイジってて車とバイクが死ぬほど走ってるのにアスファルトがちゃんと舗装されてないから砂埃がすごくて犬がめちゃめちゃいる。でも町中にドカンと仏塔が立っててめちゃめちゃおもしろかった

 というわけで実際行ってみちゃったところやはりスンゲー面白く、感動し、死ぬほど興奮し、作品への理解度もものすごく上がった。
 カトマンドゥの雑踏、ナムチェという地が存在すること自体への驚き、ヒマラヤ山脈の美しさ……う───んマジで行ってよかったな。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_005
標高3440mにある町、ナムチェ。富士山に匹敵する高度にこんな賑わった場所があることに驚愕。ATMもサーティーワンアイスクリームもあるしクラブすらある
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_006
ヒマラヤ山脈~~~ バカ綺麗じゃないですか? 雲かかってるあたりが大体エベレスト

 そうした各種ビューポイントでは『神々の山嶺』のことをしっかり思い出せたのだが……自分でも意外だったんだけどトレッキングの真っ最中で思い出していたのはこれまで遊んでいたビデオゲームのことだった。

文/マシーナリーとも子


世界の最高峰でフスロダと叫ぶ

 ネパールではヒンドゥー教と仏教が普及しており、特にエベレスト街道はチベットと隣接しているからか仏教が強い。道中には無数のマニ車や仏塔、祈祷旗、そしてマントラが並んでいる。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_007
回すとお経を読んだことになるマニ車。マシーナリーとも子の腕にもついています
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_008
ネパールとかの仏塔は日本より派手でかわいい
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_009
そしてマントラ。たまらん

 特にマントラは圧巻で、無数のマントラが刻まれた巨大な岩が突然道端に出てきたりして、その、正直言って意味はよくわからないがめちゃめちゃかっこいい。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_010
でかくていっぱいあって最高
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_011
マジでエベレスト街道には無数に……
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_012
マントラがあります

 カッコ良すぎて元気が出てくる! すさまじい徳を感じる。
 同時に、電ファミを読んでいるようなゲーマーの皆様はこれらのマントラを見て何かを感じないだろうか?

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_013
なんか……なんか思い出すだろ!

 まるで『TESスカイリム』の「力の言葉」みたいじゃね!?

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_014
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_015
そっくりすぎる
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_016

 ほらほらこれなんてまさに!
 多分今ここでドラウグル・オーバーロードを倒したところだと思う。めちゃめちゃ力の言葉すぎてテンション上がってしまうな。全然そんなつもりなかったんだけど、ネパールでタムリエルを感じて嬉しくなるなんて驚きだわ。
 そういえばシャウトを習得するために行く「世界のノド」もエベレストがモチーフな気がするし、案外マジでこういうマントラが「力の言葉」のモチーフなのかもしれないなあ……。なんてあらためて思って感慨深くなったのでした。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_017
さすがに本物のエベレスト街道でタムリエル式登攀術を試みると高山病になって死にます

伝説にならないポーターたちがすごすぎた

 もう一つ、トレッキングをしていて思い出さずにはいられなかった作品がある。あるのだが、その前にあらためてエベレスト街道のルートというのを説明したい。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_018
往復100kmを12日くらいかけて踏破する旅。それがエベレストトレッキング

 まずはカトマンドゥから国内便でルクラという村まで移動する。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_019
こんなん山に腹擦るだろってところを飛ぶ飛行機に乗る。おもろい
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_020
ルクラにあるテンジン・ヒラリー空港。死ぬほど滑走路が短く、世界一危険な空港と呼ばれているらしい

 そこからは基本的には徒歩で移動。ナムチェまでは2日、そこからエベレスト・ベースキャンプ直前の拠点となるロブチェやゴラクシェプにはさらに4日かかる。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_021
繰り返しになるけど死ぬほど歩きます

 ルクラからはヘリコプターで移動することもできるが、これは基本的に観光客が乗ったり、怪我人・病人を運ぶために使われるもの。では食料・飲料などをはじめとする物資はどう運ぶのかというとロバやゾッキョ(ヤクと牛のミックス)、そして人間のポーターが運んでいるんだ。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_022
ポーターの人たちは肩ではなく頭で荷物を支えていた

 先ほど「トレッキングは登山より全然ラクだよ!」とは言ったがそれはあくまで技術的難易度の話で……当然キツいっちゃキツい。標高はスタートのルクラの時点で2800m。それがナムチェでは3800mとすでに富士山を越えた高度となり、酸素も薄くなったのを身体で感じ取ることができ、格段に身体は重くなる。ちょっと階段を登っただけで息が上がる。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_023
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_024
山道じゃなくてちゃんと階段あるんだから楽だろって思うかもしれないけど全然そんなことない。チョーしんどい

 最終的な宿泊地のゴラクシェプに至っては5000mの世界だ。そんな日常とはかけ離れた環境で、10kgに及ぶバックパックを背負って1日だいたい4時間、多い時で6時間をひたすら歩く。時には2時間に渡ってひたすら階段を登り坂を登り、500m以上高度を上げていくことだってある。間違いなく過酷な道のりだ。そんな中、自分より遥かにデカく、重い荷物を背負ってポーターたちが通り過ぎていくのだ。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_025
荷物がデカすぎて人が見えねえ

 は、ヤベッ。ヤバすぎる。
 この光景を実際に見て、皆さんは『デス・ストランディング』を思い出さずにいられるだろうか……。私は無理だね。

 正直言うと私は同作にいまいちハマれなかった。よくできてるし発想がうまいなとは思ったものの、ゲームとしてやれるけど許されないことが多く感じたり(例えば人を殺すと怒られて最終的にゲームオーバーになるのがイヤだったりした)、ムービーが長くてなかなか操作可能にならなかったりるのが肌に合わなかった。

 よく評価されているような「配達してくれる人への感謝の気持ちが湧く」みたいなのも正直そんなにだった。荷物を受け取ってくれる人のホログラムは出るけど、自分が運んできたものを誰かが使ってくれる様子が描かれるわけでもないし……。
 「人々が地下都市に住んでいてほとんど姿を見せない」というのはこのゲームを完成させるにあたってはすげえいいアイディアだなあと思ったけどあまり魅力を感じられなかった。
 そんなこんなでそこそこプレイはしたもののクリアまでには至らなかったんだよね。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_026
ノーマン・リーダスの膀胱を破壊できるのは楽しかったな

 それでも……やはりエベレスト街道を行くポーターを見て、サムのことを思い出さずにはいられなかった。エベレスト街道に限らずネパールは水が悪い。幼少の頃から慣れ続けた現地民でなければ、水道水を飲むのはもちろん、歯ブラシを洗うのに使っても食中毒を起こすと言われている。そんな観光客の我々が安心してミネラルウォーターやコーラで喉を潤すことができるのは間違いなく彼らのおかげなのだ。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_027
みなさんのおかげで潤っております

 しかも彼らはサムと違って超しっかりとした荷台やブーツ、強化外骨格も持たずにその身一つで支えながら長い道のりを行くのだ。畏敬の念を覚えずにいられようか。
 ここに至って初めて、「配達人への感謝とはこのことか……」としみじみ思ってしまったのであった。
 当時はいまいちピンと来なかった『デス・ストランディング』。今遊んだらまた違った感情が得られるかもしれないな……。

いいとこでした

 そんなわけでせっかくネパールくんだりまで遊びに行ったので脈絡ない文章を書いてみました。いや、マジでめちゃめちゃ面白かったよ。エベレストトレッキングは途中でお腹壊して離脱したんだけどな! 上から下から色々出続けました。今も完治してねえ!

 でもこんなところまで来ても根っこはテレビゲームなんだな〜と思えたよ。数は少なかったけど現地でテレビゲーム屋さんやゲームセンターを見つけられた時は嬉しかったな。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_028
ネパールにもやっぱりKOF97があった。でも隣にあるKOF98はちゃんとUMだった

 というわけでネパール旅行、おすすめです。現地の人たちはかなり親日で治安もいいし。カトマンドゥには日本食レストランも豊富にあるよ! しかしこうなってみると伝説の登山ゲーム、『蒼天の白き神の座』も遊んでみたいぜ……プレミアついてるけど! なんとか今からでもアーカイブ化とか移植とか無理ですか? お願いします。それじゃあ今回はこんなもんで。

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_029

 

エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_030
エベレスト街道をトレッキングしてみたら『デス・ストランディング』を思い出さずにはいられなかった_031
ちゃんとパチモンもありました

ライター
殺人サイボーグVTuber。『アイドルマスターシンデレラガールズ』の池袋晶葉ちゃんにドハマりし、彼女のファン・担当Pを増やして総選挙での投票数を増やし、ボイスを実装してもらうために暗躍中。日夜動画を更新したりマンガを書いたり小説やWeb記事を書いたりしている。この記事を読んだら池袋晶葉ちゃんに投票してね。 ポータルサイト:https://www.machinery-tomoko.com/

本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ている場合がございます

Amazon売上ランキング

集計期間:2024年7月19日11時~2024年7月19日12時

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

カテゴリーピックアップ