アパートで起きたおぞましい事件を、まるで「呪いのビデオ」のようなグラフィックスで描く。ビデオテープ風ホラーゲーム『December 2000』正式発表

 98Demake氏は、ホラーゲーム『December 2000』を正式発表した。これは氏が先日公開した実験的な短編ホラー『September 1999』の続編に当たる。

 公開された4秒のティーザー映像からもわかるように、同作の特徴はまるで家庭用ビデオで録画されたような実写的なグラフィックスとなる。前作『September 1999』と同様のコンセプトが引き続き採用される。

 前作『September 1999』は、アパートの一室で起きた事件を追体験する一人称視点のホラーゲームだ。誰がどのようにプレイしても必ず5分30秒でゲームは終了し、移動以外にできることは無い。ゲーム内では、まるで一本のビデオテープに複数の映像を録画したように、違う日付の出来事が再生されていく。

 作者が「ビデオテープを見るスタイルの実験的なゲームプレイ」だと説明しているように、同作はごく短い実験的な内容ではあったが、その特徴的なグラフィックスと不可解なストーリーが一部界隈で話題となった。itch.ioで配信されたのちリリースされたSteam版には現時点で500件以上のレビューが寄せられ、87パーセントが好評を示している。

98Demake氏の新作ホラーゲーム『September 1999』リリース。まるで実写のようなVHS風グラフィックで描かれる5分半の恐怖

 続編『December 2000』は前作をさらに拡大し、視野やコントロールの調整で酔いにくくし、より長く、おぞましいストーリーを描く。また、開くことができるドアを増やし、本物のアパートを歩くようなゲームにしたいと、氏はTwitter上で語っている。

 『September 1999』がビデオテープ風のグラフィックのゲームの先駆者というわけではなく、これまでも家庭用ビデオテープ風のグラフィックのゲームは出ている。たとえば2015年には『The Tape』、最近ではAIの狂気を描いたSFテーマの『The Enigma Machine』もリリースされた。

September 1999
(画像はitch.io | September 1999より)

 しかし、海外メディアbloody-disgusting.comが行ったインタビューで98Demake氏は、これまでにもそういったゲームはリリースされてきたが、それらはあまりにもゲーム的で、家庭用ビデオテープ風のグラフィックはギミックに過ぎないように感じていたという。

 よって、『September 1999』ではよりビデオテープの設定を活かす方向で集中するため、プレイヤーができるのは動き回るという最低限のことだけで、それ以外のゲーム的な要素は全て取り除いたそうだ。『September 1999』でビデオテープに録画した映像のように場面が転換したり、必ず5分30秒で終了するといった設定は、ビデオテープそのものを強く意識したゲームデザインだった。プレイヤーがもし、ゲームを初めてから一切動かなければただ壁を写した映像を見るだけだが、動き回ることで全く違う体験をすることになる。

 『Dececmber 2000』の公開時期や形態などは全て未定だが、「12月1日にリリースされることはないでしょう。多分。」と98Demake氏はツイートしている。『September 1999』の続編の制作に意欲的だった98Demakeだが、『December 2000』はいったいどれほど恐ろしいゲームになるのだろうか。続報を心待ちにしたい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

98Demake氏の新作ホラーゲーム『September 1999』リリース。まるで実写のようなVHS風グラフィックで描かれる5分半の恐怖

AIの狂気を取り除くエージェントが見る夢とは? 『The Enigma Machine』配信開始、初代プレステ時代のローポリ表現とビデオ風映像で送る実験的SFホラーアドベンチャー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧