植松伸夫氏、コンサート関係の仕事で来年復帰へ。今年9月に体調不良で休養

 『ファイナルファンタジー』『テラバトル』などの楽曲制作で知られる作曲家の植松伸夫氏は、来年から国内のコンサート関係の仕事に少しずつ参加する意向であることを明らかにした。ただし、作曲作業の復帰についてはまだ未定だという。

 氏は2018年9月、石川県で開催予定だったコンサート「ゲームを彩るオーケストラ」への出演を体調不良を理由にキャンセルすると発表。さらに公式ブログでは、今年に入り複数の病気が続き心身ともに少し弱っていると自身の状況を報告し、年内を目安に休養することを明らかにしていた。

(画像は植松伸夫 公式ブログより)

 植松氏は1959年生まれで現在59歳。『ファイナルファンタジー』や『クロノトリガー』といった数々の名作の楽曲を手掛け、2004年にスクウェア・エニックスを退社後も自主レーベル「DOG EAR RECORDS」を設立し精力的に作曲を続けてきた。近年の仕事には『ファイナルファンタジーXV』の「オンライン拡張パック:戦友」の主題歌「Choosing Hope」や『テラバトル2』など。
 自身が制作した楽曲のコンサートにも多数出演しており、今年5月には長寿テレビ番組『題名のない音楽会』にて、「植松伸夫が厳選!ファイナルファンタジー吹奏楽の音楽会」が放送されている。

文/ishigenn

関連記事:

「ささやかなことをメロディでつぶやいていたい」──『FF』音楽の父・植松伸夫の幼少期から今日までの体験。何を聴き、どう曲を紡ぐのか?

『キングスナイト』の曲は『ドルアーガの塔』を意識した──作曲家・植松伸夫が語るスクウェア初期作品の思い出

編集
ニュースから企画まで幅広く執筆予定の編集部デスク。ペーペーのフリーライター時代からゲーム情報サイト「AUTOMATON」の二代目編集長を経て電ファミニコゲーマーにたどり着く。「インディーとか洋ゲーばっかりやってるんでしょ?」とよく言われるが、和ゲーもソシャゲもレトロも楽しくたしなむ雑食派。
Twitter:@ishigenn
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ