5年の開発期間を経て『DayZ』がついに正式版リリース。オープンワールドゾンビサバイバルゲーム流行の火付け役

 Bohemia Interactiveはオープンワールドサバイバルゲーム『DayZ』の正式版となるバージョン1.0をPCでリリースした。正式版リリースと共にSteamでフリーウィークエンドも始まり、日本時間で12月18日午前3時までSteamアカウントを持っている人は無料で遊ぶことができる。

 なお、現在は15%オフの3400円で購入できるが、フリーウィークエンド終了と同時に正式価格となる4000円に値上げとなる。気になる人はフリーウィークエンドで試してみて、正式価格になる前に買うことをおすすめしたい。

 『DayZ』はゾンビが徘徊する広大なChernarusを舞台に、多数のプレイヤーがときに協力、ときに物資を奪い合う対立を繰り返しながらサバイバルするオープンワールドサバイバルゲームだ。

 基本システムは軍事シミュレーターの『ArmA 2』に倣っていたが、現在ではよりカジュアルでわかりやすいゲームプレイへと変更された。

(画像はSteamより)

 『DayZ』は、2012年に軍事シミュレーター『ArmA 2』の無料のModとしてリリースされ、本体となる『ArmA 2』の売り上げを発売から3年経ったにもかかわらず、大きく伸ばす程の人気となった。

 ModはBohemia Interactiveの社員であったRocketことDean Hall氏が個人的に開発していたが、2013年12月には有料のスタンドアロン版となる『DayZ』がリリースされ、Bohemia Interactiveも本格的に開発を支援する。2014年にはHall氏が退社し、現在のチームに開発を託している。

 後に登場する『PUBG』『荒野行動』『Fortnite』といったバトルロイヤルゲームが生まれる基礎を作り上げたゲームであり、本作がなければ今日のバトロワブームは生まれなかったかもしれない。

(画像はSteamより)

 2013年12月から始まった『DayZ』の開発は、長期に渡るアルファを経て2018年11月にベータ版へと移行。2018年中の正式版リリースを目指して開発が続いていた。

 この正式版リリースでゲームの開発が終わるというわけではなく、チームには今後もさまざまな仕事が待っているという。ゲームが5周年を迎える現地時間12月16日には記念ライブストリーミングも行われる予定だ。17日から21日にはコミュニティストリーミングの放送が行われ、『DayZ』のリリース後に何が来るのかなど、ゲームの未来が紹介される。

 5年の開発期間を超え、ついに正式版がリリースされる『DayZ』。SteamChartを確認すると、一時期は4000人を下回っていたピークプレイヤー数が11月からは1万人を超える人口の回復を見せている。2019年Q1にはXbox OneやPlayStation 4でも正式版『DayZ』のリリースが控えているが、まずはPC版のフリーウィークエンドでゲームを試してみてはいかがだろうか。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

ゾンビサバイバルの火付け役『DayZ』が6年の歳月を経てついにベータ版へ。2018年中の正式版リリースに王手

なぜゾンビはゲームで大流行してるの? ガチゲーマーの若手批評家がゾンビゲーム史と共に徹底解説【『新世紀ゾンビ論』著者・藤田直哉氏インタビュー】

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ