72歳のおじいちゃん、Windowsのトランプゲームを4年間にわたり5万回プレイする。敗北数はたったの15回

 かつてWindowsにプリインストールされたピンボール」や「ソリティア」といったゲームは、空き時間があるとついついやりこんでしまう魅力がある。現在のWindowsではこれらのゲームはMicrosoft Store経由でダウンロードしなければならないが、その手軽な魅力は色あせない。

 そんなひとり用カードゲームのひとつ「フリーセル」を5万回プレイし、4万9985回の勝利を収めたプレイヤーを父に持つ人物が、Redditに彼の偉業をアップロードした。彼の父親は72歳だ。

(画像はReddit “my 72 year old father wins 50,000 games of Solitaire, loses 15”より)

 スレッドのタイトルにはソリティアと書かれているが、画像をよく見ると左上の方にフリーセルと書かれている。投稿したavpogo氏も後にフリーセルだったと訂正している。約4年前に父にPCをプレゼントした後、1日に2時間ほど毎日プレイし続けているのだという。
 1問平均して4分ほどでクリアしているということなので、この4年間で3333時間、139日分の時間をゲームで過ごしていた計算になる。

 プレイしているのは、UIの形状などを見る限り『Microsoft Solitaire Collection』のようだ。

 フリーセルは理論上1.40031554 × 10^65個の問題が存在するという。漢字の単位にすると約14不可思議という膨大な数字だ。すべての問題をクリア可能だと考えられていたが、有名な「#11982」のほか、少数ながらクリア不可能な問題が確認されている。

筆者が確認したところ、『Microsoft Solitaire Collection』のフリーセルには#1から#9999999まで、約1千万個の問題が用意されているようだ。5万という数字ですら霞むほどの膨大な問題数だ

 avpogo氏はその後新たに「間違っていました。現在彼は50061回プレイし、50046回クリアしています」(My mistake, he is now at 50,046 wins and 50,061 played.)と、彼の父親が変わらずフリーセルをプレイしていることを伝えている。また、AMA(Ask Me Anything)をしてほしいとの書き込みにも前向きに検討する旨を書き込んでいる。フリーセルの魅力を、本人から直接聞く機会が今後あるかもしれない。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

ダークソウルおじいちゃんは1472回死んでいた!〜テレビで話題の80歳が実践する、濃厚ゲームライフ〜

『CoD』ゾンビモードを毎週遊ぶおじいちゃん、マリファナ吸ってゲームする若者…“ぶっ飛びすぎ”な海外ゲーマーたちに迫る【E3 2017:来場者インタビュー】

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros


関連

https://news.denfaminicogamer.jp/kikakuthetower/170620b

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ