北米版「光線銃」が液晶画面でもプレイ可能に。「NES Zapper」の互換機「Hyper Blaster HD」が海外で発表

 ゲームのアクセサリを販売するHyperkinが、現在一般的に流通する液晶テレビモニタで動作するNES(海外向けファミコン)用銃型コントローラー「Hyper Blaster HD」を発表した。海外では「Zapper」として販売され、日本では「光線銃」と呼ばれるコントローラーの互換機だ。動作にはNES本体とZapperに対応したゲームカートリッジが必要となる。

 発売日や価格など、詳しい情報は現地時間で1月8日より開かれる世界最大級の家電見本市「CES 2019」で発表予定だ。

Hyperkinが販売するNES Zapper(光線銃)の互換コントローラー。今回発表されたものとは異なり、こちらは液晶TVには未対応。
(画像はHyperkin公式サイト「Zapp Gun for NES – Tomee」より)

 特にブラウン管テレビの時代からゲームに親しんでいた方の中には、いわゆる「ガンコン」や「光線銃」といった銃型コントローラーが、液晶テレビで使えないことを残念に思った人も少なくないのではないだろうか。

 大まかに説明すると、こういった銃型コントローラーは画面の光をコントローラーで受信して当たった場所を検出するのだが、主流だったガンコントローラーはブラウン管の特性に合わせて設計されていた。よって、描画形式の異なる液晶テレビでは正常に動作させることができない。

NES Zapper専用ゲーム『ダックハント』は、光線銃とともに全世界で2830万本が売れ、NES歴代2位の売り上げを達成している。
(画像はWii U版『ダックハント』公式サイトより)

 液晶テレビが主流になった後、「Wii ザッパー」やアーケードゲームのガンシューティングなどで赤外線を用いた方法で検出する方法が一般的となったが、Wii以外のコンソールではサードパーティ製の互換製品が少数発売されるだけにとどまっていた。

 とはいえ、液晶テレビではZapperが絶対に動かないというわけではない。ハッカーにより、Wiiコントローラーを使った改造Zapperのデモンストレーションが行われている。これはWiiコントローラーを使った赤外線検出方式を利用しており、Wiiコントローラーとセンサーバー、そして改造したNESで見事に液晶テレビで光線銃を動かしている。

 Hyperkinの「Hyper Blaster HD」も、いくつかのセンサーを液晶テレビに設置して赤外線を検出する方式が用いられるようだ。海外メディアNeowinではNESとの互換性が保たれていることが報じられているが、他の互換機などでの動作についてはいまのところ不明だ。

(画像は『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』公式サイトより)

 特に海外での人気が高く『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』でもファイターとして参戦した『ダックハント』を筆頭に、今なお根強いファンがいるZapper対応ゲーム。互換機が手軽に現代のシステムでも動くのなら、期待する人も多いのではないだろうか。
 現地時間で1月8日より開かれる「CES 2019」で発表予定の続報に期待したい。

文/古嶋 誉幸

関連記事:

いくつ覚えてる? 1990年代に業界を席巻した「実写取り込みゲーム」の数々。ドットやポリゴンにはない“生々しさ”が妖しい魅力だった

世界初の家庭用ゲーム機は、プレイヤーが画面にフィルムを貼り付けて遊ぶもの──ファミコン以前のテレビゲーム機の系譜を語ろう【新連載:ロード・トゥ・ファミコン】

著者
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ