チェルノブイリのジオラマで本物のラジコンを遠隔操作して遊ぶブラウザゲーム『ISOTOPIUM: CHERNOBYL』集められた資源で稼働時間が決まる

 チェルノブイリをイメージしたマップの中で、参加したプレイヤー同士が「資源」を奪い合う。ルールを説明すると単純だが、『ISOTOPIUM: CHERNOBYL』はゲームプレイを興味深いものにする「ひねり」を加えている。

 『ISOTOPIUM: CHERNOBYL』はチェルノブイリをイメージした210平方メートルのジオラマの中で、インターネット経由で接続されたラジコンを操って資源である同位体を集めるゲームだ。ラジコンに搭載されたカメラを使った一人称視点のゲームで、アローキーかWSADを使う一般的な戦車ゲームでは馴染み深い操作方法となっている。

 集めた同位体は色によって3種類のレア度が設定されており、もっともレア度の低い赤の同位体は3つ集めると1電力に変換できる。レア度が上がるほど変換効率が上がる。この電力はそのままラジコンの稼働時間を表しており、1電力で1分プレイできる。

 気になる応答速度だが、実際にプレイしてみた限り筆者の環境では遅延はほぼなかった。コンマ1秒を争うゲームでは無いとはいえ、操作は日本からの接続でもストレスのないものとなっている。

電力はマップ上の資源から得られるが、基本的にはお金を払って購入する。1時間分の電力が約1100円。

 見どころは、もちろん精巧に作られたチェルノブイリのジオラマだ。正確にはプリピャチ市街をイメージしたマップとなっており、観覧車やスタジアムなど観光地としても有名なランドマークだけでなく、人類が入ることはできないチェルノブイリ原発内部をイメージした廃墟もジオラマになっている。

 プリピャチに並び立つ高層集合住宅や薄汚れた廃墟の内部など、リアルなジオラマは一見の価値がある。マップに点在する資源に近づくとガイガーカウンターが反応してカリカリと音を立て、まるで本当にチェルノブイリの危険地帯に侵入したような気分にさせてくれる。

 現在はマップ上に点在する同位体スポットをキャプチャーして資源を集めるだけだが、1月中にラジコン同士が戦闘を行えるシューティングシステムが実装予定となっている。

(画像は『ISOTOPIUM: CHERNOBYL』 Kickstarterページより)

 『ISOTOPIUM: CHERNOBYL』を開発するのはウクライナのデベロッパーRemote Gamesだ。遠隔操作ロボットを用いた「リモートリアリティ」という概念を形にしたのが本作となる。メインとなるチームは現在5人だが、リモートでヘルプに入ってくれる多くの支援者がいるという。

 遠隔操作やストリーミングといったソフトウェア開発、ラジコンを作るハードウェア、そして競技場となるジオラマを製作する3つのラインを分担している。

(画像は『ISOTOPIUM: CHERNOBYL』 Kickstarterページより)

 前述のシューティングシステムの実装や新たな車両「クラッシャー」の導入など、2019年も拡張が続く『ISOTOPIUM: CHERNOBYL』。8月には火星をイメージした新しいジオラマも追加予定となっている。1時間で1100円はゲームとして見れば少し高いかもしれないが、リアルなジオラマの中をラジコンで走り回る楽しさは他に無いものだ。興味があればぜひプレイしてみてほしい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

ラジコンカー×小型カメラ×プロジェクタで「次世代レーシング」。家の中を走り回るように遊ぶ映像が海外で話題に

『Nintendo Labo』でムダなものを作る。冷蔵庫のプリンを監視したり、Joy−Conでセガサターンを起動してみたり

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧