「GDC Awards」のパイオニア賞に『ファンタシースター』や『ソニック』の制作に携わった小玉理恵子氏が選出。先駆者にして今なお業界で活躍し続ける氏の功績を讃える

 画期的なゲームデザインを行い、ゲーム業界の発展に貢献した開発者に贈られる「Game Developers Choice Awards」のパイオニア賞に、セガゲームスの小玉理恵子氏選ばれた。3月18日からサンフランシスコで開催される、ゲーム開発者会議「Game Developers Conference」(以下、GDC)の会期中に授賞式が執り行われる。

 小玉氏は1984年にセガ(現在のセガゲームス)に入社。もともとは広告デザインの専門学校へ進学したのだが、そこでの出会いが小玉氏にとってあまり馴染みの無い世界だったゲーム業界へと進むきっかけとなった。

 入社後すぐにゲーム開発へと興味を持ち、『チャンピオンボクシング』のキャラクター制作やアーケードの『忍者プリンセス』の制作に携わった。当時はまだグラフィックデザイナーが少なく開発期間も短かったので、年間に5、6本の作品に携わることもあったという。その後、『アレックスキッドのミラクルワールド』『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』などの制作に参加。ほかにも進行中のプロジェクトにヘルプとして参加するなど、多くの作品の制作に関わってきた。

(画像は『SEGA AGES』公式ページより)

 1987年にはセガの人気RPGシリーズの第一作目となる『ファンタシースター』の制作に参加。キャラクターデザインや2Dマップなどの背景を手がけた。グラフィックデザイナーとしてだけでなく、プロデューサーとして『エターナルアルカディア』『セブンスドラゴン』を手がけるなど、コンソールゲーム黎明期から長きに渡って様々な形でゲーム開発に携わった。

 現在は、過去の作品を現代のプラットフォームに移植する『SEGA AGES』シリーズのNintendo Switch版リードプロデューサー及びディレクターとして、『ファンタシースター』を含む多くのタイトルを復刻している。

『ファンタシースター』の主役であるアリサのデザインも小玉氏が行った
(画像は『SEGA AGES』公式ページより)

 「Game Developers Choice Awards」のパイオニア賞は、それまであまり表に出ることのなかった、業界の発展に貢献したゲーム開発者を表彰する方法として考案された。2000年にスタートしたこの賞は、これまで18回に渡って多くのゲーム開発者に与えられた。

 その中には『Space War!』を開発したスティーブラッセル氏Valveゲイブニューウェル氏、日本からは『パラッパラッパー』松浦雅也氏『シェンムー』鈴木裕氏らが受賞している。鈴木氏は上記の『チャンピオンボクシング』にディレクターとして参加している。

(画像は『セガ3D復刻アーカイブス3 FINAL STAGE』公式ページより)

 今回の受賞について、GDCのゼネラルマネージャーのケイティースターン氏は声明を発表している。

 ”小玉さんは何十年もの間ゲーム開発者として、ゲームの制作に携わり続けてきました。そして、その栄誉に満足することなく、ジェンダーや時間の制約を乗り越え、今なおたくさんの喜びを我々に与え続けてくれています。この賞は、小玉さんやゲーム制作に携わり続けるすべての人々への「ありがとう」の気持ちです。”

 小玉氏が手がけるNintendo Switch版『SEGA AGES』は、昨年末に『ゲイングランド』をリリース。次回は『ぷよぷよ』がリリースされる予定だ。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

掃除のおばちゃんにプレイさせて『バーチャファイター』開発。時代を先取りした鈴木裕のゲーム開発哲学 【鈴木裕氏×『鉄拳』原田勝弘氏】

セガの天才プログラマー中裕司が明かす「ソニック」「PSO」開発裏話。セガのネット対応は“ある男”のポケットマネーだった…?【ニコ生書き起こし】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ