セガの天才プログラマー中裕司が明かす「ソニック」「PSO」開発裏話。セガのネット対応は“ある男”のポケットマネーだった…?【ニコ生書き起こし】

1

2

3

4

5

6

7

 元ファミ通編集長のバカタール加藤と 「踊ってみた」で人気の217(COJIRASE THE TRIP)がお送りするトーク番組「バカタール加藤と217のゲーム定食(餃子付)」、2月14日に配信したVol.20の様子をお送りします。

 今回は、『ソニック』『PSO』シリーズ開発者として知られる中裕司さんに、過去に手掛けた作品の裏話などをを語っていただきました。今明かされる、セガのオンライン対応に関わった“ある人物”の存在とは……? 当時の関係者たちのビデオ出演と共にお届けします!

バカタール加藤と217のゲーム定食(餃子付)vol.20 世界的クリエイター中裕司さんに聞く!
配信チャンネルバカタール加藤の世界でいちばん役に立たないゲームch.
配信日時2017/2/14 20:00〜
備考チャンネル内にて、生放送を編集した動画を閲覧可能
 

左からバカタール加藤、NRK the Hedgehogさん、中裕司氏、217、コノミアキラ

217:
 今回はなんと、またまたスペシャルゲストをお迎えしております!

加藤:
 世界的なゲームクリエイターで、現在は株式会社プロぺ【※】の代表取締役社長、中裕司さんです!

※株式会社プロぺ
セガ(現、セガゲームス)の「クリエイター独立支援プログラム」により、中裕司を中心に設立された日本のゲーム開発会社。

中裕司さんのツイッター:@nakayuji

217:
 さっそく中さんにお話を聞いていきたいと思いますが、せっかくなので中さんのゲームのファン代表の方もお迎えしております! 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』、そしてセガのゲームの大ファンでコスプレイヤーの、NRK the Hedgehogさんです!

NRK the Hedgehogさん(以下NRK)
 コスプレイヤーのNRK the Hedgehogです! 中さんが隣にいる! どうしよう(笑)!

加藤:
 ですよね。

217:
 小包が気になるのですが(NRKさんは赤い小包を持って登場)。

NRK:
 今回、私が持っているソニックグッズや、ソニックへの愛がわかるものを持ってきてほしいということで、コチラを……。

加藤:
 愛を!

NRK:
 私の愛を持ってきたんですが、よろしければ中さん、開けていただけますか?

217:
 何だろ何だろ?

中 裕司氏(以下、中)
 愛があるんですか? では……じゃーん!

加藤:
 おぉー!

217:
 すごーい!

NRK:
 2月14日ということで、バレンタインで“ソニックチョコ”を作ってまいりました!

加藤:
 これ、NRKさんの手作りですか?

NRK:
 はい、手作りです! 下のケーキから、上のソニックの板チョコから全部イチから。

中:
 すごい! 上手ですね!

217:
 完全なる本命チョコですよ!

NRK:
 なんなら絵を描くところから自分で。トレスとかじゃなくて。

加藤:
 もしかしてTwitterで描かれていた絵ですか?

NRK:
 そうです。

加藤:
 NRKさんのTwitterを見れば、この下絵が見れますよ!

中:
 ソニックの絵って、実は描くのが難しいんですよ。ソニックの公式の画をたくさん作ろうとしたときに、色んな人に頼んだことがあるんですけど、似ないんですよ。有名なキャラクターを描いている人にもお願いしたんですけど……。結局セガの上川(祐司)【※】がずっと描いていて。

※ 上川祐司
ソニックシリーズのキャラクターデザイナー。『ソニックX』のキャラクター原案をも担当する。

加藤:
 最初は大島(直人)【※】さんがデザインされているんですよね。

※ 大島直人
1964年生まれ。日本のゲームクリエイター、キャラクターデザイナー。『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』(初代)や『NiGHTS』のキャラクターデザインを担当。

中:
 そうですね、イチバン最初のおおもとは。パッケージアートとか、そういうものは、別の方が描かれていらっしゃるんですが。

加藤:
 キャラデザですね。

中:
 ソニックはバランスを取るのが難しいんですよ。

加藤:
 確かに、顔と体のバランスとか、手足が細かったりとか。

217:
 NRKさんが描いたソニックはどうですか?

中:
 すごい上手ですね。とっても。

217:
 本当に“好き”が伝わってきますね!

NRK the Hedgehogさんのツイッター:@nrk_h

217:
 NRKさんはコスプレイヤーとしてだけではなく、Twitterでもよくリツイートで流れて来るぐらいソニックのファンとして有名な方です。今回はたくさん中さんに愛を伝えていただければと思いますので、よろしくお願いします!

NRK:
 よろしくお願いします!

中さんも忘れていた、ソニックの年齢

加藤:
 では、全員そろったということで、乾杯行ってみたいと思います!

217:
 すみません、ウチの番組はお酒や餃子をいただきながら、だらだらと喋る番組でして(笑)。

加藤:
 ただ、NRKさんは“ソニックが15歳”なので……。

NRK:
 はい。15歳なので、お酒は飲めないんです。

中:
 15歳なんですか?

NRK:
 中さんが決められた設定ではないんですか?

中:
 ボクはなんか、すっごい忘れているというか(笑)。15歳でしたっけ?

加藤:
 らしいですね(笑)。

コノミアキラ(以下、コノミ):
 中学生ですね(笑)。

中:
 形だけじゃなくて、本当に飲んでいいんですか?

217:
 どうぞどうぞ。

加藤:
 では中さん、どうぞよろしくお願いします。乾杯!

一同:
 乾杯!

加藤:
 ソニックの誕生日は……。

NRK:
 6月23日ですね。

加藤:
 その日、うちの嫁の誕生日なんです。

217:
 へぇー、一緒だ!

中:
 すごい。忘れられないですね!

加藤:
 それだけ伝えて帰ります、今日は。もう酒が回ってきてるので(笑)。

中さんの情報をググってみる

217:
 番組恒例ですが、中さんの情報をネットでググッてみます。

加藤:
 餃子が来ました!

217:
 サターンの上にケーキが(笑)!

中:
 メガドラの上に乗らないから(笑)。

加藤:
 さて、ネット上の中さん情報をチェックしてみましょう。

検索結果

217:
 Googleもバレンタイン仕様になっておりまーす(笑)。

加藤:
 おぉ、本当だ。なんか、いい写真が並んでますね!

217:
 まず画像を見てみましょうか。

画像検索結果

加藤:
 画像見ちゃいますか? いいですね。あ! 柴田亜美【※】先生の!(画像検索結果2段目右から2つめの画像。柴田亜美氏作のゲーム業界レポートマンガ『ドキばぐ』に登場した中さんの画像)

※柴田亜美
1967年生まれ。日本の漫画家。美容家としての側面も持つ。代表作は『南国少年パプワくん』、『ジバクくん』など。

中:
 若いね。

加藤:
 でも、けっこう上の方に出てきますね(笑)。

1

2

3

4

5

6

7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミTwitterをフォロー
LINE@開設しました

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

連載・特集一覧

カテゴリ

ゲームマガジン

関連サイト

カテゴリーピックアップ