『UNDERTALE』の「メタトンEX」がフィギュア化! 可動式であの軽やかな動きも再現可能

 ゲームグッズの制作会社であるFangamer Japanは、『UNDERTALE』のオフィシャルフィギュア「メタトンEX フィギュア」を発売した。価格は4500円(税込)。 

(画像は「UNDERTALE」- メタトンEX フィギュア – Fangamer Japanより)

 この商品は、トビー・フォックス氏が開発したRPG『UNDERTALE』に登場するキャラクター「メタトンEX」を立体化したもの。特徴的な顔やハート型コアなど各パーツの再現はもちろん、頭・腕・脚が可動するのも特徴だ。また、フィギュアを支える星型のスタンドが付属する。

 フィギュアはYukanuntiusel氏とGijs van Kooten氏がデザインを行っており、ケースのイラストはローラ・バルデン氏が担当。前述のように可動式なうえポリ塩化ビニル製のビニールフィギュアなので、作中で見られるさまざまなポーズを再現可能なようだ。踊らせれば、ゲームのように視聴率が爆発的に上がることだろう。

(画像は「UNDERTALE」- メタトンEX フィギュア – Fangamer Japanより)

 なお、この商品は北米のFangamer本社より先に、日本支部であるFangamer Japanで初披露および先行販売が行われた。オフィシャルショップでは購入できるようになっているので、『UNDERTALE』ファンはメタトンの勇姿をチェックしてみるといいだろう。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

新作『DELTARUNE』は『UNDERTALE』とは異なる世界を舞台にしたゲーム。チームを結成して開発が進行予定

『UNDERTALE』トビー・フォックス×『東方』ZUN×Onion Games木村祥朗鼎談──自分が幸せでいられる道を進んだらこうなった──同人の魂、インディーの自由を大いに語る

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ