“豆腐ゾンビ”の群れから生き残れ。『バイオハザード RE:2』のゾンビを大豆加工食品に置き換えてしまう謎MODが配信開始

 ホラーとコメディは紙一重と言われるが、『バイオハザード RE:2』のコメディ化が止まらない。特に作中の強敵タイラントは、ビキニ姿になったり、きかんしゃトーマスに置き換えられたり、あるいはインターネットミームとして彼のテーマソングとなったDMXの「X Gon’ Give It To Ya」に登場BGMが変更されたりと、いまもなおイジられ続けている。 

 そんな『バイオハザード RE:2』で、今度はゾンビをすべて白い大豆加工食品である「豆腐」に置き換えるMOD「Tofu Zombies」登場した。シリーズ通して常に主人公の行く手を阻み続けたゾンビが豆腐に置き換わったラクーンシティは、さながら『アタック・オブ・ザ・キラー・トーフ』のごとく、B級ホラーコメディの世界へと変貌を遂げている。

 キャラクターとしての豆腐は『バイオハザード』シリーズでは初代PlayStationの『バイオハザード2』における隠しモード「The 豆腐 Survivor」で初登場した。もともとはデバッグ用の当たり判定のみのモデルだったが、特殊部隊S.T.A.R.S.の帽子をもらってプレイアブルキャラクターとなった。

 『バイオハザード RE:2』でも、ふたたびプレイアブルキャラクターとして登場。木綿豆腐の体を与えられ、特徴的な関西弁だったキャラクターボイスも、オリジナルと同様に唐津麻勝俊氏が起用されている。唐津麻氏はすでにカプコンのOBとなっていたが、わざわざこのために招いたという。

無理やりゾンビを豆腐に置き換えているため、アニメーションなどの関係で直立不動の豆腐が地面にめり込んだり、ぐるぐると回転する奇怪な豆腐を見ることができる。
(画像はNexusMods 「Tofu Zombies」より)

 「Tofu Zombies」開発者によれば、このMODはWiiでリリースされた『バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ』の敵がすべて豆腐になる隠しモードにインスピレーションを受けているという。

 『ダークサイド・クロニクルズ』に登場した豆腐は、オリジナルの『バイオハザード2』より豆腐を意識した造形になっている。体は銃で撃たれると崩れ、火に焼かれた焼き豆腐も敵として登場する。体をボロボロにしながらもプレイヤーを追い詰め、数回攻撃に晒されるだけでゲームオーバーになる高い攻撃力でプレイヤーを笑いとも恐怖ともつかない世界へと誘った。

(画像はNexusMods 「Tofu Zombies」より)

 記事執筆時点で「Tofu Zombies」のバージョンは0.9。ゾンビの四肢が切断されたり、あるいは死亡した場合別の豆腐モデルが出現したり、いくつかの豆腐ゾンビにラグドールが適用されないなどのバグが含まれている。

 なお、MODを利用するには「FluffyQuack Mod Manager」を導入する必要がある。ゲームを改造するため、自己責任で利用してほしい。高ランククリアなどを目指して日夜ラクーンシティでゾンビと戦っている方は少なくないだろう。そんな生活に疲れたなら、息抜きに豆腐相手に戦ってみるのはいかがだろうか?

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

安心してください、はいてますよ。リメイク版『バイオ2』のタイラントをビキニ姿にする謎Modをファンが制作

リメイク版『バイオ2』で妙な存在感を放つ「タイラント」がブーム。セーフルーム前で立ち往生、コミカルな暴君の姿が話題に

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

関連記事

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE 公認攻略Wiki
若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ