リメイク版『バイオ2』で妙な存在感を放つ「タイラント」がブーム。セーフルーム前で立ち往生、コミカルな暴君の姿が話題に

 1月25日にカプコンから発売された『Biohazard RE:2』が、多くのプレイヤーから高い評価を受けている。怖い、難しい、でも面白いといった声は、一人称視点へと変更され原点回帰と路線変更を同時に行った『Biohazard 7』だけでなく、『Biohazard 4』から続くTPS路線の『Biohazard』シリーズでも、まだまだ面白いゲームが生まれ得ることを証明している。

 ホラーとコメディは近接ジャンルだと言われるが、怖くて面白い『Biohazard RE:2』でも、Mr.Xことタイラントが愉快なミームとして浸透しつつある。どこまでも追いかけてくる恐るべき敵だが、防弾コートとハットでおしゃれにキメた彼には、プレイヤーを惹きつける魅力があるようだ。

 ここからはそんなタイラントとの遭遇シーンの一部を紹介する。ネタバレ無くゲームを楽しみたい方は閲覧を注意してほしい。

(画像はTwitter | 『BIOHAZARD』シリーズ公式アカウントより)

 特に海外でよく見られるのは、プレイヤーが逃げ回る動画に「責任」や「不安」と言ったキャプションが付けられたタイラントが追いかけてくるミームだ。どこまでも執拗に追いかけてくるタイラントと、自分が負うべき責任から逃げられない構図を掛けている。

 また、眼前の敵と戦っている時であっても容赦なく後ろから襲ってくるシーンに、ラッパーのDMX氏の“X Gon’ Give It To Ya”を重ねた映像も話題となっている。2003年にリリースされたこの曲はMr.Xミームの主題歌として再び脚光を浴びている。『Biohazard 7』のファミリーパンチミームをさらに合体させたものも登場している。

 こちらはスピードラン中に発生したタイラントが突如2体に増えたというアクシデントで、プレイヤーが混乱に陥る様がよくわかる。ラクーンシティには複数のタイラントが投下されたという設定があるので、たとえバグで2体現れたとしても設定的な矛盾はないかもしれない。

 また、いくら暴君とはいえゲームシステムに逆らうことはできない。セーフルームへは基本的にタイラントは侵入することができないため、その部屋の前での彼の行動はとてもシュールなものとなっている。恐怖感、没入感が高い本作だが、この光景を見ると本作がゲームだったことを思い出すことができるだろう。

 こうしている間にもタイラントはプレイヤーを追いかけ続けている。『Biohazard RE:2』の統計サイトでは、全世界でタイラントがプレイヤーを追いかけ回した距離が合計840万キロにも及ぶことが示されている。これは地球210周分の距離だ。

(画像はResidnt Evil.netより)

 ゲーム中に出会うと震え上がるタイラントだが、動画として安全な状態で見るとなかなかどうしてコミカルな面が強調される。『Biohazard RE:2』で疲れ切った後は、こういった楽しい動画や画像を探して息抜きしてみるのも楽しいだろう。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

ロメロの子どもたち── 『バイオハザード』を軸としたゾンビゲーム史覚え書き(寄稿:マスク・ド・UH)【徹底レビュー】

『バイオハザード RE:2』に『バイオ2』の懐かしいコスチューム追加決定! オリジナルのテクスチャを使って懐かしいPS時代のカクカクポリゴンを再現

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧