オープンワールドRPG『Kenshi 2』発表。新作で得られた要素やアップデートされたエンジンが前作にも適用へ

 Lo-Fi Gamesは自由度の高さで知られるオープンワールドRPG『Kenshi』の続編である『Kenshi 2』を開発していることを明らかにした。

 同スタジオによれば、『Kenshi 2』は世間からのプレッシャーなしで開発を続け、発表できる完成度に達したら大々的に公表する予定だったという。だが先日公表したたロードマップにて、バグや翻訳の修正といったマイナーなアップデートを今後進めていくと記載した結果、初代『Kenshi』のファンから同作が見捨てられたのではないかとの怒りや嫌疑が向けられ、公表に踏み切ることになった。

 『Kenshi』は2013年に早期アクセス作品としてリリースされたシングルプレイ専用のタイトル。地球とは異なる惑星を舞台にプレイヤーが自由に生活できる点が特徴で、鉱石や商品を各地で売りさばいたり、賞金稼ぎとなって罪人を捕まえたり、あるいは奴隷にすらなったりすることができる。日本国内でも有志による日本語化Modによって近年知名度が上昇していた。

 『Kenshi 2』は前作より1000年前の世界、「旧帝国」の時代が舞台となり、『Kenshi』の世界では伝承としてのみ伝わっていた時代が描かれるという。ゲームエンジンは前作同様OGRE(Object-Oriented Graphics Rendering Engine)を採用、アップデートされておりパフォーマンスは前作を大きく凌駕するはずだとされている。同じエンジンを使うことでゲームプレイへ注力することができ、さらに改善されたエンジンは『Kenshi』にも適用されるという。また、大きなゲームプレイのアップデートが行われないとしていた『Kenshi』も、『Kenshi 2』の改良点や新要素が追加される可能性も示唆されている。

 なお、大きな期待が寄せられているマルチプレイ対応だが、残念ながら同じエンジンを使うということで、『Kenshi 2』でも実装されないことが明らかにされている。

(画像はSteam | 『Kenshi』より)
(画像はSteam | 『Kenshi』より)

 約12年の開発期間を経て、2018年末に正式にリリースされた『Kenshi』。日本での人気も高く、ストリーマーのPonshu氏によるゲーム実況動画から人気が爆発し、国別販売本数はアメリカについで第2位となっている。新作の開発がそのまま『Kenshi』のアップデートにも繋がるのは、前作のファンとしても嬉しいところだろう。『Kenshi』から1000年前の世界が一体どのようなものになるのか、さらなる続報を待ちたい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

Steamが2018年のヒット作を発表。『Path of Exile』や『TES Online』、『VRカノジョ』の躍進が目立つ今年のヒット作品から2018年を振り返る

ゼルダ新作を海外オープンワールド名作群と徹底比較。“洋ゲー”通のベテランライターが任天堂の「職人技」を解説してみた

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧