【更新】『R-Type Final 2』正式発表。エイプリールフールに見せかけ開発は本当に進行中

【更新 2019/4/2 7:15】 グランゼーラの九条一馬氏は、『R-TYPE Final 2』の開発が実際に進行していることを明らかにした。

【原文 2019/4/1 12:26】 グランゼーラは4月1日、2003年に発売された『R-TYPE FINAL』から16年ぶりの新作となる『R-TYPE FINAL 2』発表した。プラットフォームはPlayStation 4。価格、発売日などは未定だ。5月にクラウドファンディングに関する続報を発表することが予告されている。

(画像は『R-TYPE FINAL 2』公式サイトより)

 エイプリルフールの雄、九条一馬氏が率いる同社だけに、「エイプリルフールの冗談ではないか?」、「いや、他社商標であるPlayStation 4のロゴまで使って嘘をつくとも思えない」など、ファンの間でもこの発表がエイプリルフールの冗談なのか本当なのか議論が続いている。

 『R-TYPE FINAL 2』は、1987年にリリースされた横スクロールシューティング『R-TYPE』の最新作だ。「今だから作れる『R-TYPE』を!」と銘打たれ、『R-TYPE FINAL』の持つ操作感、爽快感を強化し、16:9の画面に最適化した遊びごたえのあるゲームになる。新しいステージだけでなく、過去シリーズに登場したステージも再解釈、新しい表現を加えて登場する。ステージは発売後も追加される予定となっている。

(画像は『R-TYPE FINAL 2』公式サイトより)
(画像は『R-TYPE FINAL 2』公式サイトより)

 高難度シューティングとしても知られる『R-TYPE』シリーズだが、幅広い難易度設定により多くのプレイヤーが楽しめるように配慮されるという。もちろん、高難度になればなるほど得られるスコアも高くなり、ハイスコアを目指すスコアラーでも楽しめる。

 シリーズ最終作と言われた『R-TYPE FINAL』では、全101機が自機として使用できた。機体はシリーズ作品からだけでなく、『イメージファイト』、『ドラゴンブリード』など、アイレムの他のシューティングゲームからも多数登場していた。『R-TYPE FINAL 2』では、前作の101機の中から数十機が登場する。公式サイトではシリーズの顔役と言える「R-9A アロー・ヘッド」を含め、4機が紹介されている。

(画像は『R-TYPE FINAL 2』公式サイトより)
(画像は『R-TYPE FINAL 2』公式サイトより)

 グランゼーラは2015年以降エイプリルフールイベントを実施していない。2016年のエイプリルフールでは、公式サイトにて「今後は、イベントのあり様や提供手段を一から見直し、皆様にご覧いただく価値があるものをご提供できるよう一年がかりで準備を進めて参ります。」と告知されていた。『R-TYPE FINAL 2』は数年掛かりで用意した渾身のエイプリルフールジョークなのか、あるいは本当にゲームがリリースされるのか、現時点では断言できない。

 発表の本気度は高いが、『R-TYPE FINAL 2』を記念したオリジナルTシャツを発表したぐらんぜーら購買部のニュースでは、「※ 本グッズの販売はエイプリルフールではございません」と書かれている。そのため、『R-TYPE FINAL 2』自体はエイプリルフールの冗談ではないかと予断を許さない状況だ。

(画像はぐらんぜーら購買部より)

 はたして、最終作となった『R-TYPE FINAL』はグランゼーラの下で新たなステージに進むのか、あるいはファンにとってあまりに落胆が大きなただのジョークなのか。今後の続報に期待したい。

 なお、エイプリルフールについた嘘はその後1年間は叶わないというジンクスがあるという。

ライター/古嶋誉幸

関連記事:

ガンダムの名シーンが「シューティングゲーム」という言葉を生んだ!? アクション、シューティング…ゲームのジャンル分けの歴史を徹底考察!

混沌の“レトロゲーム市場”に射す、29年ぶりに正規販売されるファミコン用タイトルという光──権利が放置されたビデオゲームが違法複製で流通する現実

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧