リメイク版『FF7』開発リーダーだった浜口直樹氏が共同ディレクターに。ディレクター野村哲也氏が開発進めるタイトル

 スクウェア・エニックスは『FINAL FANTASY VII REMAKE』(以下、リメイク版『FF7』)のデザイナーを募集する求人ページを公開。その中で、浜口直樹氏が開発リーダーから共同ディレクターへと役職を変更していることが判明した。

 浜口氏は2017年5月の求人募集にて開発リーダーに就任したことが明らかとなった人物で、2019年3月末までは第一ビジネス・ディビジョンの求人でも同様に紹介されてきた。今回変更された共同ディレクターという役職名から見るに、リメイク版『FF7』のディレクションは今後、野村哲也氏と浜口氏のふたりで担当していくのだと考えられる。

(画像は『FINAL FANTASY』公式Twitterアカウントより)

 2000年代に展開された外伝作品や移植作品を経て、2015年6月のE3でついに発表されたリメイク版『FF7』。1997年のオリジナル版から大きく進化したビジュアルや、ゲーム内容も大きくアップグレードするという情報で多くのファンを喜ばせたものの、その後、具体的なゲーム内容や発売時期は明らかにされてこなかった。2017年には「今後3年のうちに発売予定」のゲームとして紹介されているものの、ファンが続報を心待ちにする状況が続いている。

 音沙汰がない原因は明らかにされていないが、開発体制の大きな体制変更が明らかになっており、2017年には外部の開発会社と協力する体制から社内での開発にシフトすることが公表され、同年コアメンバーを募集していた。2018年にもレベルプランナーからデザイナーまで幅広い業種で開発スタッフを募集する公式の求人ページが掲載されている。

(画像は『FINAL FANTASY』公式Twitterアカウントより)
(画像は『FINAL FANTASY』公式Twitterアカウントより)

 今回公開された求人情報ページで浜口氏は、社内開発体制に移ったことで開発効率が上昇し、順調に開発が続いていることを強調。開発基盤が整った事により、もう一歩先の作り込みを目指すために各種デザイナーを募集しているという。ただしこの文章は、2019年3月末まで掲載されていた第一ビジネス・ディビジョンの求人情報と同じとなっている。

 野村氏と北瀬氏は週刊ファミ通の2019年1月3日号にて、2019年には「7」に関する発表があることを仄めかしていた。2015年より進展が見られなかったリメイク版『FF7』だが、2019年こそ続報が届くことを期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

【新連載:田中圭一】坂口博信とFFの天才プログラマたちが歩んだ、打倒DQへの道。「毎日のようにキレてましたけど(苦笑)」【若ゲのいたり】

『ファイナルファンタジー』のとあるモンスターは、ウルトラ怪獣のパチモノ玩具から生まれた。二度の太平洋横断を経て誕生するまでの経緯を振り返る

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧