『ゼルダの伝説 BotW』と『スーパーマリオオデッセイ』がVRに対応。4月26日から『Nintendo Labo: VR Kit』のVRゴーグルで遊べる

 任天堂は、Nintendo Switch向けタイトル『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』『スーパーマリオ オデッセイ』VR対応アップデートを2019年4月26日に実施すると発表した。

(画像はToy-Con™であそべる| Nintendo Labo | 任天堂より)

 2019年4月12日に発売される『Nintendo Labo Toy-Con 04: VR Kit』では、段ボールを使いVR(バーチャルリアリティ)のゲームを楽しむことができる。このキットではVRゴーグルを作ることができるわけだが、それを使って他のタイトルもVRが楽しめるようになるアップデートが実施されることが明らかになった。

(画像は【Nintendo Labo】Toy-Conであそべる『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』 – YouTubeより)

 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』ではゲーム全編がVRに対応。オプションから「VRゴーグル」の設定をオンにすることにより、奥行きのあるハイラルの世界が楽しめるようになるという。

(画像は【Nintendo Labo】Toy-Conであそべる『スーパーマリオ オデッセイ』 – YouTubeより)

 『スーパーマリオ オデッセイ』もVRに対応するが、この作品は全編対応でなく「帽子の国」、「海の国」、「料理の国」の3つのステージで、ステージに隠された音符やコインを探す専用の遊びが追加される。

 『Nintendo Labo』シリーズで作ったToy-Conを他タイトルで使えるようになる取り組みは過去にも行われていたが、既存タイトルのVR対応アップデートが発表されたのはこれが初。ニンテンドースイッチでさらなるVR体験が楽しめるようになるかもしれない。

ライター/渡邉卓也

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧