スイッチで手軽にVR体験を楽しめる『Nintendo Labo: VR Kit』が4月12日発売。VRゴーグルと5種類の専用コントローラーを段ボールで作ろう

 任天堂は、『Nintendo Labo: VR Kit』を2019年4月12日に発売すると発表した。

(画像は任天堂 | ニュースリリース : 2019年3月7日より)

 『Nintendo Labo』は、段ボールで「Toy-Con」という専用コントローラーを作り、Nintendo Switchと組み合わせることで新しい遊びが体験できるというゲームシリーズ。シリーズ第4弾として登場する『Nintendo Labo: VR Kit』では、段ボールでVRゴーグルとさまざまなコントローラーを作り、VR(バーチャルリアリティ)のゲームを楽しむことができるという。

 本商品を購入すると、VRゴーグルと5種類の専用コントローラーを作ることができる。専用コントローラーはバズーカToy-Con、カメラToy-Con、ゾウToy-Con、トリToy-Con、風Toy-Conとなっており、それぞれでVR空間で実際に体を動かすゲームを体験できる。

 『Nintendo Labo: VR Kit』は、すべてが収録されたバージョンの価格が7980円(税別)、VRゴーグルとバズーカToy-Conのみが収録された『Nintendo Labo: VR Kit ちょびっと版』が3980円(税別)となる。

 なお任天堂は、Nintendo SwitchのVR対応に伴い「Nintendo Switchの『VRモード(3D映像)』についてお伝えしたいこと」というサポートページを公開している。このページによると、VRモードの対象年齢は7歳以上となっており、それ以下の年齢の場合はVRモードの使用を控える必要があるという。また、保護者の手によりソフト内でVRモードを制限することもできるそうだ。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

国内初の任天堂オフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」が2019年秋にオープン。場所は渋谷PARCO

「VRChat」でVR呑みをする男が語る、仮想世界の日常──VRバーに行き、VRボーリング、VR雀荘、VRカラオケで遊び、VR温泉に浸かる

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧