Netflixのドラマ版『ウィッチャー』は2019年10月から12月に配信へ。スーパーマン演じたヘンリー・カヴィルがゲラルト演じる

 Netflixはヘンリー・カヴィル主演で制作しているドラマ版『ウィッチャー』の配信時期が2019年度の第4四半期(2019年10月から12月、Netflixの通期は1月から12月)となることを公表した。NetflixのチーフコンテンツオフィサーのTed Sarandsoが投資家向けの電話映像で明かしている。

【更新 2019/4/18 8:45】 記事初板にてNetflixの第4四半期を1月から3月と記載していましたが、正しくは10月から12月でした。訂正しお詫び申し上げます。

(画像はTwitter@Netflix USより)

※以前公開されたヘンリー・カヴィルのスクリーンテスト映像。

 ドラマ版『ウィッチャー』は、『マン・オブ・スティール』などでスーパーマンを演じたことで知られているヘンリー・カヴィルがリヴィアのゲラルトを演じ、現在はハンガリーで撮影をしている。ほかにもダンディリオン役をジョーイ・ベイティ、シリ役をフレイヤ・アーラン、イェネファー役をアーニャ・チャロトラが演じ、全8エピソードで展開される。

 ヘンリー・カヴィルは無類のゲーム好きとして知られ、『ウィッチャー』のドラマ版の制作が発表されると、『ウィッチャー3 ワイルドハント』を2度クリアし、原作も読んだことを強調し、ゲラルト役を熱望した。この熱意が認められたのか、見事、ゲラルト役に抜擢された。

※Instagramでファンメイドのポスターに、「スーパーマリオ、ソリッドスネーク、ゲラルト!」とメッセージを投稿しはしゃぐヘンリー・カヴィル。

 もともとドラマ版『ウィッチャー』は2020年公開を目処に制作されていたが、今回の情報では前倒しとなることが明らかになった。ほかにも『The Elder Scrolls V: Skyrim』『World of Warcraft』も好きだという、ヘンリー・カヴィル。そのゲーム好きとしての情熱が反映したドラマ版『ウィッチャー』の出来栄えが楽しみだ。

ライター/福山幸司

関連記事:

いまポーランドのゲーム開発が熱い。『ウィッチャー』など注目作を輩出し続ける国が独立回復100周年、記念セールがSteamで開始

期待のサイバーパンクRPG『Cyberpunk 2077』の初プレイ映像では何が示されているのか? 48分におよぶ濃密なゲーム内容をあらためて分析

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧