『仁王2』のゲームプレイトレイラー初公開。一部のPS4ユーザーが参加できるクローズドα体験版配信も5月24日から開始

 ソニー・インタラクティブエンタテインメントヨーロッパはコーエーテクモゲームスが開発するアクションRPG『仁王2』のゲームプレイトレイラーを公開した。

 また、5月24日から6月2日までの間、プレイステーション4でクローズドα体験版の配信が行われることもあわせて発表した。参加できるプレイヤーはすでに決定された一部のPS4ユーザーに限られ、現時点でその枠を増やす予定はないとのこと。

 『仁王2』は、E3 2018のPlayStation Showcaseの中で突如発表され、侍が鬼と戦うシーンとロゴのみが公開された作品。今回公開されたトレイラーが、世界で最初の『仁王2』のゲームプレイ動画となる。

 2017年に発売された前作『仁王』と同様に、武士から妖怪までさまざまな敵と戦い、強力なとどめの一撃を見舞ったり、逆に暴力的な攻撃を受ける主人公の姿が見られる。侍だけでなく、巫女装束に身を包む女性がプレイアブルキャラクターとして登場している。

(画像はYoutube 「Nioh 2 | Closed Alpha | PS4」より)
(画像はYoutube 「Nioh 2 | Closed Alpha | PS4」より)

 前作となる『仁王』は戦国時代末期をイメージした和風の世界で、主人公ウィリアムが妖怪や武士と戦うアクションRPG。常に死と隣り合わせの緊張感あふれる真剣勝負と、それを乗り越える達成感が売りの、いわゆる『ダークソウル』フォロワーとして知られている。評価も高く、発売から2年で250万本を売り上げた。

 開発が難航したことでも知られており、2004年に最初の構想が発表された翌年『仁王』というタイトルが発表された。2010年に開発がTeam Ninjaに引き継がれるなど、発売される2017年まで約13年もの歳月が流れていた。

 また、アルファ、ベータ、最終と三度に渡り体験版配信を行ったことでも有名で、特にアルファ、ベータ体験版は、プレイヤーのフィードバックによるゲームの方向性の調整に大いに役立ったとGDC 2017で『仁王』のディレクターを務めた安田文彦氏が語っている。『仁王2』α体験版の実施も、この経験に基づいたものなのだろう。

(画像はYoutube 「Nioh 2 | Closed Alpha | PS4」より)
(画像はYoutube 「Nioh 2 | Closed Alpha | PS4」より)

 前述の通り『仁王2』α体験版の一般公開予定はないが、公式Twitterによると近い将来さらなる続報を伝えられるように進行しているという。どのような発表が行われるかは5月23日の記事執筆時点では不明だが、続報に期待したい。

ライター/古嶋 誉幸

関連記事:

「私の彼は織田信長」究極の俺様との恋は“本能寺の変“をも改変する!──戦国乙女ゲームから紐解く信長の魅力

【榎本俊二4コマ】キラーソフトの脱衣麻雀をクロスプレイしたら神ゲーのステータスがコンティニューした…不条理4コマ巨匠が現代ゲーム用語を漫画化!【現代ゲーム用語大全】 – 【死にゲー】

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧