小島秀夫氏の新作『DEATH STRANDING』に新たな動きか。ティザー映像「CREATE THE ROPE」がTwitter上で公開

 ゲームクリエイターである小島秀夫氏は、自身のTwitterアカウントで『DEATH STRANDING』の新たな映像「CREATE THE ROPE」を公開した。

 『DEATH STRANDING』は、コジマプロダクションによって制作されているPS4向けタイトル。これまでゲームの詳細は明らかにされていないものの、『メタルギア』シリーズを手がけた小島秀夫氏の新作ということもあり、どのような内容になるのか注目が集まっている。

(画像は『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』 E3 2018ティザートレーラー 4K(日本語音声) – YouTubeより)

 本作は「E3 2016」で最初のティザー映像が公開され、同年12月に「The Game Awards 2016」で第2弾の映像が披露、さらに翌年の「The Game Awards 2017」で第3弾映像がお披露目されるなど、開発が進むたびに少しずつ新たな映像が世に出てきた。

 「E3 2018」で公開された映像ではゲームプレイの様子が確認でき、ノーマン・リーダス氏が演じる主人公「サム」が、運び屋として廃墟や自然の中を巡りながらどこかを目指していることがわかる。とはいえ新たなキャラクター、意味深長なシーン、“BT”と呼ばれる黒い霧のような生物なども登場し、謎めいた雰囲気は変わりない。

 2019年3月には小島秀夫氏のTwitterアカウントで『DEATH STRANDING』の開発進捗が発表。この段階だとゲームはまだバラバラの状態で、さまざまなパーツを組み上げて実機で確認している状態だったという。なお、日本語音声収録が進んでいる様子も同アカウントで発表されているため、開発は着々と進んでいるようだ。

(画像はHIDEO_KOJIMA(@HIDEO_KOJIMA_EN)さん | Twitterより)

 そして、新たな映像「CREATE THE ROPE(ロープをつくれ)」が2019年5月27日に公開。手形の中という極めて一部分だけ映像を見ることができるものになっており、こちらも非常に謎めいたものだ。2019年6月12日からは「E3 2019」が開催されるため、そこで謎の映像の意図が明らかになるかもしれない。

ライター/渡邉卓也

関連記事:

「小島監督」が海外ドラマに出演、日本刀で一閃。ヤクザやマフィアが闊歩するロサンゼルスの暗黒社会を描く『Too Old To Die Young』で

ソニー、「PS5」に相当する次世代機の存在を明らかに。海外メディアの独占取材で語る

ライター
渡邉卓也
「マリオの乳で育った男」と自称するフリー・ゲームライター。いくつかのメディアでゲームニュース、レビュー、コラムなどを担当。自分が書いた記事で気に入っているのは「なぜこのゲームが「モンハン」の次に売れるのか…? 『Ice Station Z』から見る3DSという市場の特殊性とゲームの評価の難しさ」。好きなキャラクターは「しずえ」と「カービィ」。
Twitter:@SSSSSDM
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧