脱出サバイバルホラー『Monstrum 2』が発表。今度は4v1の非対称マルチに。惨劇の海上基地からモンスターからを振り切り、脱出を目指す

 Team Junkfishは脱出サバイバルホラー『Monstrum』の続編『Monstrum 2』を発表した。プラットフォームはSteamで、日本語に対応予定。発売は2020年秋。

 前作の『Monstrum』はマップが自動生成される貨物船が舞台で、2体のモンスターに追いかけられながらアイテムを探しつつ、脱出を目指すサバイバルホラー。

 モンスターをおびき寄せたり、消火器でひるませたり、ロッカーの中に隠れたり、自由度の高さが特徴だ。盛り上がるBGMとモンスターの足音など、その巧みなホラー演出が賞賛を集めている。

(画像はSteam:Monstrumより)

 日本語にローカライズはされなかったものの、シンプルなルールのため多くの日本のユーザーがプレイし、ニコニコ動画では実況動画も流行してた。

(画像はSteam:Monstrum 2より)
(画像はSteam:Monstrum 2より)

 その続編『Monstrum 2』では、なんと4v1の非対称マルチプレイヤーゲームになるという。生存者のグループとモンスターに分かれて、やはり自動生成される1970年代の海上基地から脱出を目指す。

 隠し通路やオブジェクトを破壊したり、環境によって無数の解決策があり、戦術的に立ち回る必要があるようだ。

 前作のユニークなルールから、『Dead by Daylight』『Friday the 13th: The Game』のようなゲームになったことについては、ユーザーから懸念の声も出ている。

 しかし、Team Junkfishはそれに対して、「さらなる詳細がわかったときに、あなたの興味を引くかも」と述べている。モンスターのデザインなども気になるところ。

(画像はSteam:Monstrum 2より)
(画像はSteam:Monstrum 2より)

 好評だった『Monstrum』のノウハウを元に、4v1非対称マルチの新たなる傑作が誕生するのかが注目だ。さらに本作は日本語対応予定なので、前作以上にさらに身近なゲームとなりそうだ。

 発売は2020年秋とだいぶ先だが、Steamのストアページは開設しているので、忘れずにウィッシュリストに追加しておこう。

ライター/福山幸司

関連記事:

コジマ店員「ランダムマップで一発即死、セーブなしの絶望!」『Monstrum』【ホラゲレビュー百物語】

92歳になるおばあちゃんの思い出をゲームに。一人称視点ホラー『Brukel』は戦争のトラウマを今の世代に伝える

ライター
福山幸司
85年生まれ。大阪芸術大学映像学科で映画史を学ぶ。幼少期に『ドラゴンクエストV』に衝撃を受けて、ストーリーメディアとしてのゲームに興味を持つ。その後アドベンチャーゲームに熱中し、『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』がオールタイムベスト。最近ではアドベンチャーゲームの歴史を掘り下げること、映画論とビデオゲームを繋ぐことが使命なのでは、と思い始めてる今日この頃。
Twitter:@fukuyaman
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に関するタグ

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

その他

若ゲのいたり

SNSで更新情報をお届け!

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧