『ファイナルファンタジーXIV』の実写ドラマ化発表。制作は『The Witcher』のドラマシリーズのHivemind、エオルゼアを舞台にまったく新しいストーリーが展開される

 Netflix向けに『The Witcher』のテレビドラマを製作中のHivemindは、『ファイナルファンタジー』の実写テレビドラマ化を発表した。Hivemindはスクウェア・エニックスだけでなく、ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンとも提携して作品を制作する。ドラマの公開時期や形式、キャストなどは未発表。

(画像はHivemindプレスリリースより)

 実写ドラマ化されるのは2013年にリリースされた『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』(以下、FF14)。同作は日本で『ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん』としてテレビドラマと映画になっているが、Hivemindは『FF14』のエオルゼアを舞台にした本格的なファンタジードラマを制作する。
 ストーリーはドラマのために新規に書き下ろされ、「戦乱の続く大地に平和をもたらすため、魔法とテクノロジーで戦う」というものになる。ゲームでおなじみの魔法や飛空艇、獣人、チョコボ、そしてシドが実写デビューする予定だという。

(画像はSteam | 『FINAL FANTASY XIV Online』より)
(画像はSteam | 『FINAL FANTASY XIV Online』より)

 『FF14』は2010年にリリースされたMMORPGだ。リリース当初はバグやゲームシステムなどにさまざまな問題を抱えていたが開発体制の一新に踏み切り、2013年に『ファイナルファンタジーXIV: 新生エオルゼア』として再出発。新生後は評価も高く、2019年5月には全てのリージョンとフリートライアル版を合わせて総アカウント数が1600万を超えた。

 ゲームの舞台となる大地「エオルゼア」にはさまざまな都市国家が存在し、そこには種族の異なる無数の人々が暮らしている。プレイヤーは1人の冒険者としてエオルゼアに降り立ち、戦いだけでなくアイテムの制作やチョコボの育成、釣り、あるいは麻雀などを楽しむことができる。7月には新拡張パッケージ『漆黒のヴィランズ』もリリースされる予定だ。

 『The Witcher』の実写ドラマを撮影するHivemindによる、『FF14』のエオルゼアを舞台にした本格的なファンタジーには期待できそうだ。

ライター/古嶋 誉幸

ライター
一日を変え、一生を変える一本を!学生時代Half-Lifeに人生の屋台骨を折られてから幾星霜、一本のゲームにその後の人生を変えられました。FPSを中心にゲーム三昧の人生を送っています。
Twitter: @pornski_eros
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
電ファミのDiscordでこの記事について語ろう!

SNSで話題の記事

新着記事

新着記事

ユーザー協賛プロジェクト

世界征服大作戦

電ファミの記事は協賛者の皆さまの支援によって成り立っています!

世界征服大作戦とは?

電ファミのファンクラブです。ゲームを中心にしながら、ひいてはマンガやアニメなど、エンタメ全般を扱うファンクラブへの成長を目指します。主要メンバーとして、元週刊少年ジャンプの編集長・Dr.マシリトこと鳥嶋和彦氏なども参加。面白いコンテンツによる世界征服を本気で企むコミュニティです。

詳しくはこちら

ピックアップ

連載・特集一覧

カテゴリ

関連サイト

その他

若ゲのいたり
榎本俊二の現代ゲーム用語大全

カテゴリーピックアップ

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜

若ゲのいたり〜ゲームクリエイターの青春〜の記事一覧